ホワイトエレガンス に関する記事

検索フィルタ

第55回共同通信杯 考察

競走馬血統考察「迂回血ライン」~深遠なる血の連鎖~

ているところを、期待を持って見守っていきたいと思う。4.プラチナトレジャー(母ホワイトエレガンスのBLP=17↓:(6↓,4,7↓))・RRP:125 前走の京成杯では4コーナー9番手という絶望的な位置取りから、上がり2位の末脚でどうにか掲示板に載るところまでに至り一応の格好をつけたが、そもそも中山コース向きではないタイプとすれば一定の評価は可能。 東京コースに戻ればしぶとく、長く良い脚を使えるタイプ

02/13 22:21

日曜 共同通信杯

Gブロ

着馬に詰め寄られたように、持久力には課題を残す。ピッチ走法でもあり、現状ではスローペースからの瞬発力勝負のほうが持ち味は生きるだろう。 プラチナトレジャー 牡3歳 調教師:国枝栄(美浦) 父:キングカメハメハ 母:ホワイトエレガンス 母の父:クロフネ ここに注目! 差し脚質でもあり、現状では小回りよりも直線の長いコースのほうが合いそう。その点、前走の中山から走り慣れた東京に替わるのはプラス材料

02/12 00:30

第61回京成杯 考察

競走馬血統考察「迂回血ライン」~深遠なる血の連鎖~

)・RRP:128 特にコメントなし。10.プラチナトレジャー(母ホワイトエレガンスのBLP=17↓:(6↓,4,7↓))・RRP:125 「近親クロス要素に頼らない配合タイプ」として注目の2頭目がこの馬。勝ち上がったのは不良馬場でのものだが、1頭だけ次元の違う末脚を披露して先行馬を差し切った形。 不良馬場では、先行して押し切る形なら如何にも馬場適性で、となりがちだが、末脚を駆使する場合にはその限りでなく

01/16 21:09

【06】 京成杯 & 日経新春杯 【2021】

keyの血統予想blog2

つプラチナトレジャーには朗報だ!母のホワイトエレガンスも「服部牧場」∩「国枝栄厩舎」で夏の上がり馬として,紫苑S(中山芝2000m)に出走して2着!祖母のシンコウラブリイは,マイルCS勝ち馬として有名な名牝だが中山芝2000mで行われたクイーンS勝ち馬だったりもする。生産の服部牧場は皐月賞馬 ディーマジェスティ を生産した牧場で古くはイシノサンデーが皐月賞でロイヤルタッチに勝利しウインドフィールズがセントライト記念

01/16 20:41

日曜 京成杯

Gブロ

ホワイトエレガンス 母の父:クロフネ ここに注目! 前走の東京スポーツ杯2歳Sでは、その後無傷でホープフルSも制したダノンザキッドから0秒4差の4着に善戦。中団からしぶとく伸びて上位に迫った。母ホワイトエレガンスは2015年のオープン特別・紫苑S2着の実績があり、初の中山コースも苦にしないだろう。 ヴァイスメテオール 牡3歳 調教師:木村哲也(美浦) 父:キングカメハメハ 母:シャトーブランシュ 母の父

01/15 00:30

2021年 京成杯 裏話

てっちゃんの競馬日記

ダービー)、ルーラーシップ(クイーンエリザベス2世S)、ホッコータルマエ(チャンピオンズカップ)など。 母はホワイトエレガンス。現役時代は3勝。秋華賞にも出走している。産駒は本馬以外に地方で活躍するフェデネージュがいる。 母父はクロフネ。JRA史上初の芝ダート両G1を制覇した名馬。父としてはマイル前後を得意とする産駒を輩出。母父としてはノームコア&クロノジェネシス姉妹を輩出。母母はレディベローナ

01/14 18:57

[京成杯]近年の傾向と推奨馬

競馬好きにはたまらない(であろう)内容を意識して書くブログ

キングカメハメハ。当種牡馬の産駒は近5年中3年で連対馬を輩出する京成杯の特注種牡馬。母父も非サンデー系のクロフネ。2017年7人気2着ガンサリュートも母父クロフネ。ダート的な馬力指向の強いタイプが走りやすい傾向も近年の当レースの顕著な傾向。僅差4着と地力を示した前走の東スポ2歳S(東京芝1800m・G3)も、昨年の最優秀2歳牡馬に輝いた勝ち馬ダノンザキッドを筆頭にハイレベルレース。母ホワイトエレガンスは京成杯

01/14 12:00

【京成杯】美浦レポート プラチナトレジャー

競馬実況web - News

でもうまく回ってくれるのではないかと思います。(母親のホワイトエレガンスも国枝厩舎に所属していて)性格的にはお母さんよりやる気があって、男馬らしくどっしりした所もありますね。ここは皐月賞と同じ舞台ですから、ここで良いパフォーマンスを見せてくれれば、夢が広がってくると思います」 (取材:大関隼)

01/13 16:44

プラチナトレジャー国枝師「チャンスある」/京成杯|極ウマ・プレミアム

AI予想が中山で回収率300%中京も100%超え|極ウマ・プレミアム競馬 - nikkansports.com

【プラチナトレジャー国枝師「チャンスある」/京成杯|極ウマ・プレミアム】 日曜中山メーンは京成杯(G3、芝2000メートル、17日)が行われる。 プラチナトレジャー(牡3、国枝)は前走東スポ杯2歳Sでダノンザキッドの4着に入った。3代母は名牝シンコウラブリイ。母ホワイトエレガンスは15年紫苑Sで2着に入り、秋華…

01/12 16:52
外資系FXトレーダーが公開!本物の実力を伝授します 注文、決済、損切に迷うこと無し!経済的自由を目指して下さい!
当ページを共有する