ルシュクル に関する記事

検索フィルタ

【新潟日報賞】(新潟)アフランシールがまとめて差し切り快勝

競馬実況web - News

【【新潟日報賞】(新潟)アフランシールがまとめて差し切り快勝】 新潟11Rの新潟日報賞(3歳以上3勝クラス・芝1400m)は2番人気アフランシール(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒4(良)。1馬身3/4差の2着に3番人気レノーア、さらに1馬身1/4差の3着に16番人気ニシノキントウンが入った。 アフランシールは美浦・尾関知人厩舎の4歳牝馬で、父ハーツクライ、母ルシュクル(母の父サクラバクシンオー)。通算成績は14戦4勝。 レース後のコメント 1着 アフランシール(川田将雅騎手) 「パドックでまたがった時から、雰囲気の良さを感じていました。指示通りのレースができました。良い状態でレースに臨めたと思います」 2着 レノーア(岩田望来騎手) 「理想的なレースはできました。勝ち馬とはハンデ差もありましたし、瞬発力の差が出ました」 3着

08/01 16:56

アフランシール 馬主【ノースヒルズ】

競馬 GI予想勝負!

= window.adsbygoogle || []).push({});【アフランシール 血統】 (牝4)父 ハーツクライ母 ルシュクル母父 サクラバクシンオー調教師 :尾関知人(美浦)生産者 :株式会社 ノースヒルズ通算成績:14戦4勝母ルシュクルは、2009年のファルコンステークス 3着馬。半姉ブランボヌール(父ディープインパクト)は、2015年の函館2歳ステークス、2016年のキーンランドカップ 優

08/01 16:20

柏木集保先生の見解 新潟日報賞

Gブロ

(父ディープインパクト)も、弟のビアンフェ(父キズナ)も函館2歳Sの勝ち馬。母ルシュクルの半弟ダコール(父ディープインパクト)は、新潟大賞典1着を含む重賞3着以内7回を記録したが、それはすべてローカルの平坦コースだった。 アフランシールは典型的な平坦一族であると同時に、父ハーツクライもドバイで圧勝した隠れた平坦巧者。その母アイリッシュダンス(父トニービン)の重賞2勝は、新潟大賞典、新潟記念だっ

08/01 00:30

2020 7月の2歳戦+3歳戦(その5)

競走馬血統考察「迂回血ライン」~深遠なる血の連鎖~

,3,3↓))3着 エントシャイデン(母ルシュクルのBLP=11:(5,3,3)) となり、6番人気のラセットと9番人気のエントシャイデンのワイド、13-18の買い目を買っていれば37.5倍もついており、3連単よりもこのワイド馬券を逃したことのほうが個人的にはよっぽど「痛恨」となるのだが(苦笑)。 どちらも既に5歳馬で、それぞれ3歳時までに考察記事にしたことがあるだけだが、「母自身の迂回血ライン継承度(=BLP

07/20 22:09

1強は崩れるか?!函館2歳予想

たかこ競馬ブログ

【1強は崩れるか?!函館2歳予想】函館2歳(函館・芝1200m)は、開催時期も早いし、距離も短いしということで、今後の展望が描きにくい重賞。 とはいうものの、去年2着のタイセイビジョンは朝日杯FSで2着に食い込んだし、2006年2着のローレルゲレイロはG1を2勝した名馬だ。 ローレルゲレイロは父キングヘイロー、母ビッグテンビー (母父デンビー)。1000mの新馬戦に勝利。その後このレースも2着、朝日杯FS2着、NHKマイルC2着。3歳秋は惨敗が続き、1勝馬のまま、4歳で重賞勝利したのだった。 去年はキズナ産駒のビアンフェが勝利。お母さんのルシュクルは2015年にこのレース勝利したブランボヌールのお母さんでもある。 お兄さんは今年のセレクトセールで4億。前走の圧巻の走り。15モンファボリダイワメジャーワは抑えないと。お姉さんのナックビーナスもダートで1勝してから芝変わり。10

