マルセリーナ に関する記事

検索フィルタ

ダービー2020年 No.3

パズルのように解く競馬(競馬番組系)

【ダービー2020年 No.3】2020年はコロナウイルスの影響で(特指)戦が途中から変更となっている。 1995年 阪神淡路大震災 1月17日に発生(指)戦導入年度 1月の始めから 2011年 東北大震災 3月11日に発生WIN5導入年度 4月24日皐月賞より 2020年 コロナウイルスの影響で2月29日より無観客レースクラス名称変更 2019年夏季番組より 1995年タヤスツヨシ 皐月賞2着→ダービー1着(ぞろ目) ジェニュイン 皐月賞1着→ダービー2着(ぞろ目) ダンスパートナー 桜花賞2着(ぞろ目)→オークス1着 2011年オルフェーブル 皐月賞1着→ダービー1着サダムパテック 皐月賞2着→ダービー2着同枠 マルセリーナ 桜花賞1着→オークス4着 2020年ディアリングタクト 桜花賞1着→オークス1着 *2着馬出走回避 コントレイル 皐月賞1着

05/26 12:23

オークス~なんてったってアイドル

ダート競馬で年間プラス

0→― 9=― 9マルセリーナ ―3→―12=― 9ハープスター ―2→―10=―8クロノジェネシス ― 7→―10=― 3①デゼル +7→―10=―17瞬発力ヤバい😱💧恐らく世代ナンバーワン❗前に付けても止まることはないだろう(……)②クラヴァシュドール +1→―11

05/24 07:49

オークス優駿牝馬2

競馬ゲームを解き明かす

【オークス優駿牝馬2】枠順は、予測通りフィオリキオリを出走させて来た。この馬に着目した理由は、桜花賞馬デアリングタクト同枠馬として、アネモネS2着優先権を所持していたからだ。2011年桜花賞馬マルセリーナに不足したトライアルアネモネS優先権馬を拾って来るならば、マルセリーナが4着に沈んだオークスを繰り返さないとよんだからに他ならない。 それが、今年の無観客競馬開催に漕ぎ着けた主催者努力の証しだろう。デアリングタクト二冠は、滞りなく達成される。2011年オークス2着ピュアブリーゼは、フローラS3着優先権を持って連対を果たしたが、このフローラS3着優先権は消滅し、桜花賞5着優先権が、新たに付与されている。時代を映す鏡は、ピュアブリーゼからミヤマザクラに引き継がれる。もう一頭の抽選突破したのは、同厩リリピュアハートであり、デアリングタクトの桜花賞相手レシステンシア同様鞍上武豊に乗り替わる。単

05/23 22:20

距離よりペースの経験が大事~オークス予想~

館山速人の楽しむ競馬講座(たまに野球)ブログ

に範囲を広げて見てもマルセリーナとサンヴィクトワールがいるだけで突出度と言う意味でも抜けていた。 前走の桜花賞にしたって馬場が荒れて前残りの展開になるだけで一頭だけ力強く伸びてきた。この馬は歴史的名牝になれる器だと信じているし、とうの前からこの馬と心中する覚悟は決まっているよ。 「距離」よりも「ペース」の経験を重視したい 本命デアリングタクトは「言わずもがな」と言う事でしたが、相手

05/23 19:51

第81回優駿牝馬(オークス) 考察

競走馬血統考察「迂回血ライン」~深遠なる血の連鎖~

直行で勝てればマルセリーナぐらいしかおらず、それ以上の逸材の可能性もアリと言及(ウオッカはチューリップ賞を経由していた)。 ただこの馬も桜花賞激走での消耗は避けようもないし、上手く立て直したとして、やはり初の関東遠征&左回り、道中の掛かりグセなどが2400m戦でどう出るか?は未知の面も。 オークス以前にマイル経験しかないのは歴史的名牝ジェンティルドンナとも同じで、そこは怪物級の牝馬であればこ

05/23 18:06

【オークス2020予想】◎武豊ミヤマザクラが咲き頃、今の東京2400mは絶好条件だ

放談ルチャリブレ!

