ルシュクル に関する記事

検索フィルタ

寝違えちゃったの

人は遊びながら……

【寝違えちゃったの】函館スプリントS勝ち馬で、サマースプリントシリーズウィナーの候補だったビアンフェは寝違えのため、セントウルSを回避となりました。ビアンフェは、栗東、中竹和也厩舎の4歳セン馬。父、キズナ、母、ルシュクル、母父、サクラバクシンオー。今年はオーシャンステークスから始動して3着、函館スプリントステークスで勝利と、好調だっただけに残念ですね。とは言えまだ4歳。先は長いですので、ここは無理せずに。今後はスプリンターズSに直行する模様です。 ここに来て様々な馬の参戦が発表されていますが、スプリンターズステークスなかなか楽しいメンバーになりそうです。

09/09 00:02

朱鷺ステークス2021 予想 ダノンチェイサーは新潟芝1400m内ならタフな馬場向き

関屋記念2021/札幌記念2021/あみー競馬予想

------------------------------------------------------------------------------------------ 補助情報:(近親馬、母系の活躍馬、その他) 母:ルシュクル= 3着-ファルコンS 旧・中京芝1200m 半姉:ブランボヌール=キーンランドC、函館2歳S、3着-阪神JFなど 半兄:エントシャイデン=3着-中京記念 阪神芝1600m、京都金杯 中京芝1600m 半弟:ビアンフェ=函館スプリントS 札幌芝1200m、函館2歳S、葵S(G) 京都芝1200m 祖母:アジアンミーティア。 祖母の全兄

08/29 14:00

その経験もやがての力となる

人は遊びながら……

【その経験もやがての力となる】現地時間10月3日にフランスのロンシャン競馬場、芝、2400mで行われる凱旋門賞(G1)に挑戦するディープボンドの帯同馬として渡仏し、現地重賞に挑むエントシャイデンの鞍上に、坂井瑠星騎手が抜擢されました。ディープボンドは、栗東・大久保龍志厩舎の4歳牡馬。父 、キズナ、母、ゼフィランサス、母父、キングヘイロー。通算成績12戦3勝。そして帯同馬のエントシャイデンは栗東・矢作芳人厩舎の6歳牡馬、父、ディープインパクト、母、ルシュクル、母父、サクラバクシンオーで、半弟に短距離重賞3勝のビアンフェがいる血統。通算成績は37戦5勝。フランス遠征が決定したことを受けた、坂井瑠星騎手は、良い結果を残せるように頑張りたいと前向きなコメントを残しています。坂井瑠星騎手、今までも海外で武者修行を敢行してきましたが、 それは着実に力になっていると思います。今度のフランス遠征も次に繋

06/25 00:00

第28回 函館スプリントステークス【GⅢ】競走成績

ナオコツのKEIBAライフ

,480円[3連複]7-14-162,980円[3連単]14→16→715,280円【優勝馬プロフィール】ビアンフェBien Fait(JPN)セン馬4歳鹿毛2017年4月29日生[父]キズナ(2010)[母]ルシュクル(2006)[母父]サクラバクシンオー(1989)[母母]アジアンミーティア(2000)[兄弟姉妹]ブランボヌール(半姉)[主な近親]ダコールUnbridled’s Song[馬主]前田幸

06/20 07:16

第38回エプソムカップ GⅢ

TapTopTapDance

(16) カレンモエ (鮫島克駿) 1人 3 (7) ミッキーブリランテ (和田竜二) 4人 4 (10) ジョーアラビカ (横山和生) 12人 5 (8) カツジ (岩田康成) 9人 900→2060 枠 7―8 ワ 14―03.05.06.07.09 馬連 16―03.05.07 土曜日の札幌開幕は買わないでしまいましたので、ここは取りたかった。 ビアンフェ 父:キズナ 母:ルシュクル

