ハニーダンサー に関する記事

検索フィルタ

ヨカヨカ 牝・3歳にして競走馬登録抹消で引退。

Rosen Konig ローゼンケーニッヒ

【ヨカヨカ 牝・3歳にして競走馬登録抹消で引退。】スクワートトルスクワートとハニーダンサーの仔で、テレビ西日本賞北九州記念などにも優勝したこともある牝馬であり、熊本市・東区の本田 土寿氏生産の九州産馬・ヨカヨカが、左第1指節骨折による、競争能力喪失で引退したことが判明しました。2018年5月13日生まれのヨカヨカ(九州の方言でいいよ、いいよの意)は、2020年6月の新馬戦でデビューして以来、3連勝を成し遂げた、黒鹿毛の牝馬で、ひまわり賞の他、テレビ西日本賞北九州記念にも出走して優勝したことがある流転の持ち主の馬です。阪神ジュベナイルフィリーズと桜花賞では、ソダシと、戦って5着と17着に入る健闘を見せた馬でした。テレビ西日本賞北九州記念(8月22日・小倉競馬場)を制覇し、スプリンターズステークスにむけて調整されていた矢先、左第1指節種子を骨折、競争能力喪失との診断が下されたとの、連絡が管理

11/04 23:59

ヨカヨカ退厩の日

しんのすけ日記

して、お母さんのハニーダンサーさん。のんびり草を喰んでます。一番左がハニーちゃん。ママ友と仲良く(^^)…って、実は仲良くしてるこの2頭、どちらも気が強いらしいですが、幸いにもウマが合うらしい(笑)ヨカヨカの退厩の日の家族の様子♪2頭とも元気でしたヨカヨカも元気でねいつかきっと、また会おうね

10/23 19:58

いよいよ、さよなら

人は遊びながら……

【いよいよ、さよなら】左第1指節種子骨の骨折により、在厩で治療を行っていたヨカヨカが、10月22日に栗東トレセンを退厩し、近郊の島上牧場へ移動することとなりました。ヨカヨカは、栗東、谷潔厩舎の3歳牝馬。父、スクワートルスクワート、母、ハニーダンサー、母父、ディンヒルダンサー。熊本産馬初の北九州記念勝ちを決め、スプリンターズステークス向けての期待が高まった矢先に無念の骨折て、競争能力を喪失し引退が決定。栗東トレセンの自厩舎で療養して、第2の馬生を送る牧場に向かう準備をしていました。経過は良好で、ギブスも はずれ日々の食欲もあったようですが、いよいよ可愛いヨカヨカちゃんとの、お別れの時が来たようです。「経過は良好ですが、まだかばっている反対側の脚に比重が掛かる状態ですし、治療も含めて2カ月ほどこちらで様子を見ようと思っています。最終チェックをしてから、22日に島上牧場へ。その先は未定です

10/22 00:04

順調に回復中

人は遊びながら……

【順調に回復中】スプリンターズSに向けて調整中の9月22日に左第1指節種子骨を骨折し、繁殖入りが決まったヨカヨカは、順調に快方に向かっています。ヨカヨカは、栗東、谷潔厩舎の3歳牝馬。父、スクワートルスクワート、母、ハニーダンサー、母父、ディンヒルダンサー。熊本産馬初の北九州記念勝ちを決め、秋に向けての期待が高まった矢先の無念の骨折でした。しばらくは栗東トレセンの自厩舎で療養して、第2の馬生を送る牧場に向かうことなる模様。「5日には患部からギプスをはずし、包帯にかえました。これだけの馬ですし、いい子どもを出してほしい」と担当の川端助手。様子を見て安全に輸送できそうならまずは近郊の牧場での静養を検討するって話も、ギブスを外す前日にはありましたし、ヨカヨカが栗東で過ごす日々もあとわずかです。寂しくなりますね。とりあえずは回復が早いのは、何よりです。

