ヴィートマルシェ に関する記事

検索フィルタ

ソダシ敗れる 新王者を目指して

毎日が一口馬主!

秒台で走っており、更なる地力強化で今が旬の頃合いとなってきている。 また、前走3着馬が、昨日のチャンピオンズCでも3着に善戦した点は朗報だった。 バーデンヴァイラー 3歳牡 父ドゥラメンテ、母ヴィートマルシェ、斉藤崇厩舎 11日の阪神2勝クラスに出走予定。ご存じ、母の母はキョウエイマーチ。 そして半姉のマルシュロレーヌが、ブリーダーズCディスタフ制覇の偉業を達成した。 もう、芝をお試している

12/06 15:05

【週間ダート臨時号】マルシュロレーヌの偉業

ダート専門-砂の祭典-

なかったので謝るのは当然である。 父オルフェーヴル 母ヴィートマルシェ 祖母はキョウエイマーチで祖父はダンシングブレーヴに辺り曲解された解釈ではその昔日本は種牡馬の墓場まで言われていたがこの日本らしい血統で見事アメリカダートを制したのだ。 世界中の良血が日本で時間を掛け育んだ集大成の様な結果で今回で日本の馬産について世界的に見直される大きな転換期が訪れた様に思う。 それだけ今回は日本が世界に見

11/14 03:11

世界の砂の女王へ

人は遊びながら……

【世界の砂の女王へ】11月7日(現地時間6日)、米、デルマー競馬場、ダート1800mにて、ブリーダーズCディスタフ(G1)が行われました。レースは、早い流れの中、マーフィー騎手騎乗のマルシュロレーヌが後方3番手から脚をため、3コーナーあたりで外から進出、4角で先頭に躍り出ると、直線で内から追撃するダンバーロードをハナ差でしのいでの勝利。1着、マルシュロレーヌ。2着、ダンバーロード。3着、マラサート。勝ち時計は、1分47秒67(良)。マルシュロレーヌは、栗東、矢作芳人厩舎の5歳牝馬父、オルフェーヴル、母、ヴィートマルシェ、母父、フレンチデピュティ。母の母が桜花賞馬のキョウエイマーチという、中々に味わい深い良血。日本調教馬による海外国際ダートG1の制覇は今回が初となる(ヴィクトワールピサがドバイワールドカップを制しているけれど、あの時はダートではなくオールウェザーでした)。はじめは芝を使わ

11/11 00:02

久々のソルドラード(11/6レース結果)

くらむの一口馬主日記!

【久々のソルドラード(11/6レース結果)】こんばんは、くらむです。 先日のBCは熱かったですね!!ラヴズオンリーユーのBCフィリー&メアターフ制覇、マルシュロレーヌのBCディタフ制覇!両馬ともに素晴らしいのですが、アメリカダートを制したマルシュロレーヌには脱帽です。母ヴィートマルシェの仔だしの良さを改めて認識しました。 ちなみにマルシュロレーヌは「最優先:×1抽選、母馬優先:当選」だったようで。母馬優先て本当に大事ですね笑 私は母馬優先のある馬が少ないのですが、少ないながらもその産駒たちには積極的に出資していきたいと思います。 さて!本日は土曜日に府中へ臨場しましたので、写真とともに振り返りたいと思います。 ■11/6(土)東京9R・アヴェラーレ・神奈川新聞杯・ルメール騎手・・2着 まずはアヴェラーレ。3歳牝馬にして54㎏。実質トップハンデでの出走でした。意外にも?初めての対面だったよ

11/09 18:30

矢作芳人厩舎のラヴズオンリーユーとマルシュロレーヌが歴史的快挙、日本馬初のアメリカ競馬最高峰ブリダーズC制覇

愛しのサラブレッド写真館 

した。なお、彼女の血統を見ると祖母が桜花賞馬キョウエイマーチで、さらに母方を遡るとオグリキャップを出したクインナルビーの祖母シユリリーに辿り着くというのですから、オールドファンにはたまらない血脈です。 マルシュロレーヌ 父オルフェーヴル 母ヴィートマルシェ(母の父フレンチデピュティ) 2016年2月4日生 牝5 鹿毛 安平 ノーザンファーム生産 栗東・矢作芳人厩舎 21戦9勝(2021年11月8日現在

