金子真人ホールディングス (馬主) に関する記事

令和最初のPOG・2019 - 2020シーズン、23th身内POG指名馬レビュー!!(第7回)

POG血統探検blog

から進出するというもの。今回は残り200mで前を捉えると、後続を突き離して2.1/2馬身差でゴールを駆け抜け初勝利をあげました。距離延長で強い勝ち方をしたことを考えても、やはり適性は中距離にありそう。今後はオークス路線がターゲットになるのではないでしょうか。4位指名はサイクロトロン(牡)。父はロードカナロア、母はキャレモンショコラ(父サクラバクシンオー)。生産はノーザンファーム、馬主は金子真人ホールディングス、栗東・音無秀孝厩舎所属。母はサクラバクシンオー産駒らしい芝短距離馬。3歳1月の遅いデビューながら4歳春~秋にかけて3連勝を飾りましたが、ケガの影響なのか?その後レースに出走することなく引退してしまいました。近親に活躍馬はいませんが、5代母Arctic DancerはNorthern Dancerの全姉という良血馬です。本馬は母の初仔。血統は、Northern Dancer=Arctic

11/10 18:48

19/11/04付我がPOGの順位

のどかなケイバ

トクPOGグランプリ(15頭指名可)8,965P/2,010位 ①牡アブソルティスモ 父ダイワメジャー 母ラドラーダ 美浦藤沢和雄厩舎 馬主:キャロットファーム 1,610P ②牡ブルトガング 父ディープインパクト 母タビッツフライ 美浦手塚貴久 引退(死亡) 700P ③牡ラインベック 父ディープインパクト 母アパパネ 栗東友道康夫厩舎 馬主:金子真人ホールディングス 2,300P ④牡

藤沢和雄厩舎 馬主:東京ホースレーシング 280P ⑫牡メートルエロー 父Frankel 母Contredanse 栗東矢作芳人 馬主:ラ・メール ⑬牡ストーンリッジ 父ディープインパクト 母クロウキャニオン 栗東藤原英昭 馬主:金子真人ホールディングス JRA-VAN(10頭指名可)35,100,000P/44,801位 ①牝アージオン 父ロードカナロア 母インナーアージ 栗東安田隆行厩舎 馬主

11/06 14:14

【POG】ディープインパクト産駒で母クロウキャニオンの2017となるストーンリッジの2歳情報

俺の当たる競馬予想

【【POG】ディープインパクト産駒で母クロウキャニオンの2017となるストーンリッジの2歳情報】どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。 大半の仔は安定して走ってはいるがイマイチ突き抜けない血統だけに同馬はうまくクラシック路線に乗れるといいですね。父はディープインパクトで母クロウキャニオンの2017となるストーンリッジを紹介したいと思います。 馬名:ストーンリッジ(2歳・牡馬) 馬主:金子真人ホールディングス 管理:藤原師 父:ディープインパクト 母:クロウキャニオン 母父:フレンチデピュティ デビュー予定日:2019年11月10日(日) 京都 芝1800m 鞍上予定:デットーリジョッキー 父はディープインパクトと、先週はアルテミスSで牡馬混合戦にも関わらず、圧巻の強さを魅せたリアアメリアがデビュー2連勝で重賞初勝利となりました。新馬戦ではサプレザの2017となるサトノインプレッサも勝ち上がり来年

11/01 08:03

19/10/28付我がPOGの順位

のどかなケイバ

,965P/1,904位 ①牡アブソルティスモ 父ダイワメジャー 母ラドラーダ 美浦藤沢和雄厩舎 馬主:キャロットファーム 1,610P ②牡ブルトガング 父ディープインパクト 母タビッツフライ 美浦手塚貴久 引退(死亡) 700P ③牡ラインベック 父ディープインパクト 母アパパネ 栗東友道康夫厩舎 馬主:金子真人ホールディングス 2,300P ④牡ブルーミングスカイ 父ディープインパクト 母

指名可)6,120P/14,328位 ①牡ラインベック 父ディープインパクト 母アパパネ 栗東友道康夫厩舎 馬主:金子真人ホールディングス 2,320P ②牡ブルーミングスカイ 父ディープインパクト 母ブルーミンバー 栗東角居勝彦厩舎 馬主:島川隆哉 1,100P ③牡アルジャンナ 父ディープインパクト 母コンドコマンド 栗東池江泰寿 馬主:吉田勝己 710P ④牝フェアレストアイル 父

10/30 16:48

ヒュッゲ 馬主【金子真人ホールディングス】

競馬 GI予想勝負!

