ディープインパクト に関する記事

検索フィルタ

第68回 産経賞オールカマー【GⅡ】競走成績

ナオコツのKEIBAライフ

,650円[馬単]2→123,660円[3連複]1-2-332,870円[3連単]2→1→3246,180円【優勝馬プロフィール】ジェラルディーナGeraldina(JPN)牝馬4歳鹿毛2018年5月12日生[父]モーリス(2011)[母]ジェンティルドンナ(2009)[母父]ディープインパクト(2002)[母母]ドナブリーニ(2003)[主な近親]ドナウブルーロジャーバローズ[馬主](有

,650円[馬単]2→123,660円[3連複]1-2-332,870円[3連単]2→1→3246,180円【優勝馬プロフィール】ジェラルディーナGeraldina(JPN)牝馬4歳鹿毛2018年5月12日生[父]モーリス(2011)[母]ジェンティルドンナ(2009)[母父]ディープインパクト(2002)[母母]ドナブリーニ(2003)[主な近親]ドナウブルーロジャーバローズ[馬主](有

09/29 05:34

第70回 神戸新聞杯(菊花賞トライアル)【GⅡ】競走成績

ナオコツのKEIBAライフ

,260円[馬単]7→663,220円[3連複]2-6-770,330円[3連単]7→6→2453,670円【優勝馬プロフィール】ジャスティンパレスJustin Palace(JPN)牡馬3歳青鹿毛2019年4月12日生[父]ディープインパクト(2002)[母]パレスルーマー(2003)[母父]Royal Anthem(1995)[母母]Whisperifyoudare(1997)[馬主]三木正浩氏[調教

,260円[馬単]7→663,220円[3連複]2-6-770,330円[3連単]7→6→2453,670円【優勝馬プロフィール】ジャスティンパレスJustin、Palace(JPN)牡馬3歳青鹿毛2019年4月12日生[父]ディープインパクト(2002)[母]パレスルーマー(2003)[母父]Royal、Anthem(1995)[母母]Whisperifyoudare(1997)[馬主]三木正浩氏[調教

09/29 05:32

ディープインパクト×リローンチ×馬格

(note)配合パズル工房

ディープインパクト×リローンチ×馬格】 ディープインパクトが晩年に送り出した牡駒において、『リローンチ』の血とのニックスは絶大な存在感を見せています。先週の神戸新聞杯を勝ったジャスティンパレス。そのジャスティンを昨年末のホープフルSで破ったキラーアビリティ。さらにそのレースで2頭と一緒に出走していたコマンドライン。みんな同じリローンチ仲間です。 このニックスは、ディープインパクトに足りない強靭な筋肉を、リローンチのパワーによって補えるのが成功の秘訣です。ただし、ここには興味深い傾向がひとつあります。それは馬体重(馬格)によってタイプが違って出るということ。続きをみる

ディープインパクト×リローンチ×馬格】、ディープインパクトが晩年に送り出した牡駒において、『リローンチ』の血とのニックスは絶大な存在感を見せています。先週の神戸新聞杯を勝ったジャスティンパレス。そのジャスティンを昨年末のホープフルSで破ったキラーアビリティ。さらにそのレースで2頭と一緒に出走していたコマンドライン。みんな同じリローンチ仲間です。、、このニックスは、ディープインパクトに足りない強靭な筋肉を、リローンチのパワーによって補えるのが成功の秘訣です。ただし、ここには興味深い傾向がひとつあります。それはバタイ重(馬格)によってタイプが違って出るということ。続きをみる

