ブラックヘイロー に関する記事

関屋記念と小倉記念では、「三冠トレーナーの勝負気配」注目しています

小西聖一(元調教助手・元厩務員)のブログ

【関屋記念と小倉記念では、「三冠トレーナーの勝負気配」注目しています】全国の競馬ファンの皆さん、こんにちは。小西聖一と申します。前走、7月12日(日)の天の川賞で、2着のブラックヘイローに2馬身半の差を付けて勝っている、菊沢隆徳厩舎のダノンファスト(牡3歳・父キングカメハメハ)は、次走の予定が9月21日(月)のセントライト記念です。皆さんもよく知っていると思いますが、この馬を管理している菊沢先生は、1985年に競馬学校の騎手課程に入って、柄崎義信さんの厩舎(1983年の朝日杯3歳Sの勝ち馬ハーディービジョンなどを管理)から、1988年に乗り役としてデビューしていて、1993年の愛知杯をホマレオーカンで勝つなど、2010年に引退するまでに、重賞を10勝、全部で639勝を上げていました。2011年に自分の厩舎を開業した菊沢先生は、その年に、オープンガーデンを使った阪神スプリングジャンプで初めての重賞勝

08/13 12:43
当ページを共有する