ラルケット に関する記事

検索フィルタ

【勝ち組POG】繫殖牝馬研究 ~ ラルケット ~

POGドラフト対策 ブログ 2022-2023

【【勝ち組POG】繫殖牝馬研究 ~ ラルケット ~】課題はロードカナロア以外との配合 ラルケット ラルケット 競走馬としてのラルケット 繁殖牝馬ラルケットは父馬ファルブラヴ(1998- )、母馬アズサユミ、母父サンデーサイレンスの配合で生まれた日本産のサラブレッドです。競走馬としての生涯戦績は22戦4勝。2歳新馬戦→サフラン賞と2連勝し、クラシックも期待されましたが、最終的には重賞には手が届かず、最高戦績は2008年デイリー杯クイーンC 【GⅢ】3着になります。   ラルケットの血統背景 繫殖牝馬ラルケットの父馬ファルブラヴはノーザンダンサー系種牡馬。競走馬としてのファルブラヴの生涯戦績は26戦13勝。2002年ジャパンカップ 【GⅠ】、同年伊ミラノ大賞 【GⅠ】、2003年クイーンエリザベス2世S 【GⅠ】、同年仏イスパーン賞 【GⅠ】、同年香港カップ 【G

【【勝ち組POG】繫殖牝馬研究、~、ラルケット、~】課題はロードカナロア以外との配合 、ラルケット 、 、 、ラルケット 、 、競走馬としてのラルケット 、繁殖牝馬ラルケットは父馬ファルブラヴ(1998-、)、母馬アズサユミ、母父サンデーサイレンスの配合で生まれた日本産のサラブレッドです。競走馬としての生涯戦績は22戦4勝。2歳シンバ戦→サフラン賞と2連勝し、クラシックも期待されましたが、最終的には重賞には手が届かず、最高戦績は2008年デイリー杯クイーンC、【ジースリー】3着になります。 、  、ラルケットの血統背景 、繫殖牝馬ラルケットの父馬ファルブラヴはノーザンダンサー系種牡馬。競走馬としてのファルブラヴの生涯戦績は26戦13勝。2002年ジャパンカップ、【ジーワン】、同年伊ミラノ大賞、【ジーワン】、2003年クイーンエリザベス2世S、【ジーワン】、同年仏イスパーン賞、【ジーワン】、同年香港カップ、【G

09/27 00:00

2024年が産駒デビューとなる新種牡馬達〜社台スタリオン編〜

ウマ娘から一口馬主を始めたサラリーマンがG1を勝つまで

(エポカドーロの母)ラルケット(ステルヴィオの母。セレクトセールで3億円で落札)といったGⅠ馬の母らに付けられています。錚々たる顔ぶれですね。 一方で、この質の初年度産駒がコケてしまうと途端に大ピンチに陥るため、デビューから1〜2年の間が、サートゥルナーリアにとっては勝負になりそうです。 〇ナダル(Blame×Pulpit) 4戦4勝種付料:400万円→400万円種付数:150頭→114頭 デビューから4連

(エポカドーロの母)ラルケット(ステルヴィオの母。セレクトセールで3億円で落札)といったジーワン馬の母らに付けられています。錚々たる顔ぶれですね。、一方で、この質の初年度サンクがコケてしまうと途端に大ピンチに陥るため、デビューから1〜2年の間が、サートゥルナーリアにとっては勝負になりそうです。、、〇ナダル(Blame×Pulpit)、4戦4勝種付料:400万円→400万円種付数:150頭→114頭、デビューから4連

09/20 19:00

ステルナティーア(22’NHKマイルC13)

愛しのサラブレッド写真館 

【ステルナティーア(22’NHKマイルC13)】今週も2022年NHKマイルC(GI)のパドック写真を掲載します。 本日登場は、13着馬ステルナティーアちゃんです。 ステルナティーア 父ロードカナロア 母ラルケット(母の父ファルブラヴ) 2019年1月26日生 牝3 美浦・木村哲也厩舎 5戦1勝(2022年8月22日現在) サウジアラビアロイヤルC(GIII)2着馬で、マイルCSの覇者ステルヴィオの全妹という良血馬は14番人気で出走、鞍上は池添謙一騎手。パドックは2人引きでも普通に落ち着いて周回。ただ、レースは中団追走も直線伸び切れず見せ場なく終わりましたが、自己ベストタイム1'33'6を記録しました。

