メイショウサムソン に関する記事

検索フィルタ

中山競馬場に行ったよ

「いいとこつく印象的な馬券」

【中山競馬場に行ったよ】 船橋法典駅から地下道で、中山競馬場に入るが、地下通路にたくさんの皐月賞馬、有馬記念馬の写真がある。ロゴタイプ。Mデムーロで皐月賞を制し、年をとってからも安田記念を逃げ切った。リードホーユー。田原成貴に初の有馬記念をプレゼントした。ヤエノムテキ。この年は中山が改装工事で東京競馬場で皐月賞が行われたが、9番人気ながら優勝。2着がディクターランドで枠連でも60倍ついた。3着は後に日本ダービーを勝つサクラチヨノオー。ちょうど、相撲の横綱千代の富士が強かった時代だ。メイショウサムソン。スプリングステークス勝ちの勢いで皐月賞、日本ダービーと2冠を制した。皐月賞ではドリームパスポートの追撃を抑えて優勝した。ミホノブルボン。不良馬場だった皐月賞を4馬身差の圧勝で逃げ切った。2着ナリタタイセイで、このときは馬連を3000円持っていた。たしか、12倍ぐらいついた。おばあちゃんの49

09/15 03:50

中央競馬2歳リーディングサイアー(9月16日現在)

ブログ

勝)※海外供用、(66位)サムライハート(700万)(1勝)(66位)ドリームジャーニー(700万)(1勝)(105位)メイショウサムソン(700万)(1勝)(70位)グレンイーグルス(680万)(1勝)※海外供用、サドラーズウェルズ系(71位)スズカコーズウェイ(660万)(1勝)(72位)アルデバランⅡ(585万)(82位)エスポワールシチー(580万)(73位)ダノンゴーゴー(565万

)キャプテントゥーレ(50万)(130位)ストリートセンス(50万)※海外供用、ミスプロ系(130位)トーセンモナーク(50万) ~先週の勝ち馬~・メイショウユリシス(牝 高橋亮)メイショウサムソン×フェスティヴレディ(ブライアンズタイム)4回阪神3日ダート1400m 未勝利(牝) タイム:1分26秒9(稍重)母フェスティヴレディは未勝利。本馬は2019年JRAブリーズアップセール1512万円取引馬。おばに15年G

09/14 15:43

【2歳未勝利】(阪神1、2、3R)~メイショウユリシス、テイエムサウスダン、ベルティアラが勝利

競馬実況web - News

【【2歳未勝利】(阪神1、2、3R)~メイショウユリシス、テイエムサウスダン、ベルティアラが勝利】 阪神1Rの2歳未勝利(牝馬・ダート1400m)は2番人気メイショウユリシス(秋山真一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒9(稍重)。半馬身差の2着に1番人気オウケンラブキセキ、さらにクビ差の3着に8番人気マサハヤアンが入った。 メイショウユリシスは栗東・高橋亮厩舎の2歳牝馬で、父メイショウサムソン、母フェスティヴレディ(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は3戦1勝。 ~レース後のコメント~ 1着 メイショウユリシス(秋山真一郎騎手) 「最後はいい脚を使ってくれました。ダートも合っていると思います」 2着 オウケンラブキセキ(北村友一騎手) 「悔しいです。砂を被らず、いい位置で競馬ができました。しかし、腰に甘さがある分、坂を上がって脚が鈍るところがありま

09/14 13:45

野路菊S

ヴァルトの『陽はまた昇る』

【野路菊S】野路菊S何と5頭立てです。2年前はワグネリアンが勝っていますしメイショウサムソンやダンツフレームが勝っているレース。 今回の出走馬では③アイファーベイジュはさすがに厳しいでしょうから実質4頭か。⑤エキサイターも園田から。 血統的に見ても①②④でいいのでは。 3連単BOX6点の目で多分ガミる目が来るのだと思います。

09/14 00:29

野路菊ステークス

人生此常⊿坂路を後方一気

【野路菊ステークス】土曜阪神競馬9R芝1800mで行われる2歳馬限定オープン特別競走(別定)一昨年の勝ち馬はダービー馬のワグネリアン。2012年のそれは5歳になって宝塚記念GⅠ、天皇賞秋GⅠを優勝したラブリーデイ。2010年は後にオルフェーヴルの三冠レースにて2着をマーク、重賞はテレビ東京杯青葉賞GⅡ、日経賞GⅠを優勝したウインバリアシオン。2005年の勝ち馬は東京優駿GⅠ、皐月賞GⅠ、春秋の天皇賞GⅠ制覇のメイショウサムソン。2000年は宝塚記念GⅠを優勝、ダービー及び皐月賞で2着に入ったダンツフレーム。過去の勝ち馬からクラシック競走を含む多くのGⅠホースが産まれまた連対馬も生み出した出世レースの野路菊ステークスは、嘗ては芝のマイル戦で行われていたが、コース改装にて新たに設定された芝千八を2007年からは採用している。出世レース故にリステッド競走になるかと思われたりしたがこの時期の2歳

09/13 00:05

野路菊ステークス2019|展開予想とマイラプソディの不安要素を検証!