09/29 05:29

1歳馬の出資を総括しておこう<血統>¯\_(ツ)_/¯

コータロー 競馬エンゲル係数=87.5%

【1歳馬の出資を総括しておこう¯\_(ツ)_/¯】 1歳馬 昨日に続いて、出資1歳馬の総括 今日は血統やね 改めて思うねんけど・・・ 出資する際に 種牡馬から入って選ぶ 繫殖牝馬から入って選ぶ 冒頭から冴えない不明な問い 種牡馬から入って選ぶ・・・ 「父○○○○○○産駒だから」 後付けでも使うセリフでもあるがこれってど~なんやろか・・・ 例えば・・・ディープインパクトでさえ コントレイルキズナ こんなスーパーな産駒もいれば デビュー戦でタイムオーバー未勝利で終わる馬 そんな馬もいるわけで・・・ 要するに 能力のピンキリ度合い、差が大きすぎる と思うわけである まぁ年間100~200頭も種付けするから差が生じやすいのもやむなし 以前、youtube、セレクトセール ノーザンファームの代表がこれからの種牡馬の展望そんな感じの問いを受け 「種牡馬

【1歳馬の出資を総括しておこう¯\_(ツ)_/¯】、1歳馬、、、昨日に続いて、出資1歳馬の総括、今日は血統やね、、改めて思うねんけど・・・、、出資する際に、、種牡馬から入って選ぶ、繫殖牝馬から入って選ぶ、、冒頭から冴えない不明な問い、、種牡馬から入って選ぶ・・・、「父○○○○○○サンクだから」、後付けでも使うセリフでもあるがこれってど~なんやろか・・・、、例えば・・・ディープインパクトでさえ、、コントレイルキズナ、、こんなスーパーなサンクもいれば、、デビュー戦でタイムオーバー未勝利で終わる馬、、そんな馬もいるわけで・・・、、、要するに、能力のピンキリ度合い、差が大きすぎる、、と思うわけである、まぁ年間100~200頭も種付けするから差が生じやすいのもやむなし、、、以前、youtube、セレクトセール、ノーザンファームの代表がこれからの種牡馬の展望そんな感じの問いを受け、、「種牡馬

09/29 05:29

柏木集保先生の見解 神戸新聞杯

Gブロ

【柏木集保先生の見解 神戸新聞杯】混戦模様の菊花賞へ展望が広がった 注目の新星パラレルヴィジョン(父キズナ)、ボルドグフーシュ(父スクリーンヒーロー)、さらには日本ダービーで先着を許したプラダリア(父ディープインパクト)を封じて、3馬身半差の完勝を決めたのはジャスティンパレス(父ディープインパクト)だった。 「60秒0-(12秒5)-58秒6」=2分11秒1の勝ち時計と、3馬身半差の圧勝は予測以上だった。もちろんレースの流れも、同じような位置から直線で抜け出したあと馬なりだった2020年コントレイル(父ディープインパクト)と印象は大きく異なるが、コントレイルの中京の神戸新聞杯は2分12秒5「59秒9-(12秒3)-60秒3」だった。 2歳12月の「ホープフルS」2着の後、「皐月賞」は9着、「日本ダービー」も9着でやや評価を落としていたが、今年、日本ダービー5着以内、皐月賞5着以

【柏木集保先生の見解、神戸新聞杯】混戦模様の菊花賞へ展望が広がった、、、、注目の新星パラレルヴィジョン(父キズナ)、ボルドグフーシュ(父スクリーンヒーロー)、さらには日本ダービーで先着を許したプラダリア(父ディープインパクト)を封じて、3馬身半差の完勝を決めたのはジャスティンパレス(父ディープインパクト)だった。、、「60秒0-(12秒5)-58秒6」=2分11秒1の勝ち時計と、3馬身半差の圧勝は予測以上だった。もちろんレースの流れも、同じような位置から直線で抜け出したあと馬なりだった2020年コントレイル(父ディープインパクト)と印象は大きく異なるが、コントレイルの中京の神戸新聞杯は2分12秒5「59秒9-(12秒3)-60秒3」だった。、、、2歳12月の「ホープフルS」2着の後、「皐月賞」は9着、「日本ダービー」も9着でやや評価を落としていたが、今年、日本ダービー5着以内、皐月賞5着以

