ケイエスアカリ に関する記事

検索フィルタ

中央競馬2歳リーディングサイアー(8月16日現在)

ブログ

たのか道中早目にムチが飛ぶ展開で押し切ったのは立派だが3歳夏のクラス編成があるまではOPで走ることになり苦戦は免れないだろう。このレベルなので仮にこのまま勝てないとしても早期に獲れるべきところをキッチリ獲った本馬のオーナーサイドらしい見事な戦略という評価にしたい。 2019年主な出走馬1着ルーチェデラヴィタ ・アンチエイジング(牝 小桧山)メイショウボーラー×ケイエスアカリ(フジキセキ)2回札幌2日芝1200m 未勝利 タイム:1分10秒9(良)母ケイエスアカリは500万勝利の2勝。本馬は10番子。近親に13年G2阪神スプリングジャンプなど障害重賞2勝のシゲルジュウヤク。初戦は函館ダート1000mで5着。6番人気で出走した今回は好スタートも他馬が速く先行集団を見る形の8頭立て7番手から、3~4コーナー中間点辺りで動き出し前が止まったこともあり差し切って初勝利。芝替わりが良かったというよりも相手関係

08/17 12:58

アンチエイジング 馬主【福田光博】

競馬 GI予想勝負!

【アンチエイジング 馬主【福田光博】】「アンチエイジング 馬主【福田光博】」の記事を紹介します。今日8月16日(日)に、2歳未勝利戦(札幌1R、芝1200m)が行われました。優勝馬のアンチエイジングの馬主がちょっと気になったので、調べてみました。アンチエイジングの馬主は、福田光博(ふくだみつひろ)さんです。福田光博さんは、2011年1月にサクセスブリンク号でJRA馬主デビュー。【冠名】 サバイバル【勝負服色】 紫、黄星散、黄袖紫一本輪(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});【アンチエイジング 血統】 (牝2) 父 メイショウボーラー母 ケイエスアカリ母父 フジキセキ調教師 :小桧山悟(美浦)生産者 :高柳隆男通算戦績:2戦1勝母ケイエスアカリは、ダート1000mで2勝挙げました。「アンチエイジング」の馬名意味は、「老化

08/16 16:56

【2歳未勝利】(札幌1R)アンチエイジングが直線追い込んで初勝利

競馬実況web - News

【【2歳未勝利】(札幌1R)アンチエイジングが直線追い込んで初勝利】 札幌1Rの2歳未勝利(芝1200m)は6番人気アンチエイジング(山田敬士騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒9(良)。1馬身差の2着に1番人気ボルゲリ、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気ショウナンアシュアが入った。 アンチエイジングは美浦・小桧山悟厩舎の2歳牝馬で、父メイショウボーラー、母ケイエスアカリ(母の父フジキセキ)。通算成績は2戦1勝。 レース後のコメント 1着 アンチエイジング(山田敬士騎手) 「初めての芝で、二の脚がつくまで時間はかかりましたが、自分のペースで行けて終いはしっかり走れました。新馬の時から、直線でモタれるところがあり、今日は少し良くなっていましたが、まだモタれていました。そのあたりが改善してくれば、クラスが上がっても十分やれると思います」 2着 ボルゲリ(古川吉洋

08/16 13:31
当ページを共有する