シーオブラブ に関する記事

検索フィルタ

2021-22ドラフト指名漏れ 6ヶ月目短信(1/2)

POGクリニック ~ヒトでPOGを戦う競馬ブログ~

でも相手なりに喰らい付けるだろうか。ルナソル 牝 美浦・国枝ロードカナロア*ピラミマこの母は牡馬でこそ重賞級の活躍だが、牝馬だとどうだろうか。年内デビューを目標に調教ピッチは上がっているものの、身体の緩さが抜けきるまでにはまだ時間が掛かりそう。ブルーグラス 牝 栗東・高橋義ドレフォン*シーオブラブ半兄が重賞を勝ったし、牡馬でこその母だったりしてね。デビュー戦は見せ場が3戦して幼い部分がまだ解消

11/30 20:01

【グレアファンタス】上とは違ったマイペースさが

Unbridled's Song

とでの変化を見て行きたい…と言うより、見るしかない状況なので、出来れば再来週かその次くらいでのデビューを視野に入れられたらと思っています。 同じ、ドレフォン×ディープインパクト×ドイツ牝系ということでは、シーオブラブの仔のブルーグラスが、新馬戦7着の後、2戦目距離延長の芝のマイル戦で3着と前進していますし、同馬もまずはスタートラインに立ってからでしょう。 中山と違い、東京競馬場の指定席は本当に競争率が厳

10/16 23:27

2021 10月の2歳戦ほか(その4)

競走馬血統考察「迂回血ライン」~深遠なる血の連鎖~

:1282着 フォーブス(母自身にミスプロ4・5×4の近親クロス有り)3着 ブラックシールド(母自身にミスプロ3×5の近親クロス有り)10/10 阪神3R 2歳未勝利(芝1600m)1着 ヴァンルーラー(母自身がノーザンダンサー4A×4a)・RRP:1232着 ラクスバラディー(ネイティヴダンサー6A×6a)3着 ブルーグラス(母シーオブラブのBLP=19:(12,2,5)) *半兄ワンダフルタウン10

10/13 20:42

土砂降りで疲れちゃった

人は遊びながら……

【土砂降りで疲れちゃった】神戸新聞杯で8着となったワンダフルタウンが菊花賞を見送ることとなりました。ワンダフルタウンは、栗東・高橋義忠厩舎の3歳牡馬、父、ルーラーシップ、母、シーオブラブ、母父、ディープインパクト。「不良馬場(の神戸新聞杯)を走ったダメージもある中で、菊花賞まで間隔も詰まりますからね。オーナーとも相談して、前走を見ると3000メートルも長いと思うので、無理しないことにしました」と高橋忠調教師。ワンダフルタウンは10月6日に放牧に出され、今後は中距離路線を歩む予定。ルーラーシップに母父、ディープインパクトって菊花賞馬のキセキと同じじゃないですか。だから面白いかなと思ったんですけど、土砂降りのレースで疲れちゃいましたよね。無理せず、自分に合った戦場に向かってください。

10/08 00:00

(神戸新聞杯&オールカマー)漆原雷馬の重賞謀綸旨(にせりんじ)2021-15

漆原雷馬(うるしばららいば)の「馬単太平記(競馬の馬単で儲けようとしているブログ)」

た)で、そのビッシュの1歳上の全姉シーオブラブの初仔がワンダフルタウンである)3キングストンボーイ(青葉賞2着で、収得賞金2000万円にしたのでオープンである)(中京初出走)→チカノヴァ系(そのチカノヴァ(キングストンボーイの3代母)はアメリカ生まれの輸入繁殖牝馬で、産駒に大した馬はいないのだが、孫のダイワパッションはフィリーズレビューとフェアリーステークスの勝ち馬であり、繁殖入り後、2018年の皐月賞馬

09/26 08:00

2021年 神戸新聞杯【GⅡ】

夢馬房

[1人気 / 16頭]福永 祐一阪神 1800m ダホッコーハナミチすみれS L4着 [5人気 / 8頭]北村 友一阪神 2200m 芝ディープモンスター未勝利 1着 [1人気 / 11頭]吉田 隼人小倉 2000m 芝[レッドアストラム]22 ワンダフルタウン高橋 義忠(栗東)父:ルーラーシップ母:シーオブラブ牡356.0 kg和田 竜二東京優駿 GⅠ10着 [5人気 / 17頭]和田 竜二東京

09/25 11:58

日曜 神戸新聞杯

Gブロ

のかもしれない。 ワンダフルタウン 牡3歳 調教師:高橋義忠(栗東) 父:ルーラーシップ 母:シーオブラブ 母の父:ディープインパクト ここに注目! 8月末には帰厩し、栗東CWコースをメインにしっかりと調整されている。休み明けは問題ないタイプだが、同じ休み明けでも青葉賞(1着)の時より順調なイメージを持てる調整過程。かなりの仕上がりで出走できるだろう。多少の馬体重の増減は気にしなくていいはずだ。 レッドジェネシス 牡3歳 調

09/24 00:30

【神戸新聞杯(G2)】(2021血統データ分析篇)

~術はある~

ケルンルージュは愛1000ギニー馬。母方からもナスペリオン&ナスフリート血脈を重ね、ドゥラメンテ産駒らしいストライドはいかにも東京向き。本馬は父ドゥラメンテが15年東京優駿の勝ち馬で、半兄エポカドーロも18年東京優駿で2着。父や半兄の実績から距離に不安はないが、適性距離は2000前後か!?ワンダフルタウン(牡3、栗東・高橋義忠)は、父ルーラーシップ×母シーオブラブ(母父ディープインパクト)。ビッシュ

09/22 07:00

2021-22ドラフト指名漏れ 3ヶ月目短信(1/2)

POGクリニック ~ヒトでPOGを戦う競馬ブログ~

うなら、セレクトセールの落札価格ぐらい稼げる可能性も出てくる。ルナソル 牝 美浦・国枝ロードカナロア*ピラミマこの母は牡馬でこそ重賞級の活躍だが、牝馬だとどうだろうか。秋デビューを目標に調教ピッチは上がっているものの、身体の緩さが抜けきるまでには時間が掛かりそう。ブルーグラス 牝 栗東・高橋義ドレフォン*シーオブラブ半兄が重賞を勝ったし、牡馬でこその母だったりしてね。デビュー戦は見せ場が無かったし、一度使って変わる

08/31 22:10

【キャロット】勝手に募集馬見解 その10 (モーリス産駒編)

新入一口馬主の活動履歴

重賞勝ち馬。タフなフランスの競馬場でさらに障害重賞勝ち馬。どんなスタミナなのか、と。体も柔らかいのでしょうね。そして、祖母に当たるのがバランセラ。ビッシュやシーオブラブ(ワンダフルタウンの母)、ホウオウサーベルあたりが有名ですが、バランセラ自身もGⅠ2着を2回。やはり眺めてみるとスタミナと長く良い脚を使うことが信条のお馬さんが多い印象です。【5代血統表等から一言】2頭目のモーリス×ディープ配合。こ

08/23 08:00
mirei
mirei
当ページを共有する