展開予想.com-予想家あっちゃんの競馬ブログ

【野路菊ステークス2019|展開予想とマイラプソディの不安要素を検証!】 2019年9月14日(土)に行われる3歳限定戦「野路菊ステークス」。クラシックに繋がるステップレースで、2年前の勝ち馬ワグネリアンはその後日本ダービーを、2005年の勝ち馬メイショウサムソンはその後皐月・ダービーの2冠を制しました。   // 今年の出走予定馬としては、中京の新馬戦でデビューし、スローペースの中上がり最速で差し切ったマイラプソディ、初戦は力を発揮できずに6着、前走未勝利戦ではしっかり立て直して勝利したグランスピード、小倉の新馬戦で押し切って勝利したメイショウラツワンなど頭数は少ないですが、来年のクラシックで活躍する馬はいるのでしょうか!? // // では、そんな出世レース「野路菊ステークス」のコース分析、脚質・枠別データ、予想のポイントを見ていきましょ

09/12 22:58

【デビュー馬情報】今週(9月14日/15日/16日)の確勝級の1頭は?

展開予想.com-予想家あっちゃんの競馬ブログ

にて6,000万円で募集された同馬。1週前には坂路坂路で54.5-12.5 強め とそこそこの時計。良血の底力を見せつけれるか、鞍上は北村友騎手。 中山5R 芝1600m アコルドエール(オルフェーヴル)川田 イエロージニア(ヨハネスブルグ)戸崎圭 イノセントグラム(グラスワンダー)松岡 ウインランウェイ(エピファネイア)原田和 エースインザハート(メイショウサムソン)宮崎 キャストロペトラ

09/11 21:25

2019.8.14イーストスタッド メイショウサムソン。

雪のかけらの競馬ブログ

【2019.8.14イーストスタッド メイショウサムソン。】最初の5分くらいでAFが効かなくなり、 とにかく全馬撮らないとって、馬一頭あたり30秒~1分の割り当てで、 サムソンを撮ったのも残り10数分のあたりで、一眼の写真はありません 短い時間の中、珍しくペロッってしてくれました 動画はこちら↓

09/11 19:35

フロンテアクイーン(19’ヴィクトリアマイル15)

愛しのサラブレッド写真館 

【フロンテアクイーン(19’ヴィクトリアマイル15)】今日は、ヴィクトリアマイル(GI)15着馬フロンテアクイーンちゃんを掲載します。 フロンテアクイーン 父メイショウサムソン 母ブルーボックスボウ(母の父サンデーサイレンス) 2013年4月23日生 牝6 美浦・国枝栄厩舎 27戦3勝(2019年9月10日現在) パドックは、いつも激しく気合いを表に出すタイプですが、この日は時折小走りになる程度でいつもよりは落ち着いていました。ただ、レースは中団から伸びを欠きいいところがありませんでした。

09/10 15:34

ローズSとセントライト記念を勝って、セール資金を潤沢にしておきたいのでしょう

パーフェクトホースマンズ・小栗範恭のブログ

理事長(当時)といった競馬関係者や、元首相の森喜朗氏といった著名人などを含め、1000人ほどが出席しとったんで、多くの人が、松本オーナーを大いに尊敬しとるんやろ。JRA馬主としての松本オーナーは、キャリアが30年以上っちゅう大ベテランで、今までに1500頭以上を所有しとるし、メイショウドトウで勝った2001年の宝塚記念や、メイショウボーラーで勝った2005年のフェブラリーSや、メイショウサムソンで勝った2006年の皐月賞とダービーや、メイショウマンボで勝った2013年のオークスと秋華賞とエリザベス女王杯とか、GIレースをいくつも勝っとって、2007年は、メイショウサムソンの活躍とかで、重賞を6勝して、キャリアハイの「15億4865万円」っちゅう賞金を稼いどりましたわ。せやけど、それからは、この数字を一度も超えとらんし、去年までの3年間も、2016年→62勝・獲得賞金10億2728万円

09/09 20:16