09/29 00:30

引き続き武豊さんと

人は遊びながら……

【引き続き武豊さんと】9月25日の神戸新聞杯で2着となったヤマニンゼストは、引き続き武豊とのコンビで10月23日、阪神、芝内3000mで行われる菊花賞(G1)へ向かいます。ヤマニンゼストは、栗東、千田輝彦厩舎の3歳牡馬。父、シンボリクリスエス、母、ヤマニンバステト、母父、ディープインパクト。「前走はジョッキーがうまく乗ってくれました。豊さんも〝距離は大丈夫そう〟と言ってくれたし、操縦性も高い馬なので。夏も使ってきているので疲れのないよう持っていきたい」と千田調教師。確かに武豊騎手の好騎乗も光りましたよね。このコンビこの先も期待して見守りたいですね。

【引き続きタケユタカさんと】9月25日の神戸新聞杯で2着となったヤマニンゼストは、引き続きタケユタカとのコンビで10月23日、阪神、芝内3000mで行われる菊花賞(ジーワン)へ向かいます。ヤマニンゼストは、栗東、千田輝彦厩舎の3歳牡馬。父、シンボリクリスエス、母、ヤマニンバステト、母父、ディープインパクト。「ゼンソウはジョッキーがうまく乗ってくれました。豊さんも〝距離は大丈夫そう〟と言ってくれたし、操縦性も高い馬なので。夏も使ってきているので疲れのないよう持っていきたい」と千田調教師。確かにタケユタカ騎手の好騎乗も光りましたよね。このコンビこの先も期待して見守りたいですね。

09/29 00:00

ワラウカド2021年世代 出資馬紹介

さるうま!!!

が活きる舞台、中山とか阪神とかが向くのかなと。それはそれとして、これもレビューで指摘した“ドレフォンが持つPretty Polly=Mirandaを含む底力の血”を活かした配合をしている、という部分には元から魅力を感じていました。現時点でジオグリフに次ぐ産駒総賞金額2位のカワキタレブリーも、母の父ディープインパクトの牝系にDonatello(4代母がPretty Polly)を持つということで、同様

は“ディープインパクト×Galileo×デインヒルのSaxon Warriorに、定石通りStorm CatやGone Westを持ってきた”ところ、何が定石なのかは配合レビュー見てね(^w^)さらに、この仔の場合は“ザフィーナの父CasamentoはStorm CatにMachiavellianにBuckpasserだからブルードメアサイアーとして成功しそう、すなわちザフィーナは母親として成功しそう”というのも魅力

が活きる舞台、中山とか阪神とかが向くのかなと。それはそれとして、これもレビューで指摘した“ドレフォンが持つPretty、Polly=Mirandaを含む底力の血”を活かした配合をしている、という部分には元から魅力を感じていました。現時点でジオグリフに次ぐサンク総賞金額2位のカワキタレブリーも、母の父ディープインパクトの牝系にDonatello(4代母がPretty、Polly)を持つということで、同様

は“ディープインパクト×Galileo×デインヒルのSaxon、Warriorに、定石通りStorm、CatやGone、Westを持ってきた”ところ、何が定石なのかは配合レビュー見てね(^w^)さらに、この仔の場合は“ザフィーナの父CasamentoはStorm、CatにMachiavellianにBuckpasserだからブルードメアサイアーとして成功しそう、すなわちザフィーナは母親として成功しそう”というのも魅力

09/28 23:57

2022 スプリンターズステークス 過去10年のデータと傾向

TURFに吹く風

スウェプトオーヴァーボード 2-1-1-3 28.6% 42.9% 57.1% 20.0% 13.3% キングカメハメハ 2-1-0-7 20.0% 30.0% 30.0% 20.0% 10.0% アドマイヤムーン 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0% 10.0% 10.0% ディープインパクト 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0% 10.0% 6.7% クロフネ 1-1-0