【ステルナティーア(22’NHKマイルC13)】今週も2022年NHKマイルC(ジーワン)のパドック写真を掲載します。、、本日登場は、13着馬ステルナティーアちゃんです。、、、ステルナティーア、父ロードカナロア、母ラルケット(母の父ファルブラヴ)、2019年1月26日生、牝3、美浦・木村哲也厩舎、5戦1勝(2022年8月22日現在)、、サウジアラビアロイヤルC(ジーワンII)2着馬で、マイルCSの覇者ステルヴィオの全妹という良血馬は14番人気で出走、アンジョウは池添謙一騎手。パドックは2人引きでも普通に落ち着いて周回。ただ、レースは中団追走も直線伸び切れず見せ場なく終わりましたが、自己ベストタイム1'33'6を記録しました。

08/22 20:36

一応7月分まで集計

競馬予想~馬に真珠

-0【1260】1シャザーン 牡 ロードカナロア×クイーンズリング 友道1戦0勝 0-1-0-0【280】2ライツオブキングス 牡 エピファネイア×マキシマムドパリ 鹿戸3ウンブライル 牝 ロードカナロア×ラルケット 木村1戦1勝 1-0-0-0【700】4トラミナー 牝 サトノダイヤモンド×サマーハ5ディンディンドン 牡 ドゥラメンテ×ベルアリュールII 杉山6ルージュベルメール

-0【1260】1シャザーン、牡 ロードカナロア×クイーンズリング 友道1戦0勝、0-1-0-0【280】2ライツオブキングス、牡、、エピファネイア×マキシマムドパリ、鹿戸3ウンブライル、、牝、、ロードカナロア×ラルケット、木村1戦1勝、1-0-0-0【700】4トラミナー、、牝、、サトノダイヤモンド×サマーハ5ディンディンドン、、牡、、ドゥラメンテ×ベルアリュールII、、杉山6ルージュベルメール

08/03 22:59

クイーンSで、「防衛省向けの航空機に関わっている上場企業の会長」に注目している理由

元JRA馬主・小栗範恭のブログ

)~12日(火)に行われた今年の同セールに於いても、3億3000万円で落札した「ラルケットの2022」(牡・父サートゥルナーリア)や、2億7500万円で落札した「アウェイクの2021」(牡・父エピファネイア)など、計10頭の落札に総額15億3560万円を投じておりました(落札金額は全て税込表記)。そのため、現在は、「落札に要した資金の回収ペースを早めたい」とも考えているのでしょう。そういった中、今週

)~12日(火)に行われた今年の同セールに於いても、3億3000万円で落札した「ラルケットの2022」(牡・父サートゥルナーリア)や、2億7500万円で落札した「アウェイクの2021」(牡・父エピファネイア)など、計10頭の落札に総額15億3560万円を投じておりました(落札金額は全て税込表記)。そのため、現在は、「落札に要した資金の回収ペースを早めたい」とも考えているのでしょう。そういった中、今週

07/28 13:12

クイーンSで、「防衛省向けの航空機に関わっている上場企業の会長」に注目している理由

元JRA馬主・小栗範恭のブログ

)~12日(火)に行われた今年の同セールに於いても、3億3000万円で落札した「ラルケットの2022」(牡・父サートゥルナーリア)や、2億7500万円で落札した「アウェイクの2021」(牡・父エピファネイア)など、計10頭の落札に総額15億3560万円を投じておりました(落札金額は全て税込表記)。そのため、現在は、「落札に要した資金の回収ペースを早めたい」とも考えているのでしょう。そういった中、今週

)~12日(火)に行われた今年の同セールに於いても、3億3000万円で落札した「ラルケットの2022」(牡・父サートゥルナーリア)や、2億7500万円で落札した「アウェイクの2021」(牡・父エピファネイア)など、計10頭の落札に総額15億3560万円を投じておりました(落札金額は全て税込表記)。そのため、現在は、「落札に要した資金の回収ペースを早めたい」とも考えているのでしょう。そういった中、今週

