ブリッツフィナーレ に関する記事

2022 1月の3歳戦ほか(その4)

競走馬血統考察「迂回血ライン」~深遠なる血の連鎖~

↓:(9,3↓,7↓))3着 ララヴォルシエル(ヘイルトゥリーズン6A×5a、且つサンデーサイレンス4×3)1/15 中京9R 4歳上2勝C・渥美特別(芝2000m)1着 ビッグリボン(母ブリッツフィナーレのBLP=20↓:(10↓,5↓,5↓)) 全兄キセキのような華々しい出世とは至っていないが、愛知杯勝ちのルビーカサブランカのように切っ掛けひとつで一気に重賞級の資質を開花させるケースもままある

01/17 21:38

ビッグリボン 馬主【石川達絵】

競馬 GI予想勝負!

.adsbygoogle || []).push({});【ビッグリボン 血統】 (牝4)父 ルーラーシップ母 ブリッツフィナーレ母父 ディープインパクト調教師 :中内田充正(栗東)生産者 :下河辺牧場通算成績:5戦3勝祖母ロンドンブリッジは、1997年のファンタジーステークス 優勝馬で、1998年の桜花賞をファレノプシスの2着。全兄キセキは、2017年の菊花賞馬。伯母に2004年のオークス馬 ダイワエルシエーロ、叔父に2018年の中京

01/15 16:40

【渥美特別】(中京) ビッグリボンが直線鋭く差し切り4馬身差の圧勝

netkeiba.com - ニュース・コラム新着情報

【【渥美特別】(中京) ビッグリボンが直線鋭く差し切り4馬身差の圧勝】中京9Rの渥美特別(4歳以上2勝クラス・芝2000m)は1番人気ビッグリボン(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分0秒1(良)。4馬身差の2着に3番人気ノースザワールド、さらに1馬身差の3着に2番人気ダノンドリーマーが入った。 ビッグリボンは栗東・中内田充正厩舎の4歳牝馬で、父ルーラーシップ、母ブリッツフィナーレ(母の父ディープインパクト)。通算成績は5戦3勝。 レース後のコメント 1着 ビッグリボン(川田将雅騎?..

01/15 15:57

【渥美特別】(中京)ビッグリボンが直線鋭く差し切り4馬身差の圧勝

競馬実況web - News

【【渥美特別】(中京)ビッグリボンが直線鋭く差し切り4馬身差の圧勝】 中京9Rの渥美特別(4歳以上2勝クラス・芝2000m)は1番人気ビッグリボン(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分0秒1(良)。4馬身差の2着に3番人気ノースザワールド、さらに1馬身差の3着に2番人気ダノンドリーマーが入った。 ビッグリボンは栗東・中内田充正厩舎の4歳牝馬で、父ルーラーシップ、母ブリッツフィナーレ(母の父ディープインパクト)。通算成績は5戦3勝。 レース後のコメント 1着 ビッグリボン(川田将雅騎手) 「前回より良くなりつつある状態でリズム良く競馬をしてくれました。今後につながるレースになったと思います」 2着 ノースザワールド(松山弘平騎手) 「ポジションを取りに行くと終いが甘くなるところがありますから、一瞬の脚を生かすレースをしました。」 3着

01/15 15:35

2017年度の菊花賞(G1)を制した【キセキ(Kiseki)】がスタッドイン

【サラブレッドセール(せり市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com

STALLION STATION. 写真:到着したキセキ(Kiseki) キセキ(Kiseki)は、父ルーラーシップ、母ブリッツフィナーレ(母父ディープインパクト)という血統の8歳牡馬(生産牧場:下河辺牧場)。 現役時は 角居勝彦厩舎→中竹和也厩舎→角居勝彦厩舎→辻野泰之所属(馬主:石川達絵氏)で、2歳時(2016年)12月の新馬戦(阪神・芝2000m)を2着馬に3馬身半差をつけて圧勝、3歳時(2017年

万円(受胎条件)、120万円(出生条件)に設定されています。 動画:菊花賞(2017年度) 【キセキ(Kiseki)】 ※新種牡馬 父ルーラーシップ 母ブリッツフィナーレ(母父ディープインパクト) 2022年度Fee:80万円(受胎条件)、120万円(出生条件) 競走成績:32戦4勝(重賞1勝、G1-菊花賞) 種牡馬成績:2022年より供用開始。初年度産駒は2025年デビュー予定。 写真

01/07 10:00

2021年ラストはキセキ、ありがとう!