10/08 00:04

突然のさよなら

人は遊びながら……

【突然のさよなら】北九州記念(G3)で熊本産馬初のJRA重賞タイトルを手にしたヨカヨカが、9月22日、調教中の事故により左第1指節種子骨々折を発症。競走能力喪失と診断されました。ヨカヨカは、栗東、谷潔厩舎の3歳牝馬。父、スクワートルスクワート、母、ハニーダンサー、母父、ディンヒルダンサー。熊本産馬初の 北九州記念勝ちを決め、秋に向けての勢いがついたかと思われた矢先の故障でした。「今朝(22日)の調教後に地下馬道で暴れたのが原因だったようです。スプリンターズSに向けて順調にきていたので残念ですが、重賞を勝つなどよく頑張ってくれました。今後(どこで繁殖入りするか)に関しては、オーナーが決められること。競走生活は続けられなくなったけど、これからはお母さんとしていい子を出してくれると思います」と管理する谷調教師は説明。まだ3歳、志半ばの撤退は大変に悔しいものだと思います。しかしお相手を選ばない血

09/26 00:00

炎の国のスターヨカヨカ物語~前編~令和を駆けた名馬たち

競馬王オフィシャルブログ

【炎の国のスターヨカヨカ物語~前編~令和を駆けた名馬たち】 颯爽と現れ熊本産馬初の重賞タイトルをプレゼントしてケガで突然の引退。まさに疾風のようにやってきた九州産の星、火の国のスターヨカヨカ。颯爽と先行し差し切るその凛々しさは九州のみならず日本中のファンを魅了しました。 ヨカヨカ 父:スクワートルスクワート 母:ハニーダンサー 母父:Danehill Dancer 通算:10戦4勝 主な勝ち鞍:北九州記念(’21) 1.調教に入り評価は急上昇 父スクワートルスクワート、母父Danehill Dancerという血統はダートを主戦場にするような血統構成。5代血統表を見てもサンデーサイレンスもキングカメハメハも入っていないという日本競馬の基本からは外れている異端児的存在の血統です。JRAブリーズアップセールに上場されたハニーダンサーの2018は九州産馬としては異例の1000万越えで落

09/23 18:30

九州の星となれ

人は遊びながら……

【九州の星となれ】北九州記念で熊本産馬として初のJRA重賞制覇を決めたヨカヨカは、スプリンターズSへ直行する予定です。ヨカヨカは、栗東、谷潔厩舎の3歳牝馬。父、スクワートルスクワート、母、ハニーダンサー、母父、ディンヒルダンサー。「前走はたくさんの方に応援してもらい、本当にうれしい勝利だった。食べたものがしっかり実になるようになり、2歳のころとは体つきも違ってきたね。GⅠに向けてしっかりケアし、調整していきたい」と川端助手。サラブレッドと言えば北海道産が多く、九州産は少数派なのですが、その中での重賞制覇を決め、さらに人気が上昇中です。まだ3歳、可能性に満ちたこの馬のこれからに注目です。

09/09 00:00

今週のJRA・佐賀競馬九州産馬出走情報!

馬は馬連れ!

郎氏 [生産]本田土寿氏 馬名由来:火の国。同馬の生誕地である熊本より連想 (前走:小倉2着)コウエイヨカオゴ【鹿毛】(熊本産)2歳<カンパニー×ハニーダンサー > ※ローランダー・ヨカヨカの半妹 550万円 (2020年 九州1歳市場) [栗東]新谷功一厩舎 [馬主]伊東政清氏 [生産]本田土寿氏 馬名由来:冠名+美人(鹿児島弁

08/26 13:51

【キーンランドカップ(G3)】(2021血統データ分析篇)

~術はある~

)&セクレタリアトの血を持つ馬(クロス血量9.38% 4+5父方)に該当4着シゲルピンクルビー=Lyphardの血を引く馬(父母母父モガミ)に該当5着レッドアンシェル=セクレタリアトの血を持つ馬(母父母父Secretariat)に該当*優勝したヨカヨカ(牝3、栗東・谷?)は、父スクワートルスクワート×母ハニーダンサー(母父Danehill Dancer)。父スクワートルスクワート(ミスプロ系)は米国で走り

08/25 07:00

【新潟2歳S(G3)】(2021血統データ分析篇)

~術はある~

Secretariat)に該当*優勝したヨカヨカ(牝3、栗東・谷?)は、父スクワートルスクワート×母ハニーダンサー(母父Danehill Dancer)。父スクワートルスクワート(ミスプロ系)は米国で走り、ダートG12勝。主戦場はダートの短距離、7F(約1400m)まで。母父デインヒルダンサー(ND系デインヒル)。は欧州で走り、2歳時に芝のG12勝。距離は芝の6~7F(約1200~1400m)。近親

08/25 07:00
mirei
mirei
当ページを共有する