ブラックタイド に関する記事

検索フィルタ

2018~2021年の京成杯AHのレーティング表と適性値分析結果③(3/3)

HERE IS THE NEWS【競馬section】

(ディープインパクト)準A -P+準A準AA10カラテ(トゥザグローリー)A P/A準A準S6 11バスラットレオン(キズナ)準S-準SS準AP+ 12カレンシュトラウス(ルーラーシップ)A AAS 準A 準S 713スマートリアン(キズナ)A P+準AAAB14マイスタイル(ハーツクライ)AA -準A/B+815アカノニジュウイチ(ブラックタイド)A AAB- A16スマイルカナ(ディープインパクト)P//準AP

(ディープインパクト)準A、-P+準A準AA10カラテ(トゥザグローリー)A、P/A準A準S6、11バスラットレオン(キズナ)準S-準SS準AP+、12カレンシュトラウス(ルーラーシップ)A、AAS、準A、準S、713スマートリアン(キズナ)A、P+準AAAB14マイスタイル(ハーツクライ)AA、-準A/B+815アカノニジュウイチ(ブラックタイド)A、AAB-、A16スマイルカナ(ディープインパクト)P//準AP

07/06 00:54

柏木集保先生の見解 ラジオNIKKEI賞

Gブロ

頭絡む伝統は守られた。合わせて、15頭の伏兵のうち14頭がハンデ「53-54キロ」。そのパターンも継続された。まだキャリアの浅い3歳馬同士だけに、秘める能力とハンデの一致はきわめて難しく、微妙な評価になる中間ハンデ馬が穴馬になる。 勝ったフェーングロッテン(父ブラックタイド)は先手主張かと思えたが、スタートもう一歩。ブリンカー装着馬の馬群のイン追走は苦しいはずだが、テン乗りだった前回の白百合S

だが、フェーングロッテンの今回も8戦目。気難しいのではなく、「気持ちに幼さが残っている(松若騎手)」と評するように、確かに若い面はあっても、対応力に優れレースへの理解力のある聡明なタイプなのだろう。でなければ、6秒8もの大敗タイムオーバーから3戦目に、狭いインをこじ開けて重賞制覇などできない。 中距離タイプに成長すると思えるが、同じブラックタイド産駒のキタサンブラックと類似した血統背景でもあり、この秋に大きく変わる

頭絡む伝統は守られた。合わせて、15頭の伏兵のうち14頭がハンデ「53-54キロ」。そのパターンも継続された。まだキャリアの浅い3歳馬同士だけに、秘める能力とハンデの一致はきわめて難しく、微妙な評価になる中間ハンデ馬が穴馬になる。、、、勝ったフェーングロッテン(父ブラックタイド)は先手主張かと思えたが、スタートもう一歩。ブリンカー装着馬の馬群のイン追走は苦しいはずだが、テン乗りだった前回の白百合S

だが、フェーングロッテンの今回も8戦目。気難しいのではなく、「気持ちに幼さが残っている(松若騎手)」と評するように、確かに若い面はあっても、対応力に優れレースへの理解力のある聡明なタイプなのだろう。でなければ、6秒8もの大敗タイムオーバーから3戦目に、狭いインをこじ開けて重賞制覇などできない。、、、中距離タイプに成長すると思えるが、同じブラックタイドサンクのキタサンブラックと類似した血統背景でもあり、この秋に大きく変わる

07/06 00:30

返し馬で物見はしたけれど

人は遊びながら……

【返し馬で物見はしたけれど】7月3日(日曜)、福島競馬場6R、芝、1200mにて、2歳新馬戦が16頭だてで行われました。レースは、カッテミルが先手をとる展開。パルフュメとセイウンスイートが並んでその後に続く。石橋脩騎手騎乗の1番人気チカポコは、好位追走。最後の直線、チカポコは馬群を間を割って鋭く伸び、ゴール前先に抜け出したパルフュメをクビ差とらえて勝利。1着、チカポコ。2着、パルフュメ。3着、カッテミル。勝ち時計は、1分10秒4(良)。チカポコは、栗東、西園正都厩舎の2歳牝馬。父、ブラックタイド、母、アスペンアベニュー、母父、トワイニング。「先生(西園正師)からは、スピードがあるし頑張れると聞いていたので、その気持ちで乗った。初めてで返し馬でもかなり物見をしていたので、前に馬を置かないと集中できないと思った。返し馬でその点が分かったのは良かった。しまいの反応もすごく良かったです」と石橋騎手。ま