。 しかも、ここ4年連続で1番人気が勝利。デアリングタクトが1番人気になることは間違いなく、これは追い風となりそうな傾向と言えるでしょう。 一方、複勝圏内を外した1番人気は誰だったかというと、2012年ミッドサマーフェア、11年マルセリーナの2頭。ミッドサマーフェアは今思えばさすがに人気しすぎていたので度外視するとして、問題はマルセリーナです。 その年のエルフィンSを勝ち、続く桜花賞も制覇した馬……ん? このローテはデアリングタクトと同じでは……? 違うのは新馬戦の後にマルセリーナはシンザン記念を使っており、デアリングタクトより1走多いことですが、それでもローテは似ているし、2番人気で桜花賞を勝ち、オークス1番人気というのも同じ。これは何か不吉な予感か……? では、オークス予想と行きましょう! 第81回GⅠオークス 予想と見解 これで勝負! ◎⑩ミヤマザクラ

05/23 11:54
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから

2018年度 社台サラブレッドクラブで気になった馬たちの結果

藤くんのブログ

【2018年度 社台サラブレッドクラブで気になった馬たちの結果】最後に、社台サラブレッドクラブの結果です 牡馬、牝馬8頭ずつ選んで、勝ち上がったのは、牡馬2頭、牝馬3頭でした。牝馬が1頭オープン馬になりました。そして抽選で、なんとオークスに出走です。 牡馬ダイワズームの17(馬名 ヴィアメント)4戦目で勝ち上がりましたが、その後苦戦が続いています。丈夫そうな馬ですのでこのまま使えればさらに勝ち上がるチャンスが回ってきそうです マルセリーナの17(馬名 ヒートオンビート)5戦目でようやく勝ち上がりました。血統が良いので、秋以降の活躍に期待ですね 牝馬スタセリタの17(馬名 スパングルドスター)3戦目で勝ち上がり、明日のカーネッションCに出走です。ここを勝てば、秋に期待が膨らみますね。 リリーオブザヴァレーの17(馬名 リリーピュアハート)抽選突破でオークス出走です。2400mの東京で勝っ

05/22 21:02

2020 優駿牝馬(オークスの鉄則その1)

競馬解読教室

ラッキーライラック(1人)→オークス3着(2人)2014年1着ハープスター(1人)→オークス2着(1人)2着レッドリヴェール(2人)→ダービー12着(4人)2012年1着ジェンティルドンナ(2人)→オークス1着(3人)2011年1着マルセリーナ(2人)→オークス4着(1人)2着ホエールキャプチャ(1人)→オークス3着(2人)2010年1着アパパネ(1人)→オークス1着(1人) ご覧のとおり、該当9頭の次走着順は{3・1・2・3}だが、次走オークスに出走した場合は{3・1・2・1}となる。馬券対象から外れたのは2011年のマルセリーナのみであり、桜花賞を1.2番人気で連対できるような馬なら、オークスでは軸としての安定性が非常に高いことが解るだろう。今年の桜花賞は1番人気のレシステンシアが2着、2番人気のデアリングタクトが1着だった。レシステンシアがNHKマイルCに回ってしまったので、今年の桜花賞連対馬

05/20 20:50

【社台サラブレッドクラブ2020】1歳募集馬評価・おすすめ・価格、厩舎無リスト発表

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主ブログ

02/21 6,000万円 全姉マジックキャッスル。かなり重い血統で牝馬は明らかにマイナス。 マルセリーナの19 キングカメハメハ(ディープインパクト)牡 黒鹿 04/20 6,000万円 母は桜花賞馬、半兄ラストドラフト。キングカメハメハ産駒なら当然兄超えに期待。 サプレザの19 ロードカナロア(Sahm) 牡 黒鹿 02/11 6,000万円 半兄サトノインプレッサ。カナロアは面白

05/20 17:00

【オークス2020】予想と過去データ傾向分析|デアリングタクトは無敗の二冠馬になるのか?

【予想家ナツの競馬予想ブログ】

【【オークス2020】予想と過去データ傾向分析|デアリングタクトは無敗の二冠馬になるのか?】今回はオークス2020の過去10年のデータを分析予想していきます。 無敗の桜花賞馬デアリングタクトを筆頭に、桜花賞3着馬のスマイルカナ、4着馬のクラヴァシュドールなど桜花賞組が多数参戦。 2歳時から力関係がかなり変わってきて2歳時無名だったデアリングタクトが圧倒的人気になることを誰が想像していたでしょうか? さらにフローラS勝ち馬のウインマリリン、忘れな草賞勝ち馬のウインマイティ―、フラワーC勝ち馬のアブレイズなど別路線組も参戦しています。 人気、枠順、脚質などのデータを見て、どのようなレースとなるかを考えていきましょう。 人気データ 1番人気馬の複勝率は80%と非常に高いです。 ちなみに馬券外に飛んだのはマルセリーナとミッドサマーフェアの2頭。 マルセリーナはエルフィンS→桜花賞勝利した追い込み脚

05/20 09:24
月間約100万PVの競馬関連サイトに広告掲載します ユーザー約10万人、20-40台男性がメインです
当ページを共有する