Crisp に関する記事

検索フィルタ

22/04/24 Weekly National Hunt / Jump racing

にげうまメモ

たZed Emが逃げるも、最終コーナーから後続が殺到。ここから抜けてきたRiding HighがMaster Poetを抑えて勝利した。Riding Highは昨年のAustralian Steeplechaseの勝ち馬で、その後のCrisp Steeplechase、Grand National Steeplechaseでも比較的上位争いをしていた馬である。ややSteeplechaseの一線級相手

たZed、Emが逃げるも、最終コーナーから後続が殺到。ここから抜けてきたRiding、HighがMaster、Poetを抑えて勝利した。Riding、Highは昨年のAustralian、Steeplechaseの勝ち馬で、その後のCrisp、Steeplechase、Grand、National、Steeplechaseでも比較的上位争いをしていた馬である。ややSteeplechaseの一線級相手

04/24 00:00

22/01/05 2017年 Cheltenham Festival 旅行記 ⑨ - Gold Cup Day -

にげうまメモ

たのですが、我々日本人にとっても馴染みのある馬がいました。写真のPentiffic。もともとオーストラリア障害競馬において、Classic Hurdle、Hiskens Steeplechase、Crisp Steeplechase、Grand National Steeplechaseと主要競走を悉く制した馬ですが、2010年には中山のペガサスジャンプステークスに参戦、バシケーンの5着に入っていま

たのですが、我々日本人にとっても馴染みのある馬がいました。写真のPentiffic。もともとオーストラリア障害競馬において、Classic、Hurdle、Hiskens、Steeplechase、Crisp、Steeplechase、Grand、National、Steeplechaseと主要競走を悉く制した馬ですが、2010年には中山のペガサスジャンプステークスに参戦、バシケーンの5着に入っていま

01/05 14:43

21/12/24 第8回(2006)中山グランドジャンプ 海外からの参戦馬

にげうまメモ

と、その後はCrisp Steeplechase勝ちをはじめ、Australian Steeplechase、当時はFlemington競馬場で行われていたビクトリア州Grand National Steeplechaseで2着に入り、一躍オーストラリアSteeplechaseにおける中心的存在となりました。ただしその後のHiskens Steeplechaseは落馬に終わると、The ValleyでのDominant Steeplechaseも71kgの斤量が堪えた可能性はありますが、勝ち馬から14馬身離れた5着と敗れ、やや尻すぼみなシーズンに終わりました。そして2006年は平地競争を叩いて来日しましたが、残念ながら前哨戦のペガサスジャンプステークスも含め、結果を残すことはできませんでした。来日後もオーストラリアSteeplechaseへの出走を続けましたが、2006年のCrisp Steeplechase

と、その後はCrisp、Steeplechase勝ちをはじめ、Australian、Steeplechase、当時はFlemington競馬場で行われていたビクトリア州Grand、National、Steeplechaseで2着に入り、一躍オーストラリアSteeplechaseにおける中心的存在となりました。ただしその後のHiskens、Steeplechaseは落馬に終わると、The、ValleyでのDominant、Steeplechaseも71kgの斤量が堪えた可能性はありますが、勝ち馬から14馬身離れた5着と敗れ、やや尻すぼみなシーズンに終わりました。そして2006年は平地競争を叩いて来日しましたが、残念ながら前哨戦のペガサスジャンプステークスも含め、結果を残すことはできませんでした。来日後もオーストラリアSteeplechaseへの出走を続けましたが、2006年のCrisp、Steeplechase

12/24 15:54

21/12/19 第6回(2004)中山グランドジャンプ 海外からの参戦馬

にげうまメモ

に敗れていますが、比較的良馬場の、3000メートル以下のHurdle競走で結果を残してきたようです。近年のニュージーランド障害競馬は5~9月に行われていますが、この馬は12月や1月のHurdle競走を勝利しており、この時代は南半球の夏季にも障害競走が行われていたようです。中山への遠征後はオーストラリアSteeplechaseにも参戦し、Australian Steeplechase、Crisp

に敗れていますが、比較的良馬場の、3000メートル以下のHurdle競走で結果を残してきたようです。近年のニュージーランド障害競馬は5~9月に行われていますが、この馬は12月や1月のHurdle競走を勝利しており、この時代は南半球の夏季にも障害競走が行われていたようです。中山への遠征後はオーストラリアSteeplechaseにも参戦し、Australian、Steeplechase、Crisp

12/19 16:44
操作メモ
当ページを共有する