ローズカリーナ に関する記事

検索フィルタ

POG2020-2021ドラフト対策 No.169 ロゼクラン

POGドラフト対策 ブログ 2020-2021

【POG2020-2021ドラフト対策 No.169 ロゼクラン】 ロゼクラン 結論:POGドラフトリストへの掲載は見送り   母馬の産駒傾向 本馬ロゼクランは母馬ローズカリーナが出産した2頭目の仔。初仔はリアルインパクト産駒のピーエムピンコです。ピーエムピンコのPOG期間内の戦績は6戦2勝と、2勝を上げているので当サイト的には合格を与えられる戦績でした。ピーエムピンコは体が小さく、デビュー戦の馬体重は398kgと400kgを切っていました。にもかかわらず、6戦して複勝圏内には5回入っており、馬格が大きければ更なる活躍も期待できたと思われます。ロゼクランも馬体の大きさが気になるところです。   競走馬としての母馬について 母馬ローズカリーナの競走馬としての生涯戦績は4戦0勝。競走馬としては全く活躍できませんでした。しかし、その母系はローザネイを祖とするいわゆる “バラ一族” と呼

09/29 00:00
当ページを共有する