1勝 (サ3上) 阪神 7R 1992/09/27 に関する記事

2020年香港国際競争は『関東馬1勝、2着1頭』『関西馬1勝、3着1頭』

関西馬贔屓による中央競馬記録 ~関西馬対関東馬~

』の記録を更新。 ◆◇香港カップ◇◆ 今回、勝馬と2着馬を送った『関東馬』の実績が更に上昇。。。 ○1988年 『香港招待カップ』として創設。 ○1993年 『香港国際カップ』に改称。   『G3』に格付け。   日本馬としてナリタチカラ(牡5歳 栗東大久保正陽厩舎 7着)が初出走。 ○1994年 『G2』に格上げ。 ○1999年 『G1』に格上げ。 ○2000年

12/14 20:00

香港国際競争における『関西馬』対『関東馬』

関西馬贔屓による中央競馬記録 ~関西馬対関東馬~

【香港国際競争における『関西馬』対『関東馬』】明日13日、日曜日は香港国際競争day。 今ではもうすっかり、 3月末の『ドバイ』と共に、 日本競馬、そして競馬ファンにとっては大きな関心事となって、 競馬カレンダーとして年末の風物詩? 近年は毎年のように日本馬も複数馬が遠征、馬券も買える。 中央競馬の重賞において毎週『関西馬』対『関東馬』の視点で、 記録を残しているが、 その番外編として、 『香港国際競争』における『関西馬』対『関東馬』の記録を簡単におさらい。 ◆◇香港カップ◇◆ ○1988年 『香港招待カップ』として創設。 ○1993年 『香港国際カップ』に改称。   『G3』に格付け。   日本馬としてナリタチカラ(牡5歳 栗東大久保正陽厩舎 7着)が初出走。 ○1994年 『G2』に格上げ。 ○1999年 『G1』に格上げ。 ○2000年 現在

12/12 10:00
外資系FXトレーダーが公開!本物の実力を伝授します 注文、決済、損切に迷うこと無し!経済的自由を目指して下さい!
当ページを共有する