レッドアゲート に関する記事

検索フィルタ

ヴェロックスの巻き返しなるか? それとも再び?? 菊花賞出走馬のここが気になる。

ウマブロbyアミュレット

じではあった。前走1-2番手で走って6-4着だった2頭が同枠で、今回はどうするなんだけど、前走みたいな競馬だとまた同じことになってしまうしってことでの酒井騎手は穴っぽい。この馬自身、弱い馬ではないし父は菊花賞馬のマンハッタンカフェだし、母レッドアゲートは京都芝2400mの日経新春杯で12番人気で3着だし(関係ないか)、この馬自身京都は4回走って3-3-1-1着と馬券圏内を外していない。7番人気と人

10/20 14:29

☆ディープ産駒の菊花賞(2019)

台湾と競馬をこよなく愛する不良サラリーマンのブログ

ロジャーバローズを負かしての優勝。(レッドジェニアルを本命にしながら、相手が抜け)京都コース(2・0・2・0)と得意にしているだけに、最後の一冠を奪取する母レッドアゲートは、フローラSを勝っているだけに、スタミナもある。父キングカメハメハ、母父マンハッタンカフェなら、スピード、キレ、スタミナとも大丈夫とみた。 ○⑬ヴェロックスこちらは神戸新聞杯2着。さすがに川田騎手が3着までには持ってきそ

10/20 12:00

菊花賞予想 ヴェロックス&G1で穴を空けるのは良血馬だ!

趣味こそすべて

に、レッドジェニアル(お母さんがレッドアゲート)、ビッシュの弟のホウオウサーベルか。「あのー、メイショウベルーガの子供のメイショウテンゲンも良血馬じゃないですかー?」・・・わかってはいますが、金銭的な事情で買えない。そろそろ当てないとヤバイぞ、オレ。それなのにヴェロックス1着固定の3連単。大丈夫?いや、大丈夫じゃない。なんていうのかな、自分のPATの残高、ここまでの連敗街道、菊花賞のオッズを考慮するとこれ以外は賭け

10/20 09:47

菊花賞の予想

一口とPOGと馬券と僕

馬の母レッドアゲートでどこまで説得力を持たせられるか…。 参考 10年2着ローズキングダム→ローズバド(01年オークス、秋華賞ともに2着) 16年3着エアスピネル→エアメサイア(05年秋華賞1着、オークス2着) 18年3着ユーキャンスマイル→ムードインディゴ(08年秋華賞2着) 13.ヴェロックス ダービーではサートゥルナーリアと一緒に外を回して3着。 ダービー組ではサートゥルナーリアと同じく

10/20 08:05

菊花賞予想

砂時計のくびれた場所

の趣のあるヴェロックスには、本命を打ちたくありません。仕方なく、レッドジェニアル。(出資者に怒られそう) 京都2200mや京都2400mのG2ならいくらでも印は回せますし、実際にレッドアゲートとレッドジェニアルはそのたぐいが得意。しかし菊花賞ってそういうレースでないような・・・? ホントにまぁ、仕方なしに。困ったもんです。菊花賞でなければ予想を打ち切っていますね。   [fin]                          

10/20 02:32

菊花賞

ことまけいば

で別馬のようなレースをする。前走前々走でともにヴェロックスと0.4~0.5差で得意コースに戻ればこの差もなかったことにできるのではないか。血統的にも昨年の3着馬を出している父キンカメに母はフローラS勝ち馬レッドアゲートで母父が菊花賞馬マンハッタンカフェ、距離不安はないだろう。単穴に置くのは1番人気ヴェロックス。普通に考えれば菊花賞馬はこの馬。成績的にはサトノダイヤモンドやエピファネイア同様の順番であ

10/20 01:40

菊花賞

TMの競馬予想

の舞台に替わるのはプラスに働く。ダービーでは上がり3F2位の脚を使っており、大舞台での能力発揮が楽しみ。血統は、父キングカメハメハで昨年3着ユーキャンスマイル他エアスピネルやローズキングダムがいる。この3頭には、母に秋華賞連対経験があることが共通点している。レッドジェニアルの母レッドアゲートは秋華賞14着。しかし全く京都に実績がないわけではなく日経新春杯3着がある。母父マンハッタンカフェ故に京都適性

10/20 00:52

菊花賞2019の予想!!【京都競馬芝3000m GⅠ】

ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

シフルマン父ハービンジャー母ラブリネスオブパリ(サンデーサイレンス)栗東・中尾 牡3/芦 57K 松山9戦3勝 [3-1-1-4]前走の神戸新聞杯は逃げて6着(1.2差)に健闘。とはいえ、中途半端な逃げでは前走と同様の結果になりそう。それをふまえた鞍上が、思い切った逃げに出てくれれば、、、、12番レッドジェニアル父キングカメハメハ母レッドアゲート(マンハッタンカフェ)栗東・高橋忠牡3/黒鹿 57K 酒井7

10/20 00:00

スタミナと距離適正は過去の予想。菊花賞

日南町在住、都会育ちの田舎者による血統競馬予想ブログ

m以上のレースはスタミナだけでは難しく2000~2400mを早い時計の決着で好走した馬の好走が目立っています。 血統的には母父マイル以下のスピード型を持つ馬、もしくは母系に京都長距離重賞実績のある馬が好走しています。以上を参考にして予想しました。本命and穴馬⑫レッドジェニアル母は日経新春杯3着のレッドアゲート、自身は京都新聞杯を2分11秒台で勝ち高速決着に対応しています。仮に稍重だとしても4走前

10/19 16:55

2019年菊花賞 全頭評価 その4。流れて良さそうなレッドジェニアル、流れて不安なワールドプレミア。

みやや競馬

さんキンカメよりもお母さんの影響を強く受けている印象で、レッドアゲートもフローラSを勝っているんだよね~、ただ 本番ではイマイチだったけど、この馬もトライアルホースになるのかもしれない。。ダービーでは使い詰めの疲労もあったと思うし、初輸送でもあったが走り自体は悪くなかった。未勝利戦1着がまぁまぁの内容で平均バランスで完勝している、タイムも遅いけど一応心肺機能は見せている。京都新聞杯でも長くいい脚を使ってきたし、持続力は高いものを見せている。 好材料はコース適正で京都新聞杯を勝っているので好相性。あ母さんのレッドアゲートが日経新春杯を3着しているようにコースだけでなく、長い距離もこなせる可能性がある。というのも半兄のノワールギャルソンが、ダートの2000m以上で異様に好走している、かなりパワーと持続力を求められているはずで、スピード勝負には向かないが3000mの消耗戦になれば可能性はあるともう。悪材料は高

10/18 18:54