07/28 13:11

セレクトセール2022(2日目)

競馬王オフィシャルブログ

、エピファネイア、モーリスといったところの実績を残している種牡馬たちの仔以外にもサートゥルナーリア、ブリックスアンドモルタルは比較的高値で取引されている。サートゥルナーリア産駒はカゼルタの2022が1億4000万円、ラルケットの2022が3億円、ミカリーニョの2022が2億2200万円とミリオンホースを連発。ブリックスアンドモルタルは当歳ではアウェイクの2022が3億1000万円、1歳セッションでは1頭が億超え

、エピファネイア、モーリスといったところの実績を残している種牡馬たちの仔以外にもサートゥルナーリア、ブリックスアンドモルタルは比較的高値で取引されている。サートゥルナーリアサンクはカゼルタの2022が1億4000万円、ラルケットの2022が3億円、ミカリーニョの2022が2億2200万円とミリオンホースを連発。ブリックスアンドモルタルは当歳ではアウェイクの2022が3億1000万円、1歳セッションでは1頭が億超え

07/23 17:27

(POG)地元POGシーズン14 ドラフトを終えて

deardanielの競馬&POG(が中心)のブログ

父ロードカナロア 矢作走るのか走らないのか良くわかりませんが、評判に丸乗りしてみました。矢作厩舎なら、デビューさえすれば数は使ってもらえそう。3位 ウンブライル 母ラルケット 父ロードカナロア 木村楽燕でもドラ1指名したお馬さん。地元ではドラ3で拾えました。デビュー戦は合格点。この血筋は、これからです。4位 アヘッド 母Branc Bonhour 父Frankel 中竹元々牝馬で指名したかったお馬

、父ロードカナロア、矢作走るのか走らないのか良くわかりませんが、評判に丸乗りしてみました。矢作厩舎なら、デビューさえすれば数は使ってもらえそう。3位、ウンブライル、母ラルケット、父ロードカナロア、木村楽燕でもドラ1指名したお馬さん。地元ではドラ3で拾えました。デビュー戦は合格点。この血筋は、これからです。4位、アヘッド、母Branc、Bonhour、父Frankel、中竹元々牝馬で指名したかったお馬

07/22 00:09

【2022】6・7月にデビューした有力馬まとめ(結果・血統・次走・レースタイム)

パカラポニ

が良かった。しっかりとしている”と言ってくれた。1回放牧に出て、帰ってきてからのカイ食いがいい」と評価する。「もう少し長い距離にも対応できるイメージだけど、まずは千六からでいい。血統的にも期待しています」     youtu.be ウンブライル ロードカナロア キングカメハメハ   レディブラッサム   ラルケット  ファルブラヴ

が良かった。しっかりとしている”と言ってくれた。1回放牧に出て、帰ってきてからのカイ食いがいい」と評価する。「もう少し長い距離にも対応できるイメージだけど、まずは千六からでいい。血統的にも期待しています」 、  、 、  、youtu.be 、ウンブライル 、 、 、 、ロードカナロア 、キングカメハメハ  、 、 、 レディブラッサム 、 、 、 、ラルケット、 、 ファルブラヴ

07/21 23:32

中京記念では、「幸英明君や吉田豊君の同期」から目が離せません

元JRA調教師・山田要一のブログ

3000万円で落札した「ラルケットの2022」(牡・父サートゥルナーリア)や、2億7500万円で落札した「アウェイクの2021」(牡・父エピファネイア)など、計10頭の落札に総額15億3560万円を投じておりました(落札金額は全て税込表記)。そのため、現在は、「落札に要した資金の回収ペースを早めたい」とも考えているのでしょう。そういった中、今週は、1着賞金が4300万円(馬主の取り分は8割の3440万円

3000万円で落札した「ラルケットの2022」(牡・父サートゥルナーリア)や、2億7500万円で落札した「アウェイクの2021」(牡・父エピファネイア)など、計10頭の落札に総額15億3560万円を投じておりました(落札金額は全て税込表記)。そのため、現在は、「落札に要した資金の回収ペースを早めたい」とも考えているのでしょう。そういった中、今週は、1着賞金が4300万円(馬主の取り分は8割の3440万円

07/18 18:11
操作メモ
当ページを共有する