レーヴダムール に関する記事

検索フィルタ

令和最初のPOG・2019 - 2020シーズン、23th身内POG指名馬レビュー!!(第6回)

POG血統探検blog

でした。また、おじ・おばは全頭がJRAで勝利し、アプレザンレーヴとレーヴミストラルは重賞勝ち馬。ナイアガラはOP勝ち、レーヴダムール・レーヴドリアン・レーヴァテインは重賞3着以内があるという超名門のレーヴドスカー一族です。一方、本馬のきょうだいは半兄アラバスターが1勝、3/4半姉レーヴドゥラメールは未勝利で引退と母に肩を並べるには至っていません。血統はGreen Dancer5×5クロス持ち。父

10/22 17:51

【レーヴドゥロワ】青葉賞と相性がいいレーヴ一族から期待馬がデビュー

一口馬主~相馬の水滸伝

ファンタスティックライト) 5勝 ・レーヴダムール (牝馬、2005年生まれ、父ファルブラヴ) 1勝、阪神ジュベナイルF(G1) 2着 ・アプレザンレーヴ (牡馬、 2006年生まれ、父シンボリクリスエス) 3勝(青葉賞(G2)優勝) ・レーヴドリアン (牡馬、2007年生まれ、父スペシャルウィーク) 2勝 (きさらぎ賞(G3) 2着) ・レーヴディソール (牝馬、2008年生まれ、父

かのアプレザンレーヴ、レーヴドリアンは3歳になって重賞競走に連帯して権利をとって春のクラシックに出走した。 一方、牝馬のグループは早熟で2歳から重賞で連対する活躍を見せる。 レーヴダムール、レーヴディソール、レーヴデトワールはいずれも牝馬の2歳チャンピオンを決める阪神ジュベナイルフィリーズに出走している。着順はそれぞれ2着、1着、9着だ。 同一の古馬重賞に兄弟3頭が出走するケースは探してみると案外

09/14 22:44

夢一族の夢 レーヴディソール

元厩務員の追憶

レーヴダムール「愛の夢」。夢一族のはじまり。2007年、新馬戦デビュー勝ちのあと、阪神ジュベナイルフィリーズ・G1に挑戦。出遅れながらも強烈な追い込みを見せ、トールポピーのクビ差2着。一躍、桜花賞の有力候補となるが、蹄を痛め、長期休養を余儀なくされた。2008年12月、ノーザンファームで調教直後、転倒死亡。骨盤骨折による内出血が原因だった。2006年、第4子、アプレザンレーヴ「夢の後で」。新馬以来、4戦2勝

を好位で踏ん張り4着。希望の夢は膨らんだ矢先、10月29日、腸捻転発症。開腹手術。11月11日、盲腸破裂、予後不良、安楽死。2008年、第6子、レーヴディソール「飛翔の夢」。2010年、9月、新馬戦を中団から差し切り圧勝。10月、デイリー杯2歳S、後方待機から、直線、大外強襲、差し切り。今週、『夢一族』の夢を胸に、阪神ジュベナイルフィリーズに登場。奇しくも、姉レーヴダムールがこのレースで2着した時

08/20 14:00