オルフェーヴル に関する記事

検索フィルタ

週中競馬記事(2021年10月12日)~リーディングサイアー展望・回顧~

ブログ

はオーソクレース、ステラヴェローチェ、ディヴァインラヴが母父ディープインパクト、有力馬も含まれており首位キングカメハメハとの差を詰めるチャンスでしょうか。 ●7位(7位)オルフェーヴル(16億4658万8000円)(83勝)先週は2歳馬による2勝と、前回ようやく2歳戦でも勝ち馬が出てここに来て勝ち上がる産駒も出てきたようです。G2府中牝馬Sではアンドラステが2着と好走、勝ち馬の決め手が強烈だっただけで人馬

10/19 00:48

日曜 菊花賞

Gブロ

:ドゥラメンテ 母:メーヴェ 母の父:Motivator ここに注目! 半姉メロディーレーン(父オルフェーヴル)は、2400から2600メートルで3勝をマーク。菊花賞では5着に入るなど、牝馬ながら豊富なスタミナを武器にしている。本馬のここまでの勝ち鞍は2000メートルまでだが、距離を延ばしてステイヤー血統が花開くかもしれない。 レッドジェネシス 牡3歳 調教師:友道康夫(栗東) 父:ディープインパクト 母

10/19 00:30

兄は、あの2歳重賞勝ち馬

人は遊びながら……

【兄は、あの2歳重賞勝ち馬】10月16日(土)、東京競馬場3R、芝、1600mにて、2歳新馬戦が18頭だてで行われました。レースは、ばらついたスタートから、バリューテーラーが先手をとり、サルサロッサが2番手を追走。M.デムーロ騎手騎乗の1番人気ライラックは好位追走からの競馬。最後の直線、粘るバリューテーラーをライラックが交わすと、後続を1と1/4馬身離しての勝利。エピファニーが良い脚で迫るも2着まで。1着、ライラック。2着、エピファニー。3着、バリューテーラー。勝ち時計は、1分50秒1(良)。ライラックは、美浦、相沢郁厩舎の2歳牝馬。父、オルフェーヴル、母、ヴィーヴァブーケ、母父、キングカメハメハ。札幌2歳ステークス勝ち馬、ブラックホールの半妹。ブラックホールは、父、ゴールドシップでしたが、こちらはオルフェーヴル、同じステイゴールド系ですし、活躍に期待できそうです。以前

10/19 00:02

【埼玉新聞栄冠賞2021予想】過去データ・穴馬

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主ブログ

賞2021予想】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━ <第82回 菊花賞(G1)> 春のクラシック馬不在で大混戦! 波乱の立役者とは!? →3点勝負買い目を無料公開← ━━━━━━━━━━━━━━━ 古くからの格言で「最も強い馬が勝つ」と言われている牡馬三冠最終戦の[菊花賞]。 過去10年の勝ち馬でもオルフェーヴル(GI6勝)、ゴールドシップ(GI6勝)、エピファネイア(14年ジャパンC制覇

10/19 00:01

皐月賞馬もダービー馬もいない菊花賞 勝つのはどの馬?

RACING BOOK -競馬ブログ-

【皐月賞馬もダービー馬もいない菊花賞 勝つのはどの馬?】第82回菊花賞には皐月賞馬とダービー馬が出走しません。今回と同じようなケースは過去20年で6回ありました。2015年のキタサンブラックは皐月賞4着、ダービー14着から菊花賞を勝ち、2013年のエピファネイアは皐月賞とダービーで2着から菊花賞を勝っています。その他の4頭は皐月賞とダービーに出走していませんでした。また、皐月賞とダービーに出走してない菊花賞馬は11頭いました。 菊花賞は春の2冠とは別物のレース 菊花賞の勝ち馬で春の2冠にも出走していた馬を見ると、サトノダイヤモンド、キタサンブラック、エピファネイア、ゴールドシップ、オルフェーヴル、ディープインパクトなどは皐月賞かダービーで好走し、しかも種牡馬になっています。アサクサキングス、ザッツザプレンティは距離が伸びていいタイプです。それ以外は皐月賞、ダービーに出走していません。 このこ

