モーリス に関する記事

検索フィルタ

タレントゥーサ近況

もうひとつの一口馬主生活

【タレントゥーサ近況】昨日2歳牝馬タレントゥーサの倶楽部情報が更新されました🏇タレントゥーサ上記写真は21.09.10更新時 吉澤ステーブルにて牝馬 2歳 栗毛2019.03.12生 浦河産栗東・池江泰寿厩舎父:モーリス母:ショウナンタレント(母の父:アグネスタキオン)吉澤ステーブルWEST在厩タレントゥーサは既にゲート試験合格済み。吉澤ステーブルWESTに放牧され、現在坂路にてハロン17秒ペースで駆けてるとの事先週446kgまで減ってた馬体重も460kgまで回復来週から15秒台を取り入れていけそうとの事です。このまま順調に調整され、デビュー戦に繋げて欲しいです!因みに個人的には芝マイル辺りに適性がある仔と思ってるのですが、どこでデビューするのかも楽しみですなお、広尾公式HPの『Online Racing Salon Vol. 18 Hiroo no Reiwa 桑田牧場、桑田社長と共

09/23 06:00

【2021年9月18・19・20日レース回顧】アグリューム・アシェットデセール・アンクロワ・コーディアル・ジレトール・スマイルオンミー【キャロット一口馬主】

ニンジン馬鹿クラブレポート(キャロット一口馬主ブログ)

馬がいたためそれを行かせて内の好位で競馬を進める。 前半の1000mは59.8のミドルペース。 4コーナーで一瞬脚を溜めて空いた最内を突くとあっという間に後続を突き放して1着でゴールを駆け抜けた。 勝時計は1:35:3と稍重ではまずまずのタイム。 とにかくレースセンスが良く安心して見ていられる感じがあった。 モーリス産駒特有の気難しさは持ち合わせているらしいが競馬では出てきていないのが幸いである

09/23 05:44

サラブレッドの血統個性を伸ばすのは人!調教師3つの得意舞台

NGEブログ

を上手に伸ばしてくれる可能性が高そうです。 つまり良血であっても厩舎の育成方法によっては能力を発揮できず、良血でなくても厩舎の育成方法がサラブレッドの個性とピッタリハマることで良血よりも能力が高くなることもあります。 堀厩舎とノーザンファームはモーリスでも血統の傾向を覆しました。出典:亀谷敬正の競馬血統辞典 亀谷敬正 著 モーリスの父はスクリーンヒーロー(2008ジャパンC(G1:東京芝2400m)、2008アルゼンチン共和国杯(G2:東京2500m))ですがモーリス自身は国内外の1600〜2000m G1を6勝しました。 モーリスは3歳後半に堀厩舎に転厩しましたが、堀厩舎(とノーザンファーム)が1600〜1800m戦で上位の成績を残しているように、2000m以上の中距離血統であってもスピードを伸ばす育成ノウハウに長けている考えられます。 このように調

09/23 00:09

曾祖母名牝、父はモーリス

人は遊びながら……

【曾祖母名牝、父はモーリス】9月19日(日)、中山競馬場5R、芝、1600mにて、2歳新馬戦が16頭だてで行われました。レースは、ばらついたスタートからシェヘラザードが先手をとる展開。横山和生騎手騎乗の1番人気アンクロワは、マーレミノル、マルアズールらとひとかたまりで、その後ろの好位追走。最後の直線、ランプロティタが抜け出したところに、アンクロワが追い込んできて、とらえて2馬身半突き放しての勝利。1着、アンクロワ。2着、ランプロティタ。3着、ベアクイーン。勝ち時計は、1分35秒3(稍重)。アンクロワは、美浦、伊坂重信厩舎の2歳牝馬。父、モーリス、母、アンレール、母父、ディープインパクト。ひいおばあさんがバレークイーンで、近親にフサイチコンコルドなどがいる良血馬。最近のモーリス産駒の印象が、またちょっと雰囲気が変わってきたので、種牡馬として安定してきたイメージはあるのですが、今後も注目

09/23 00:02

2021年9月20日 セントライト記念 回顧

マジラジのメモ書きブログ(仮)

うな1頭ですね。3着オーソクレースホープフルS以来のレースでいきなり3着に好走しました。やっぱりルメールうめーなって思いました。しっかり権利に獲得したので、次走は菊花賞でしょうね。この馬にルメール騎手が乗ってたら考えたいですね。7着ルペルカーリア前走の京都新聞杯で逃がしちゃったので、もう折り合いが付かなくなっています。距離短縮した方がいいと思います。この馬はモーリス産駒なのでマイルとかどうですかね?9