06/18 10:53

短距離の夏だから

人は遊びながら……

【短距離の夏だから】函館スプリントステークスを先手をとって粘り勝ちを決めたビアンフェは、9月12日・中京、芝1200mでのセントウルステークスに向かいます。ビアンフェは、栗東、中竹和也厩舎の4歳セン馬。父、キズナ、母、ルシュクル、母父、サクラバクシンオー。半姉は2016年のキーンランドC勝ちなどをしたブランボヌール。また、4着となったジョーアラビカは大野騎手で、11着のアスタールビーは古川吉騎手で、12着タイセイアベニールは小崎騎手で26日・札幌、芝1200mのTVh賞へ向かいます。短距離の夏は始まったばかり、それぞれに、どんな走りを見せてくれるか楽しみですね。

06/18 00:04

【ユニコーンS(G3)】(2021血統データ分析篇)

~術はある~

S】2着カレンモエ=父欧州型ミスプロ系(父ロードカナロア)に該当3着ミッキーブリランテ=ネヴァーベンドの血を引く馬(父母父Loup Sauvage)に該当*優勝したビアンフェ(セ4、栗東・中竹和也)は、父キズナ×母ルシュクル(母父サクラバクシンオー)。本馬は函館で「2-1-0-0」という成績を残し、19年函館2歳Sでは半姉ブランボヌールとの姉弟制覇を達成。なお、母ルシュクルも08年すずらん賞を制

06/16 07:00

【マーメイドS(G3)】(2021血統データ分析篇)

~術はある~

は最上位だけに期待したい!!【函館スプリントS】2着カレンモエ=父欧州型ミスプロ系(父ロードカナロア)に該当3着ミッキーブリランテ=ネヴァーベンドの血を引く馬(父母父Loup Sauvage)に該当*優勝したビアンフェ(セ4、栗東・中竹和也)は、父キズナ×母ルシュクル(母父サクラバクシンオー)。本馬は函館で「2-1-0-0」という成績を残し、19年函館2歳Sでは半姉ブランボヌールとの姉弟制覇を達成。なお、母ルシュクルも08年すずらん賞を制するなど、札幌で1勝、函館で2勝を挙げる洋芝巧者だった。前走オーシャンSが去勢明け緒戦だったことを思えば及第点以上の内容で、前進気勢が衰えずにコントロールが効くようになっていたことは収穫。ほか、父キズナを介してStorm Catの血を引くことも強調しやすい。当日(6/20)2021総合分析予想篇朝(7時頃)、更新予定”徹底的に重賞 レースを極める!”最後まで御覧

06/16 07:00

函館スプリントSは、ビアンフェが鮮やかに逃げ切り重賞3勝目を飾る

愛しのサラブレッド写真館 

した。 なお、2番人気のシゲルピンクルビーは、後方追走から直線で前が壁になって見せ場なく9着、3番人気のケープコッドは5番手追走も直線伸びを欠き6着まで。共に期待を裏切ってしまったのは残念でした。 ビアンフェ(撮影日2019年11月2日・京王杯2歳S) 父キズナ 母ルシュクル(母の父サクラバクシンオー) 2017年4月29日生 騙4 鹿毛 新冠 (株)ノースヒルズ生産 栗東・中竹和也厩舎 11戦4勝

06/14 21:32

サダル-サトノ-ファルコニアで3単848倍!

今日のドン言

のだろうから。函館スプリントはビアンフェの粘り腰。ノースヒルズだけど、肌馬ルシュクルは大したもんだな。前田氏も拝んでるよきっと。カレンモエはちよっと見てしまう瞬間があったかな。ひたむきに走ったとは。まあ能力は間違いない。ミッキーブリランテもバテずに健闘。和田竜は三宮のミヤジコクオウも気になりつつの札幌戦。一応の成果か。 その三宮はサンライズホープの快勝。状態が上がってるとこでブリンカーも利いたかな。前

06/14 09:50
当ページを共有する