大樹ファーム (馬主) に関する記事

テレビユー福島賞では、「競走馬取引の仲介」などを手掛けているオーナーの持ち馬に注目です

小西聖一(元調教助手・元厩務員)のブログ

は、競走馬取引の仲介などを手掛けている、「グローブエクワインマネージメント有限会社」の代表取締役です。多田オーナーは、タイキシャトルやタイキブリザードでお馴染みの一口馬主クラブ・「大樹ファーム」で、レーシングマネージャーをやっていたことがあって、海外の競馬関係者に顔が利くことから、今まで何度も日本馬の海外遠征をサポートしています。タイキシャトルが1998年のジャック・ル・マロワ賞に挑戦した時

07/11 09:18

テレビユー福島賞に感じる、「競走馬エージェントの勝負気配」

パーフェクトホースマンズ・小栗範恭のブログ

したいところです。さて、ここから本題に入りますが、今回は、多田信尊オーナーがテレビユー福島賞に出走させる、クラヴィスオレアについての報告となります。小栗さんも知っていると思いますけど、多田オーナーは、競走馬取引の仲介などを手掛けている、「グローブエクワインマネージメント有限会社」の代表取締役です。多田オーナーは、タイキシャトルやタイキブリザードでお馴染みの一口馬主クラブ・「大樹ファーム」で、レーシングマネージャーをやっ

07/11 09:16

テレビユー福島賞に感じる、「競走馬エージェントの勝負気配」

パーフェクトホースマンズ・小栗範恭のブログ

したいところです。さて、ここから本題に入りますが、今回は、多田信尊オーナーがテレビユー福島賞に出走させる、クラヴィスオレアについての報告となります。小栗さんも知っていると思いますけど、多田オーナーは、競走馬取引の仲介などを手掛けている、「グローブエクワインマネージメント有限会社」の代表取締役です。多田オーナーは、タイキシャトルやタイキブリザードでお馴染みの一口馬主クラブ・「大樹ファーム」で、レーシングマネージャーをやっ

07/11 09:14

厩舎の勝負騎手、信頼関係の深い馬主の完全データ

2・3歳戦専門 マネードラゴン馬券塾

.30%24.50%7348西川光一1827.80%44.40%282114前田幸治2714.80%22.20%12163大樹ファーム2512.00%20.00%13059ノースヒルズ1717.60%29.40%25182藤田浩933.30%33.30%13659 調教師(厩舎)と騎手の関係 2012~2017年 騎手合計勝率複勝率単回値複回値川田将雅24423.80%46.70

サンデーレーシング2821.40%39.30%126108吉田和子2619.20%23.10%232102石瀬浩三3810.50%31.60%3176吉田和美2814.30%39.30%8583門野重雄488.30%22.90%9472久米田正明488.30%18.80%6955大樹ファーム3411.80%20.60%3231G1レーシング3013.30%30.00%11164ノースヒルズ417.30%34.10

05/31 08:45

JRA競走に勝ったセール出身馬紹介(2020/5/16-17、ピースワンパラディなど22頭)

【サラブレッドセール(せり市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com

秒(12.8秒) 馬体重:494kg(4/19) 【タイキスウォード(Taiki Sword)】 2020/5/17-新潟1R 3歳未勝利 芝1400m 牡3 父ダノンシャンティ 母アンプリペアード(母父More Than Ready) 取引市場:2018年度オータムセール1歳(No.736、名簿) 落札価格:2,000,000円(税別) 落札者:(有)ビクトリーホースランチ 馬主:(有)大樹ファーム 調教師:高橋 祥泰 氏 販売者・生産牧場:木村 秀則 氏 写真:オータムセールでの落札シーン&取引後の横姿(2018/10/3撮影) <参考> ・サラブレッド競り(せり)市場取引価格検索・種牡馬情報検索 by 馬市ドットコム

05/17 18:00

一口遍歴その2(とりあえず出資)

Through Blood

【一口遍歴その2(とりあえず出資)】1998年、シチーでお馴染みの友駿ホースクラブで一口馬主を始めました。 今でこそ友駿に入会するなんて信じられない話ですが、あの頃は一口馬主の認知度も低く、絶対王者の社台以外はどれも同じようなものだったんです。社台の他にはタイキブリザードやタイキシャトルがいた大樹ファーム、マイネルラヴやマイネルマックスがいたラフィアンくらいが一口クラブとして認知されていたくらいでした。 今でこそG1レースの馬柱に当たり前のように名前があるシルクでも、当時はそれほど活躍馬もいなくてサニーブライアンの1997年皐月賞で10番人気ならが2着に突っ込んできたシルクライトニングくらいしか知らなかったですし、それが一口馬だということすら知らないほどでした。ただ、サニーがライトニングという太陽燦燦馬券が!と騒ぐのが精一杯でしたね。 友駿に入会した理由は当時の広告に「ラムタラ」の名前

05/12 22:59
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから

19年産募集馬1頭確定(たぶん)

一口馬主 大樹レーシングクラブ会員8年生

【19年産募集馬1頭確定(たぶん)】本日アップされた大樹ファームのFacebookによると、タイキキララの19年産(牡・父キズナ)が「カタログ写真の撮影に備えて育成部門に移動」との情報が。カタログ写真と言う事は、19年産の募集馬の1頭と言う事かと。この世代のビクトリーホースランチ生産馬は、タイキソレイユの19(牡・父ハービンジャー)、スノーサミットの19(牡・父ザファクター)、グッドイヴニングの19(牡・父アメリカンペイトリオット)、そして元出資馬シルヴィーズモードの19(牡・父ダノンレジェンド)など興味深い馬が多く、みんな募集馬になればいいなぁと勝手に想像しています。昨年はカタログ到着が9月、募集開始が10月だったので、19年産のカタログが届くのはまだまだだと思いますが、到着が待ち遠しい限りです。18年産ですらまだ出資していないくせに。

05/01 20:29
当ページを共有する