アドマイヤジュピタ に関する記事

検索フィルタ

ジャスタウェイ産駒リスト'19

Benchmark★Horses

ビッグレッドF 清水久詞 ビッグレッドF コスモパンドラ ★ ★ ナッシングバットドリームズの19 鹿 Frankel 社台F ★ ★ ノーブルジュピタの19 鹿 アドマイヤジュピタ 新冠伊藤B ★ ★ ノリミの19 栗 サマーバード 坂本 智広

02/19 19:00

武豊とアドマイヤ・蜜月時代と絶縁時代そして・・・・という小耳話(引用)

駄馬にも乾杯を

れが両者の確執に繋がり、さらには長く続く凋落の引き金となった。 アドマイヤ軍団と決別しても引く手数多だった武豊騎手だが、2010年春の落馬事故をきっかけに大きく低迷。2012年には過去最悪となる年間56勝まで勝ち星が落ち込み、引退説まで流れ始める始末だった。 一方、アドマイヤムーンを40億円で手放したアドマイヤ軍団も、翌2008年の天皇賞・春(アドマイヤジュピタ)を勝利してから、2018年の朝日杯

02/12 20:49

グランスピード 馬主【ライオンレースホース】

競馬 GI予想勝負!

({});【グランスピード 血統】 (牡4)父 キズナ母 センティナリー母父 フレンチデピュティ調教師 :西村真幸(栗東)生産者 :ノーザンファーム通算成績:6戦3勝伯父に、2008年の天皇賞(春) 優勝馬のアドマイヤジュピタがいる血統。「グランスピード」の馬名意味は、「偉大な(仏)+スピード。天性の資質を武器に偉大な存在へ」です。【グランスピード(センティナリーの2017) 1口馬主 募集価格】1口出資額 :17

02/06 16:04

2021年 根岸S 裏話

てっちゃんの競馬日記

が代表産駒で既に後継種牡馬としてサートゥルナーリアが存在している。 母はフレンチノワール。現役時代は4勝を挙げる。同じく4勝を挙げたフィルムフランセが本馬以外では代表産駒となる。 母父はフレンチデピュティ。ダート最強と名高いクロフネや天皇賞春を制したアドマイヤジュピタ、チャンピオンズカップを制したサウンドトゥルーなど主にダート方面で活躍馬を出している。母父としてはダービー馬のマカヒキや天皇賞春を制

01/28 12:56

ノーザンファームと調教師について

RACING BOOK -競馬ブログ-

のリーディングは栗東の矢作芳人厩舎でした。矢作厩舎の昨年はコントレイル(前田晋二)、モズアスコット(キャピタルシステムズ)、ジャスティン(小田吉男)、ラヴズオンリーユー(DMM)、ステイフーリッシュ(社台RH)、ダノンファラオ(ダノックス)などがいました。 昨年の2位は栗東の友道康夫厩舎でした。友道厩舎はこれまでシュヴァルグラン(佐々木主浩)、アドマイヤマーズ(近藤旬子)、アドマイヤジュピタ(近藤利一

01/20 17:40

アドマイヤビルゴからの日経新春杯考察

age-eikichiさんのブログ No pain No gain

(武豊・松田国・金子真人・2人気)8枠⑱ジャングルポケット(角田・渡辺・斉藤四方司・1人気)→第【68】回日経新春杯5枠⑨ヴェロックス(川田・須貝・金子真人・2人気)5枠⑩アドマイヤビルゴ(武豊・友道・近藤絢子・1人気)※共に芝2400M。これだと思うんですよね。どっちだ?相手はジャングルポケット産駒の④サンレイポケット?08日経新春杯も、アドマイヤジュピタ(友道)が1人気④着。勝ったのは同枠

01/16 20:48

1977年と2005年の宝塚記念を勝っているオーナーが、今日のメインレースで…

小西聖一(元調教助手・元厩務員)のブログ

週、朝の8時くらいから京都競馬場で場所取りをさせられていました。そのせいで、最初は競馬場が嫌いだった原田君ですが、周りの競馬ファンが盛り上がっている中にいる内に、レースを見るようになって、2008年、アドマイヤジュピタが勝った天皇賞・春のレース後にあった「騎手の集い」で、会場を沸かせる岩田康誠君を見て、「自分もあの集いの中に入りたい」と思ったそうです。それと、原田君は、小さい頃からずっと空手をやっ

01/16 09:35

負け負けノート(春・天版)

あたるかな?競馬予想

20年 第137回 3京4日11R 騙馬・解禁 1着 8枠14番 アドマイヤジュピタ 2着 5枠 8番 メイショウサムソン 3着 8枠13番 アサクサキングス 09年 H21年 第139回 3京4日11R 1着 1枠 2番 マイネルキッツ 2着 2枠 4番 アルナスライン 3着 6枠12番 ドリームジャーニー 10年 H22年 第141回 3京4日10R 1着 6枠12番

01/03 12:55

佐々木主浩オーナーも信頼する友道厩舎の傾向を見る

ゴータマさんのブログ

教師を目指す様になります。 2002年に厩舎を開業し2005年にはワンモワチャッターで朝日杯チャレンジカップを制し重賞初制覇。 2008年にはアドマイヤジュピタで天皇賞(春)を制しGⅠ初制覇。 2017年には佐々木オーナーのヴィブロスでドバイターフを勝ち海外GⅠ初勝利。 ダービーはマカヒキ、ワグネリアンで2度勝利しており、どちらも金子オーナーの馬。 関西の有力厩舎の中

12/26 18:35

西田雄一郎、村田一誠、畑端省吾が調教師試験合格

Whip Hand

で金銭的余裕は全くなかったが、ダービーへ出走するユーベを見る為だけに現地観戦を決行したのは良い思い出。2000年代半ばは一回こっきりの代打とはいえアドマイヤジュピタに騎乗した他、モナークやスバルといったアドマイヤの馬やマツパクの管理馬にも乗せてもらう等、中堅クラスとしては結構恵まれていたようにも思えていたが、ブログでやらかして休止に追い込まれたのとデビュー当初の主戦を務めたロゴタイプとのコンビ復活

12/24 23:57
外資系FXトレーダーが公開!本物の実力を伝授します 注文、決済、損切に迷うこと無し!経済的自由を目指して下さい!
当ページを共有する