イリュミナンス に関する記事

検索フィルタ

本家の出資実績を振り返る2020

Thoroughbred World

(キングカメハメハ)=リバティハイツ、2勝(OP)、フィリーズレビュー(GⅡ)優勝、ターコイズS(GⅢ)2着 2016年産(実績825万)1頭希望1.○マトゥラーの16(ロードカナロア)=アヴァターラ、未勝利2.-スウィートハースの16(オルフェーヴル)=レイジングブレイズ、未勝利3.-ヴァンフレーシュの16(ダイワメジャー)=ウインドスケール、未勝利 2017年産(実績740万)2頭希望1.○イリュミナンス

06/18 15:22

マーメイドS

ぜんこうの競馬予想ブログ

15年 イリュミナンス 4人気 6着 パールS組 岩田騎乗も 2走ボケの可能性があった シャトーブランジュ 8人気 1着 パールS組 カノン 9人気 7着 50キロ 14年 アイムヒアー 12人気 12着 逃げ コスモバルバラ 13人気 2着 マーメイドS ☆やっぱり パールS組は注意 ☆ディープインパクト産過去2走好走組 人気薄には注意 ☆斤量51キロ以上が穴軸としては良

06/12 09:46

2019-2020最終結果

競馬予想~馬に真珠

-2-0-2【1031】★4位★メグちゃん厩舎 44戦7勝 8-11-8-18【15338】前回3位1)ディアスティマ ♂ ディープインパクト×スウィートリーズン 高野 5戦1勝 1-1-2-1【2300】2)クロミナンス ♂ ロードカナロア×イリュミナンス 尾関 2戦1勝 1-0-1-0【690】3)ワーケア ♂ ハーツクライ×チェリーコレクト 手塚 5戦2勝 2-1-1-1【6400】4

06/02 23:41

2018年度サンデーサラブレッドクラブ募集馬で気になった馬たちの結果

藤くんのブログ

【2018年度サンデーサラブレッドクラブ募集馬で気になった馬たちの結果】サンデーサラブレッドクラブの馬たちの結果です。 カタログで16頭選びました。そして8頭が勝ち上がりました。牡馬が6頭、牝馬が2頭。オープン馬は、1頭と残念な結果でした 牡馬イリュミナンスの17(馬名 クロミナンス)1勝2戦目で勝ち上がりこれからというところで骨折。休養を余儀なくされています。復帰後に期待です ハヤランダの17(馬名 ノーウエアランド)1勝4月にデビューして新馬勝ちしました。これからと思った矢先に骨折が判明。秋以降に期待ですね アドマイヤテレサの17(馬名 ミレニアムクロス)1勝2戦目で勝ち上がり、3着、5着と安定した成績です。京都のメルボルントロフィーに出走ここで決めれば面白いですね バシマーの17(馬名 ゴルトファルベン)1勝3戦目で勝ち上がりましたが、ここにきて筋肉痛の症状が見られ調整中です。マイル

05/14 23:43

2020年1回新潟1日 8R 1勝クラス 予想

ワイド馬券師HERO。

【2020年1回新潟1日 8R 1勝クラス 予想】こんにちは。ワイド馬券師、HERO(ヒーロ)です。○地の4歳牡馬。JRAに戻ってここが2走目。前走は4番人気も1.5秒差の11着。久々の芝、中央場所、クラス不慣れでの負け。デビューは京都芝1600mで2番人気5着。未勝利戦、左回りの中京芝1600mで3着、2着がある。半兄姉にオープン馬4頭。中京記念連覇のフラガラッハ。京都牝馬S3着、シルクロードS2着のエスティタート。アーリントンC3着、小倉記念3着のフェルメッツァ。クイーンC3着、クイーンS3着のイリュミナンス。成長著しい▲亀田温心。54kgも魅力。ひと叩き一変、ここは勝ち負け。本命は5枠7番アルディテッツァ。◎5枠7番アルディテッツァ○6枠9番ホウオウヒミコ▲4枠4番フィデリオグリーン△1枠1番ペプチドオーキッド注7枠11番ダイシンクイントにほんブログ村

05/09 09:35

今週の競馬は波乱度大。フローラSは人気馬同士で決まるのか!?

ウマブロbyアミュレット

【今週の競馬は波乱度大。フローラSは人気馬同士で決まるのか!?】2着までにオークスの優先出走権が与えられるフローラS。近5年は3-2-9番人気、1-13-5番人気、12-10-2番人気、3-2-13番人気、2-1-3番人気での決着で上位人気+なんか1頭人気薄での決着が多い。極端なのが2012年で、ミッドサマーフェアとアイスフォーリスの1-2番人気が1-2着なのに単勝156倍の18番人気のダイワデッセーが3着で、馬連は750円なのに3連複は47,900円。今年はエアグルーヴの孫と曽孫、ブラストワンピースの半妹が人気でさらに4番人気までは外国人騎手。人気通りに決まるのか、それとも人気薄馬が1頭食い込むのか、はたまた大荒れか? そんなこんなの出走各馬の気になるところを……。 1番エレヴァテッツァ……ディープインパクト×トニービン、半兄にフラガラッハ、全兄にフェルメッツァ、半姉にイリュミナンス

04/26 14:25
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから

第55回フローラS 考察

競走馬血統考察「迂回血ライン」~深遠なる血の連鎖~

【第55回フローラS 考察】4/26 東京11R 第55回フローラS(芝2000m)1.エレヴァテッツァ(母スキッフルのBLP=7:(3,3,1))・RRP:125 (4/22・栗東坂路 54.1:12.6-12.4) 母スキッフルの産んだ仔たちについては、何度も過去記事で取り上げている。半兄フラガラッハ(父デュランダル)はノーザンダンサー(4×4)が生じる配合で、この兄弟姉妹の中においてはむしろ「異質な存在」であり、中京記念を連覇するなど重賞級の活躍があった。 その反面、近親クロス要素の生じない配合となるイリュミナンス(父マンハッタンカフェ)、フェルメッツァ(父ディープインパクト)、エスティタート(父ドリームジャーニー)、アレグレメンテ(父ステイゴールド)、アルディテッツァ(父オルフェーヴル)などは、良くて重賞3着となるのがほとんどで、唯一、短距離重賞のシルクロードSで2着の実績を残

04/25 16:58

【フローラステークス2020予想】バレークイーン×エアグルーヴの超良血フアナよ、オークスに名乗りを挙げろ!

放談ルチャリブレ!

を完封しています。スカイグルーヴの影に隠れていますが、この馬もなかなかの実力馬だと僕は思っています。 松永幹夫厩舎のエレヴァテッツァは未勝利を勝ち上がっての格上挑戦。しかも、ここが今年初戦となりますが、左回りを待ってここへ参戦してきたようです。未勝利戦の勝ちっぷりは上々でしたし、兄姉には重賞2勝フラガラッハのほか、重賞で2・3着の実績があるイリュミナンス、フェルメッツァ、エスティタートがいる血

04/25 13:59
当ページを共有する