【ヒュッゲ 馬主【金子真人ホールディングス】】「ヒュッゲ 馬主【金子真人ホールディングス】」の記事を紹介します。今日10月27日(日)に、2歳未勝利戦(京都3R、芝2000m)が行われました。優勝馬のヒュッゲの馬主がちょっと気になったので、調べてみました。ヒュッゲの馬主は、金子真人(かねこまこと)さんです。馬主名義は、2005年秋頃より「金子真人ホールディングス 株式会社」に変更。金子真人さん

(ムーンライトダンスの2017)は、2018年の「セレクトセール2018」1歳馬セリにて金子真人ホールディングス(株)が9,000万円(税抜)で落札。「ヒュッゲ」の馬名意味は、「居心地のよい雰囲気(デンマーク語)」です。ヒュッゲ次走はどのレースですかね。次走も楽しみですね! rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0f09183c.0dc0d7bc.0f091a

10/27 22:21

JRA競走に勝ったセール出身馬紹介(2019/10/26-27、ダイアトニックがスワンステークス制覇!)

【サラブレッドセール(せり市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com

) 取引市場:2018年度セレクトセール1歳(No.129、名簿) 落札価格:90,000,000円(税別) 落札者・馬主:金子真人ホールディングス(株) 調教師:友道 康夫 氏 販売者・生産牧場:ノーザンファーム 写真:セレクトセールでの落札シーン&落札後の横姿(2018/7/17撮影) 【メルテッドハニー(Melted Honey)】 2019/10/27-新潟1R 2歳未勝利 芝1400m

10/27 18:28
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから

第316R 第3回新潟6日目、第4回京都9日目、第4回東京9日目 予想

へっぽこ競馬LIFE

なので内枠すぎて包まれてしまうかも… ですが軸からは外せないという判断   ④スワーヴリチャードは 昨年1番人気ながら10着と大敗したけど 今回横山典騎手なので面白いかもです。 (昨年同様、惨敗も大いにあり得るけどね)   ⑭ワグネリアンは大外と嫌な枠ですけど 包まれることなく落ち着いてレースが出来る 金子真人ホールディングスの3頭出しで 唯一の候補としました。   ⑨ダノンプレミアムは 東京競馬不振

10/27 10:30

【スワンステークス2019】予想と過去データ傾向分析

【予想家ナツの競馬予想ブログ】

にはこの馬に注目です。 馬主データ 結構好走馬主はばらけていますね。 基本的にはどの馬主にもチャンスがあるレースでしょう。 成績が良いのは吉田和美馬主、グランプリ、河長産業、金子真人ホールディングス、上田けい子馬主など。 ただ2019年は参戦馬がいません。 種牡馬データ ディープインパクト産駒は11頭出走して6頭馬券内とかなりの好成績。 今年は同産駒はイエローマリンバのみ参戦。 ダイワメジャー

10/25 13:38

母父ディープインパクトについて

期間限定一口馬主と競馬のおはなし

【母父ディープインパクトについて】母父ディープインパクト:馬主金子真人ホールディングスで検索 ヒットするのはたったの3頭、2014年生まれから毎年1頭ずつ、2017年生まれの2歳馬はいない。預託厩舎はすべて中内田厩舎、掲示板すらなく抹消。 netkeibaのデータベースなので地方に売っぱらった馬はヒットしませんが、金子神は母父ディープインパクトにはすでに興味はないようです。 対して 母父キングカメハメハ:馬主金子真人ホールディングスで検索 デビュー馬20頭中18頭が勝ち上がりです。 父ディープインパクト:母父キングカメハメハで検索すると、賞金上位20頭のうち14頭が馬主金子真人ホールディングス、しかもベスト10は9頭とほぼ独占。 一口馬主一般論として、母父ディープインパクトならその母は血統馬というのは理にかなっているとは思いますが、母父ディープインパクトの産駒だから走るというわけ

10/25 11:58

関係者コメント 2019 天皇賞秋 特集 

ボスかわむら日記

【関係者コメント 2019 天皇賞秋 特集 】 友道康夫調教師(栗東)は、2016年のダービー馬マカヒキ(牡6歳)、昨年のダービー馬ワグネリアン(牡4歳)、新潟記念を制したユーキャンスマイル(牡4歳)の3頭を登録している。天皇賞・秋の距離が芝2000メートルになった1984年以降、同一調教師が管理馬を3頭以上出走させた例は9回あり、2004年には藤沢和雄調教師が管理馬3頭を出走させてワンツーフィニッシュを決めているが、友道調教師は初の天皇賞・秋制覇を遂げることができるだろうか。なお、3頭はいずれも金子真人ホールディングス(株)の所有馬。 また、マカヒキは2016年仏・ニエル賞以来約3年1力月、ワグネリアンは2018年神戸新聞杯以来約1年1力月の間勝利から遠ざかっている。2012年の天皇賞・秋では、約2年5力月間勝利から遠ざかっていたダービー馬エイシンフラッシュが復活Vを決めたが、マカヒキ

10/24 02:51