サラブレッドに恋をして☆☆

【2021年ラストはキセキ、ありがとう!】2021年12月31日 2021年も残すところ数時間。 最後に記しておきたいのは。 生年月日 2014年5月13日産地 日高町生産者 下河辺牧場馬主 石川達絵調教師 角居勝彦→中竹和也→角居勝彦→辻野泰之生涯成績 34戦4勝 中央:30戦4勝/海外:4戦0勝獲得賞金 7億140万3000円(2021年10月10日現在)父ルーラーシップ 母ブリッツフィナーレ 母父ディープインパクト キセキ号2歳新馬戦は、2016年12月11日 鞍上C.ルメール騎手 そして、2017年10月12日 京都競馬場 芝3000 忘れられない菊花賞 雨降りしきる中、田んぼのような不良馬場。馬も騎手も泥まみれ。 キセキの脚!雨を切り裂いてキセキ1着 ダンビュライト号 クリンチャー号 死闘を繰り広げた3歳牡馬達 もうみんなゴール手前ではヘロヘロ。その中を躓きながらも一生懸命走

12/31 22:47

「泣かないで恋心③」ありがとうキセキ

TURF☆DUST「Next40」

【「泣かないで恋心③」ありがとうキセキ】 キセキの母ブリッツフィナーレ(ディープインパクト初年度産駒)は、東京サラブレッドで募集され、牧場でデビューに向けての調教の時に転倒し、それ以来どこかにダメージが残り競争生活に達することができなかった馬。姉も東京サラブレッド募集で期待されながら未勝利で引退、当時両頭の掲示板は相当荒れていました。私もこの2頭を購入して損をして、だけど当時は何割かの補償があったので、レッドキングダムなりを購入して、一口馬主として中山大障害を勝つことができました。 なんで転倒したんだろうっていう思いはあって、息子が出てきて、返し馬を見た時に、首を巻き込みながら(それも相当力強さがある)今にもひっくり返りそうになって走る。ディープ産駒だった母は背が短かったのでこの走りをしたら、そりゃひっくり返ることがあるだろうって。。 だからそんな仕草をしながら走ってくれるキセキを見ているとなんだか嬉

12/30 17:25

2021 12月の2歳戦ほか(その7)

競走馬血統考察「迂回血ライン」~深遠なる血の連鎖~

ショウナンアデイヴ(母自身にミスプロ3×4の近親クロス有り)3着 トランソニック(母自身がノーザンダンサー4A×5a)12/26 阪神8R 3歳上1勝C(芝1600m)1着 サトノラムセス(母サトノエカテリーナのBLP=20↓:(10↓,5↓,5↓))・RRP:126=123+3 血縁上はキセキのいとこにあたる同馬だが、母自身はブリッツフィナーレ(キセキの母)の全妹にあたるので、血統表上はキセキと全く同じ配合の馬

12/30 14:18

有馬記念2021の予想!!【中山競馬芝2500m GⅠ】

ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

とは末脚がハマるかどうか。15番キセキ父ルーラーシップ母ブリッツフィナーレ(ディープインパクト)栗東・辻野 中3週牡7 黒鹿松山 57.0K32戦4勝 [4-6-6-16]近走スピード負けしているし、スタートも不安定。厳しい。16番タイトルホルダー父ドゥラメンテ母メーヴェ(Motivator)美浦・栗田 中8週牡3 鹿横山和 55.0K8戦3勝 [3-2-0-3]前走の菊花賞を逃げて圧勝。ただ今回

12/26 00:00

【有馬記念 注目馬(13)】まさに無事之名馬 ラストランでいざ5年間の集大成を

netkeiba.com - ニュース・コラム新着情報

【【有馬記念 注目馬(13)】まさに無事之名馬 ラストランでいざ5年間の集大成を】 12月26日に中山競馬場で行われる有馬記念(3歳上・GI・芝2500m)。キセキ(牡7、栗東・辻野泰之厩舎)は初コンビとなる松山弘平騎手でこのレースに挑む。 キセキは父ルーラーシップ、母ブリッツフィナーレ、母の父ディープインパクトという血統。通算成績は32戦4勝。 2016年12月に阪神競馬場の2歳新馬戦でデビューし、初勝利。翌年7月に自己条件戦で2勝目をあげると、続く信濃川特別も連勝。夏の上がり馬として出走した...

12/23 20:20
当ページを共有する