09/22 23:27

2021リーディングサイアー~9月20日現在~

Whip Hand

【2021リーディングサイアー~9月20日現在~】1ディープインパクト2ロードカナロア3ハーツクライ4キズナ5ルーラーシップ6キングカメハメハ7オルフェーヴル8ダイワメジャー9エピファネイア10ヘニーヒューズ11モーリス12スクリーンヒーロー13キンシャサノキセキ14ドゥラメンテ15ハービンジャー16ゴールドシップ17ブラックタイド18クロフネ19ヴィクトワールピサ20ジャスタウェイアンドヴァラナウトのローズS勝利でキンカメが同レース初勝利。13年連続JRA年間100勝まであと19勝。トゥルボーの阪神ジャンプS勝利でオルフェーヴルがJRA重賞通算20勝達成。アサマノイタズラのセントライト記念勝利でピサがJRA通算300勝達成。JRA重賞勝利は昨年のクイーンS(レッドアネモス)以来。フェノーメノが種牡馬引退し、追分ファームで余生を送る事が発表。同期デビューのキズナ、エピファネイア

09/22 22:38

【近況】キャロット愛馬たち 1歳馬編

さきさんサン 少数派?一口馬主 ふろむ 広島

【【近況】キャロット愛馬たち 1歳馬編】ネタのないブログへようこそ。なもんで、愛馬の近況へGo!キャロットクラブ・ブリガアルタの20(牡1)(モーリス×ブリガアルタ 20年産)高橋文雅厩舎・フェルミオンの20(牝1)(ハービンジャー‪×フェルミオン 20年産)勢司和浩厩舎・ポロンナルワの20(牝1)(ダイワメジャー×ポロンナルワ 20年産)矢野英一厩舎・グレイシアブルーの20(牡1)(サトノクラウン×グレイシアブルー 20年産)清水久詞厩舎・ライクザウインドの20(牝1)(トゥザワールド×ライクザウインド 20年産)門別・田中淳司厩舎or南関東本日、最優先で愛馬入りした、ポロンナルワの20がNF空港に移動したと、更新がありました。5月生まれで、この時期に移動とは、早期のデビューも考えられるな。フェルミオンの20は、募集期間中に移動してたし、順調じゃ!なんて思いながら、他の1歳愛馬をふと見

09/22 21:20

キャロット抽選結果と雑感

ねばねばダイアリー

【キャロット抽選結果と雑感】ヤクルトは今シーズン初の首位に立った。ゲーム差は-0.5ゲームだけど勝率で上回っている。今日も昨日に引き続き拙攻が目立ったが、9回にエスコバー、山崎からよく点をとってくれた。遅ればせながらキャロットの抽選結果を振り返る。4頭申し込んで2頭が当たった。NO 馬名 父名 40 スーブレットの20 マジェスティックウォリアー(最優先)→×56 コルコバードの20 モーリス (母馬優先)→○62 ディアデラノビアの20 ドレフォン →×67 ピースエンブレムの20 サトノダイヤモンド (母馬優先)→○全滅もあるかと思ったが2頭当たってくれた。キャロット会員のブログやYouTuberを見ても、いろいろな声がある。大きく外した人もいれば、思った以上に当たった人など。個人の雑感としては、母馬

09/22 21:20

【2021ロード募集馬】キャロが終わるのを待って発表

The favorites in my life

ヴィーヴル20 ドゥラメンテ(ディープインパクト) 牡 2月16日 関西ポプラ20 ドレフォン(Frankel) 牡 2月22日 関西ピエモンテ20 マジェスティックウォリアー(フジキセキ) 牡 3月16日 関東キープセイク20 モーリス(Sea The Stars) 牝 2月23日 関西アドマイヤシャイ20 ロードカナロア(キンシャサノキセキ) 牝 2月7日 関西

09/22 21:14

キャロット当選馬 備忘録

毎日が一口馬主!

牡 父モーリス、大竹厩舎、60M 一般 体高152.0cm 胸囲175.5cm 管囲19.1cm 441kg (長所) 筋肉量豊富、良血 (気になる点) 上半身はモーリス、下半身はルージュバックの印象で、菅囲細め。後繋ぎと飛節の形から、後脚の蹴りが若干弱め。一方で、気性面は猛っている。 選考理由・・・ 値段的にも結構申し込みを悩んだ馬。最後は、2016年の秋の天皇賞で人気を分け合ったモーリス×ルージュバックの配合に魅かれた。 (2016年 天皇賞秋 モーリス) ④ アールブリュット20 牝 父ブラックタイド、木村哲厩舎、24M 一般 体高152.0cm 胸囲174.0cm 管囲19.5cm 435kg (長所) 適度な歩様、厩舎〇 (気になる点) 個人的には散々苦戦しているブラックタイド産駒 選考理由・・・ 母馬にディープをつけたかったが、代わりに全

09/22 19:25
当ページを共有する