10/18 23:56

2021リーディングサイアー~10月17日現在~

Whip Hand

【2021リーディングサイアー~10月17日現在~】1ディープインパクト2ロードカナロア3ハーツクライ4キズナ5ルーラーシップ6キングカメハメハ7オルフェーヴル8エピファネイア9ダイワメジャー10ヘニーヒューズ11モーリス12スクリーンヒーロー13ドゥラメンテ14キンシャサノキセキ15ハービンジャー16ゴールドシップ17クロフネ18ジャスタウェイ19ブラックタイド20ヴィクトワールピサアカイトリノムスメの秋華賞勝利でディープが2016年ヴィブロス以来同レース5勝目。息子キズナの産駒GⅠ初勝利はまたもお預け。シャドウディーヴァの府中牝馬S勝利でハーツがJRA重賞通算70勝達成。ラヴアンドホップの東京ハイジャンプ勝利でアドマイヤムーンが40位から36位にランクアップ。JRA重賞通算25勝目だが、その内の9勝が障害重賞。にほんブログ村にほんブログ村競馬ランキング

10/18 23:24

〔菊花賞2021〕血統予想展望・出走予定馬/予想オッズ、クラシック最終戦はG1馬出走せず

【血統】火下遊の競馬予想ブログ【データ分析】

が勝つ」と言われている牡馬三冠最終戦の[菊花賞]。 過去10年の勝ち馬でもオルフェーヴル(GI6勝)、ゴールドシップ(GI6勝)、エピファネイア(14年ジャパンC制覇)、キタサンブラック(GI7勝)、サトノダイヤモンド(有馬記念制覇)、フィエールマン(19年・20年天皇賞(春)連覇)などがいる。 過去10年の平均配当では馬連3080円、3連複2万0520円、3連単8万8640円。馬連3桁配当は4度あ

10/18 23:10

菊花賞傾向

bloodsportsclubのブログ

【菊花賞傾向】 《菊花賞》2120「7」 9.1519「6」 10.2118「4」 1.28{当年}17「8」 12.1116「7」 11.815「7」 1.31{当年}14「7」 5.31{当年}13「8」 10.2412「9」●7.9{ゴールドシップ}11「10」●8.14{オルフェーヴル}10「10」 9.27ーーーーーーーーーーーーーーーー 《日本ダービー》21「4」 10.25ーーーーーーー20「5」 9.1519「6」●8.18{ロジャーバローズ}18「6」●7.16{ワグネリアン}17「5」 10.916「5」 10.1815「6」 10.1214「9」●8.4{ワンアンドオンリー}13「7」 10.712「6」 10.111「8」●8.14{オルフェーヴル}10「7」●7.12{エイシンフラッシュ}ーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆「 」の数字は何レース目か?☆ ●は9月

10/18 22:55

ノルマンディーOC 20年産募集 その7

まったりまたまた馬の話

.52 勝ち上がり率30%(10頭)父ブラックタイド産駒のうち5代内にノーザンダンサー(父×母)のクロス AEI:0.84 勝ち上がり率30.4%(273頭)父ブラックタイド産駒のうち5代内にヘイルトゥリーズン(父×母)のクロス AEI:0.66 勝ち上がり率31.9%(69頭) 半兄3頭1勝(マツリダゴッホ)、2勝(ジャスタウェイ)1勝(オルフェーヴル) 半姉4頭5勝(マツリダゴッホ)東北6勝

の繁殖実績=リッカルドのみと言ってしまえばそれまで、イスラボニータに変えたからと言って、劇的な変化を求めるのは酷。見送りが妥当。 クレバークリスの20 牝馬 母14歳時7番仔 4月13日生<岡田スタッド>価格:1,720万円(4.3万円) 厩舎:寺島良(栗東)父:オルフェーヴル(SS系)母父:クロフネ(プリンスリーギフト系)5代内クロス:SS3×4 父オルフェーヴル×母父クロフネのニックスAEI:0

10/18 22:33

【シュテルンシチー】出走結果

たあ坊のシチーっ仔ブログ~一口からの馬主気分

【【シュテルンシチー】出走結果】シュテルンシチーの出走結果です🏇シュテルンシチー牡5歳 栗毛父オルフェーヴル母ケープタウンシチー2016年4月30日生美浦 池上昌和厩舎スタートすると中団に控えて1角を回り、その後の位置取りも変わらずに馬群で抑えて追走し、勝負どころからバラけた流れを仕掛けて動いて最後の直線に入りましたが、早めに脚色が鈍って伸び脚を欠き7着となりました。秋山騎手は「ペースが上がったところで気難しいところが出てしまいました」とコメントしています。10/16(土)新潟8R 3歳以上1勝クラス ダート1800m4枠4番 秋山稔樹騎手454kg(0)リフレッシュされて状態は良いと思ったのですが、案外な結果に終わりました。鞍上によると気難しいところが出てしまったようです。今回の敗因が気性によるもので、次回気分良く走らせることができれば、きっと巻き返してくれると思います。また頑張ってほ

10/18 20:42
当ページを共有する