福島3歳ステークス(1991/11/16) に関する記事

小倉大賞典2021 予想 ボッケリーニ、カデナに迫る馬は?

フェブラリーステークス2021/あみー競馬予想

) ------------------------------------------------------------------------------------------ 補助情報:(足回り・血統・近親馬など) (誤差注)ツナギは長さ普通(後脚やや長い)、太さ普通~やや細い、角度普通。直飛節。 足回りは標準~軽めの芝の中距離向き、血統は1800m前後向き(?) 父:キングカメハメハ×母父:SS×母母父:Posse(米) 母:ハッピーパス、全兄:コディーノ、全姉:チェッキーノ 祖母:Happy Trails(愛)。おば:シンコウラブリイ(一族にムイトオブリガード

02/21 14:00

小倉大賞典 予想

NAKAMEの中央競馬重賞予想

騎手はこの馬の事をよくわかっているしそつなく乗ってくれるはずだ。展開の助けは必須だがハマれば楽しみがある。期待したい。 対抗はヴァンランディ。父はキングカメハメハで奥にニジンスキーの血を持つ。牝系はハッピートレイルズの一族で母ハッピーパスからはコディーノやチェッキーノが出ていて遡ればシンコウラブリイやムイトオブリガードなども出てくる良血。血統面の底力は確かだ。この馬は牡馬に出た分そこまで切れるタイプ

02/20 20:00

ダイヤモンドステークス2021 予想 オーソリティ、ポンデザールはどちらが有力?

フェブラリーステークス2021/あみー競馬予想

情報:(足回り・血統・近親馬など) (ツナギチェックなし) 血統は中~中長距離向き(?) 父:ハーツクライ×母父:シンボリクリスエス×母母父:Caerleon おじ:ロードクロノス、トレジャー☆ 祖母:シンコウラブリイ。いとこ:ムイトオブリガード、シンメイフジ。欧州型の馬力(≒失速耐性)に優れ、日本向きの高速芝適性を備えた牝系 芝/直線距離の比較(Aコース) 新潟外(659m)>東京

02/20 14:30

小倉大賞典2021_プレ予想 ボッケリーニ、カデナは外伸び馬場が有利

フェブラリーステークス2021/あみー競馬予想

節。 足回りは標準~軽めの芝の中距離向き、血統は1800m前後向き(?) 父:キングカメハメハ×母父:SS×母母父:Posse(米) 母:ハッピーパス、全兄:コディーノ、全姉:チェッキーノ 祖母:Happy Trails(愛)。おば:シンコウラブリイ(一族にムイトオブリガード、タイセイトレイル)、おじ:タイキマーシャル 現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週・月曜以降

02/18 23:00

ダイヤモンドステークス2021_プレ予想 オーソリティ、タイセイトレイルとも東京芝3400mはやや苦手?

フェブラリーステークス2021/あみー競馬予想

:シンボリクリスエス×母母父:Caerleon おじ:ロードクロノス、トレジャー☆ 祖母:シンコウラブリイ。いとこ:ムイトオブリガード、シンメイフジ。欧州型の馬力(≒失速耐性)に優れ、日本向きの高速芝適性を備えた牝系 ◎ ポンデザール 短評:(ダイヤモンドステークス2021 予想) 欧+日型の末脚に優れる長距離馬? ここでの不安を強いて挙げるなら、急加速力不足。 血統のイメージ通り持続力に優れる一方

02/18 22:30

第55回共同通信杯 考察

競走馬血統考察「迂回血ライン」~深遠なる血の連鎖~

の切れ味勝負となるようだと分が悪いのは確かだが中団あたりに位置付けていけば3着ぐらいの芽は十分にあり得ると感じる。 近親にはシンコウラブリイ牝系の重賞級活躍馬が居ることは前走の考察記事でも述べておいたのでここでは割愛するが、人気が落ちる今回は馬券妙味もあり、今期絶好調の田辺騎手が引き続き乗ることも踏まえて狙わない手はない、と思われるが。5.ディープリッチ(ヘイロー4×4)・RRP:126 現状

02/13 22:21

現在の日本競馬で消えた冠名、2021年現在は何頭が残っているのか調査してみた

【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

ている現役馬 0頭 代表馬 シンコウラブリイ シンコウキング シンコウフォレスト シンコウウィンディ 1990年前後に活躍した冠名です。 シンコウの特徴は外国産馬で活躍馬を多数輩出したという点 トップマイラーとして活躍したシンコウラブリイや 短距離GIを勝ったシンコウキング、シンコウフォレスト 真っ黒な勝負服が印象的でした。 馬主は新興産業株式会社を運営していた安田修さん 2度に渡ってリーディングオーナー

01/18 18:42

第61回京成杯 考察

競走馬血統考察「迂回血ライン」~深遠なる血の連鎖~

には同じシンコウラブリイ牝系の活躍馬となるロードマイウェイ(チャレンジC勝ち)、ムイトオブリガード(アルゼンチン共和国杯勝ち)がおり、血統的な下地も十分備わっている。 この馬は服部牧場の生産馬で、過去に目立った活躍馬と言えばディーマジェスティ(日本ダービー勝ち)ぐらいとなるが、大手牧場の生産馬ではない分、むしろ管理する国枝師ご自身の調教手腕がストレートに反映するものとなるはず。 国枝師ご自身が存分

01/16 21:09

【06】 京成杯 & 日経新春杯 【2021】

keyの血統予想blog2

)に出走して2着!祖母のシンコウラブリイは,マイルCS勝ち馬として有名な名牝だが中山芝2000mで行われたクイーンS勝ち馬だったりもする。生産の服部牧場は皐月賞馬 ディーマジェスティ を生産した牧場で古くはイシノサンデーが皐月賞でロイヤルタッチに勝利しウインドフィールズがセントライト記念でエアダブリンに勝利し!中山競馬場で一発大駆けをするイメージが強いまた,育成牧場が木村牧場という点もディーマジェスティ

01/16 20:41

2021年 京成杯 裏話

てっちゃんの競馬日記

シンコウラブリイの良血馬。現役時代は0勝。 「てっちゃんジャッジ」東スポ杯も新馬戦も勝ったのはダノンザキッド、バスラッドレオンと重賞で活躍している馬に次ぐ走りを見せている。血統も一本芯が通ったような良血で全戦いずれで上がり3位以内に入っており今回も好走が期待できる1頭。 ――――――――――――――――――――――――― この他の個人的注目馬はタイソウですね。新馬戦の内容も良かったので期待

01/14 18:57
外資系FXトレーダーが公開!本物の実力を伝授します 注文、決済、損切に迷うこと無し!経済的自由を目指して下さい!
当ページを共有する