11/08 22:48

ここから流れが変わったのね

直線ボヤッ記ー

【ここから流れが変わったのね】昨日は朝から嬉しいニュースが。アメリカ🇺🇸のブリーダーズカップに日本🇯🇵馬が2頭優勝しました。そのうちの1頭はキャロットのマルシュロレーヌ。カピしんやさん、改めておめでとうございます🎉カピさんとはリスグラシューはご一緒でしたが、17年のドラフトはバツ1でヴィートマルシェの16に申し込み明暗が分かれましたリスグラシューの時は後にシルクが控えていたので、予算を残して1口で申し込み、後のシルクは実績で全滅だったので、この年はキャロットで初めて最優先を2口で申し込むもハズレ翌年のバツ2は関西で欲しい馬と、募集価格が合わず関東募集で過去に半姉がハズレていたジャッキーテーストの17に申込み。後のエクスプレッサーはデビュー戦1番人気で2着も、結局そのレースがキャリアハイで未勝利引退バツ2で未勝利引くとダメージが大きく、次のバツ無し最優先のケルシャンスの18

11/08 22:42

ディスタフ

ミスプロの海外競馬

馬ファンタスティックライトを破り、さらにはG1の香港ヴァーズも制したこと、種牡馬としては50頭以上のステークスウイナー(リステッド含む)を輩出していることなどを紹介した。 さらに牝系についても深く言及。堅実な繁殖牝馬として活躍するヴィートマルシェの母は、桜花賞馬キョウエイマーチ(その父ダンシングブレーヴ)。その5代母は1953年の天皇賞・秋を制した名牝クインナルビー。日本においてその牝系

11/08 21:46

ラヴズオンリーユーとマルシュロレーヌの血統と戦歴

RACING BOOK -競馬ブログ-

でした。4頭のうち牝馬はヴィートマルシェだけ。そのヴィートマルシェとオルフェーブルの間に生まれたのがマルシュロレーヌでした。 ラヴズオンリーユーとマルシュロレーヌは5歳牝馬。5歳牝馬と言えばクロノジェネシス、グランアレグリア、ダノンファンタジー、カレンブーケドールなど牝馬豊作の年代ですね。

11/08 17:52

ユニオンヘッドライン2021(11/8付)

ユニオンオーナーズクラブ公式ブログ  スタッフ★ダイアリー

」の「ブリーダーズカップディスタフ」(ダート9F)で、PEGASUS31(牝1歳、父レッドファルクス、母カラフルロマンス、美浦・伊藤大士厩舎予定、稲葉牧場生産)と同じファミリー(シュリリー系)のマルシュロレーヌ(牝5歳、父オルフェーヴル、母ヴィートマルシェ、栗東・矢作芳人厩舎)が、後方から脚を伸ばすと、ゴール前の接戦を制して優勝。史上初の日本調教馬による海外ダートGI制覇の快挙を達成した。マルシュロレーヌの七代母、PEGASUS

11/08 10:53

BC日本調教馬制す!

umaライフを楽しみましょう

【BC日本調教馬制す!】いやーー驚きました。日本調教馬が、ダート本場アメリカのBCディスタフ(ダ1800m 牝)を勝っちゃいましたね。マルシュロレーヌはヴィートマルシェの仔で、生粋のキャロアワーブラッドです。しかもオルフェの仔だったんや。国内では重賞勝ちこそありましたが、特に目立った存在ではなかったように思います。異例ずくめの大快挙ですね。これまでの成績からまず、BCに挑戦すること自体、無謀ではと思われた方も多いでしょう。陣営の決断も素晴らしいですし、騎乗したO.マーフィーも早めに上がっていって、最後は鼻差でしたね。素晴らしい騎乗でした。マルシュロレーヌの根性は素晴らしかった。もう5歳ですので、これで引退でしょうか? 最後にとんでもない大輪の花を咲かせましたね。歴史に残る大偉業だと思います。出資者の皆様、関係者の皆様、おめでとうございます。BCフィリー&メアターフ(芝2200m 牝)の方

11/08 05:49
mirei
mirei
当ページを共有する