、、、スウェプトオーヴァーボード、2-1-1-3、28.6%、42.9%、57.1%、20.0%、13.3%、、、キングカメハメハ、2-1-0-7、20.0%、30.0%、30.0%、20.0%、10.0%、、、アドマイヤムーン、1-1-1-7、10.0%、20.0%、30.0%、10.0%、10.0%、、、ディープインパクト、1-1-0-8、10.0%、20.0%、20.0%、10.0%、6.7%、、、クロフネ、1-1-0

09/28 23:43

2022スプリンターズS(GⅠ)予想

犬でもできる競馬血統予想

米国型 12回 欧州型 7回 ・母父の好走数 日本型 5回 米国型 12回 欧州型 13回     <血統のワン!ポイント>(過去10年) ・3着内の種牡馬を調べるとキングカメハメハ、アドマイヤムーン、スウェプトオーヴァーボード、ディープインパクトが最多で3回、ダイワメジャー、フジキセキ、ロードカナロアが2回で続く ・上記種牡馬を見ても目立つのは父大系統ミスプロ系。サンデー系(ディープ系)はここ2年で息を吹き返しつつはあるが、本質はミスプロ系の方が上。 ・父ミスプロ系の中ではフォーティナイナー系、ゴーンウエスト系といった米国型血統g優位。当サイトでは欧州型に分類をしているキンカメ系も好相性。(キンカメ系はキングマンボの影響で仕方なく欧州型に分類しているイメージで幅広く種牡馬を出す) ・母父でとにかく目立つのはダンジグ系。過去3年で馬券になった9頭の内4頭が母父ダンジグ系

、、米国型、12回、、欧州型、、7回 、・母父のコウソウ数、日本型、、5回、、米国型、12回、、欧州型、13回 、  、  、<血統のワン!ポイント>(過去10年) 、・3着内の種牡馬を調べるとキングカメハメハ、アドマイヤムーン、スウェプトオーヴァーボード、ディープインパクトが最多で3回、ダイワメジャー、フジキセキ、ロードカナロアが2回で続く 、・上記種牡馬を見ても目立つのは父大系統ミスプロ系。サンデー系(ディープ系)はここ2年で息を吹き返しつつはあるが、本質はミスプロ系の方が上。 、・父ミスプロ系の中ではフォーティナイナー系、ゴーンウエスト系といった米国型血統g優位。当サイトでは欧州型に分類をしているキンカメ系も好相性。(キンカメ系はキングマンボの影響で仕方なく欧州型に分類しているイメージで幅広く種牡馬を出す) 、・母父でとにかく目立つのはダンジグ系。過去3年で馬券になった9頭の内4頭が母父ダンジグ系

09/28 23:13

菊花賞談義)レベル?菊花賞は菊花賞なのだ!

駄馬にも乾杯を

最低」レベルとなるのではないかと危惧する声が後を絶たない。   JRA菊花賞(G1)「史上最低」レベルの風評に異議あり!? ディープインパクトやオルフェーヴル超えの魅力、酷評されたあのレースから「希望の星」が登場 先週末の神戸新聞杯(G2)でトライアルも終了し、菊花賞(G1)に出走を予定するメンバーの顔触れも、徐々にハッキリとしてきた。 3着以内に入って優先出走権を... GJ | 真剣勝負

最低」レベルとなるのではないかと危惧する声が後を絶たない。、 、、、JRA菊花賞(ジーワン)「史上最低」レベルの風評に異議あり!?、ディープインパクトやオルフェーヴル超えの魅力、酷評されたあのレースから「希望の星」が登場、、先週末の神戸新聞杯(ジーツー)でトライアルも終了し、菊花賞(ジーワン)に出走を予定するメンバーの顔触れも、徐々にハッキリとしてきた。、3着以内に入って優先出走権を...、GJ、|、真剣勝負

09/28 21:58
操作メモ
当ページを共有する