07/18 15:24

日曜 中京記念

Gブロ

ルシュクル 母の父:サクラバクシンオー ここに注目! 母は全3勝中2勝を7月に挙げており、夏場の暑い時季を得意としていた。全姉ブランボヌールも函館2歳S、キーンランドCと7月、8月の重賞を2勝。血統的にも、この時期なら初めての重賞制覇を成し遂げられるかもしれない。 ベステンダンク 牡8歳 調教師:安達昭夫(栗東) 父:タイキシャトル 母:ユキノマーメイド 母の父:スペシャルウィーク ここに注目! 今回

07/17 00:30
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから

中京記念、展望②。

競馬随筆 【づらづれ草】

【中京記念、展望②。】なんか雨降らないっぽいですね。完全に重馬場で予想してました、ちょっと考え直さないと。もちろん馬場自体はタフなものだろうけど。あれ思ったより時計出てるぞとゆー可能性もあるので、そーゆー想定も一応しとかねばね。ただまあ雨の要素がなくなると、主流血統の方が買いやすくなるのは確かですわな。 特に阪神マイルみたいな王道コースは。穴狙うにしても、そのへんはきっちり考慮する必要がありそうです。【エントシャイデン】好調期と不調期に差がありすぎて、戦績の字面はどうしても悪くなってしまう馬。あとおかんのルシュクルや姉貴のブランボヌール、弟のビアンフェらが仕上がり早。 この馬も2歳時からそこそこやってたし、奥がないんじゃないのと思われるのも仕方ない。でも、前走の安土城Sの渋太いケイバぶりは、早熟で出がらしのディープ牡馬ではできない芸当。 あのエンジンのかかり具合からすると、阪神マイル

07/16 23:39

中京記念2020 注目馬考察!

ヒッキーの競馬予想ブログ【注目馬考察】

れてきており、また、阪神芝マイルという条件は、4走前のリステッド競走の六甲ステークスで3着があります。 もちろん、近走成績がいいので、好調期にあるのはありますが、ただ、全体的に成績を見渡すと、坂がない、或いは、傾斜がキツくないコースに良績が集まっています。 これは、この馬の兄弟である、ブランボヌールやビアンフェがそうであるように、母ルシュクルの仔の産駒傾向が、平坦コース向きの仔を出しているので、エントシャイデン自身も、急坂コースよりは平坦コース向きであるものと思われます。 母ルシュクル自身も、現役時は平坦コースでしか好走成績はありませんでした。 ですので、坂のあるコースで、前走よりレベルの上がる重賞レースなので、厳しいかもしれませんが、勢いは十分なので、その勢いを買うかどうかになるでしょう。ギルデッドミラー前走G1NHKマイルカップでは、五分のスタートから先行集団を追走し、3コーナー手前でインコース

07/14 07:26

【ユニコーンS】【函館SS】POGの指名馬が早々にデビュー。やっと2020-2021のシーズンのスタートラインにつきます。[競馬予想][POG]

生きてりゃ晴天のヘキレキだらけ

になる⑮サンドクルーズ。    【馬券】 ワイド ④-③⑮ 2点   東京10R 多摩川S 3勝クラス 芝1400m【ちょっとぶん回し】 ◎⑫アフランシール   単純にレースレベルの比較をするとフリーウェイS組を最上位と見てよさそう。そのレースで4着だったアフランシールを本命。 ハーツクライは、産駒の距離幅もかなり広く1400を得意としている産駒も多い。母もルシュクルだし兄弟を見てもOPまでは行ける器

06/20 16:49

先週末の中央競馬勝ち馬

広尾サラブレッド倶楽部

3)では、スタートでやや出遅れながらも、二の脚を使ってスピードに乗りハナに立つと、そのまま押し切って初重賞制覇となりました。 2歳で函館2歳S(G3)、3歳でキーンランドC(G3)を制したディープインパクト産駒の半姉のブランボヌールなど、母ルシュクルの産駒は短距離を得意としていた自身の影響を色濃く出す傾向もあって、キズナの産駒としては少々スピード色が強くなるのも事実。しかし、高い能力を伝えるだけでなく、母系の良

06/02 23:55
当ページを共有する