【返し馬で物見はしたけれど】7月3日(日曜)、福島競馬場6レース、芝、1200mにて、2歳シンバ戦が16頭だてで行われました。レースは、カッテミルが先手をとる展開。パルフュメとセイウンスイートが並んでその後に続く。石橋脩騎手騎乗の1番人気チカポコは、好位追走。最後の直線、チカポコは馬群を間を割って鋭く伸び、ゴール前先に抜け出したパルフュメをクビ差とらえて勝利。1着、チカポコ。2着、パルフュメ。3着、カッテミル。勝ち時計は、1分10秒4(良)。チカポコは、栗東、西園正都厩舎の2歳牝馬。父、ブラックタイド、母、アスペンアベニュー、母父、トワイニング。「先生(西園正師)からは、スピードがあるし頑張れると聞いていたので、その気持ちで乗った。初めてで返し馬でもかなり物見をしていたので、前に馬を置かないと集中できないと思った。返し馬でその点が分かったのは良かった。しまいの反応もすごく良かったです」と石橋騎手。ま

07/06 00:02

シルクHC 2022年度募集予定馬(厩舎・金額追加)

なんでも競馬レビュー

30ミュージカルウェイの21リアルスティール牡ノーザンF12木村哲也31レツィーナの21リアルスティール牝ノーザンF4.8高橋文雅32ユキチャンの21ヘニーヒューズ牡ノーザンF8宮田敬介33アズールムーンの21ブラックタイド牡ノーザンF6田中博康34サンドミエシュの21リオンディーズ牝坂東牧場3青木孝文35ヴァイスハイトの21ブリックスアンドモルタル牡ノーザンF6池上昌和36バラダガールの21

30ミュージカルウェイの21リアルスティール牡ノーザンF12木村哲也31レツィーナの21リアルスティール牝ノーザンF4.8高橋文雅32ユキチャンの21ヘニーヒューズ牡ノーザンF8宮田敬介33アズールムーンの21ブラックタイド牡ノーザンF6田中博康34サンドミエシュの21リオンディーズ牝坂東牧場3青木孝文35ヴァイスハイトの21ブリックスアンドモルタル牡ノーザンF6池上昌和36バラダガールの21

07/05 20:57

【種牡馬の傾向】福島競馬場

●まじで競馬に独り言●

狙い可能、 逆にルーラーシップは人気馬のピックアップがかぎ。<ダークホース>・回収も含めた注目はリオンディーズ。・モーリス、キズナ、ブラックタイドも率はよく、人気馬が安定している感。◇福島芝2,000m<傾向>・単勝回収率72、複勝回収率82とこちらもひも穴傾向。<TOP3>・このコースは種牡馬の差が小さく、群雄割拠。・<ダークホース>◇福島ダ1,150m<傾向><TOP3><ダークホース>◇福島

狙い可能、、逆にルーラーシップは人気馬のピックアップがかぎ。<ダークホース>・回収も含めた注目はリオンディーズ。・モーリス、キズナ、ブラックタイドも率はよく、人気馬が安定している感。◇福島芝2,000メートル<傾向>・単勝回収率72、複勝回収率82とこちらもひも穴傾向。<TOP3>・このコースは種牡馬の差が小さく、群雄割拠。・<ダークホース>◇福島ダ1,150メートル<傾向><TOP3><ダークホース>◇福島

07/05 15:17

7/2,3の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

血は水よりも濃し 望田潤の競馬blog

【7/2,3の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報】NETKEIBAさんのセレクトセールの特集にて、上場予定のハーツクライ産駒6頭と種牡馬サートゥルナーリアについて書いていますので、ご一読いただければ幸いですhttps://news.netkeiba.com/?pid=column_view&cid=51423■土曜函館10R洞爺湖特別 クライミングリリー(ディープ・望田&栗山)■土曜函館12R1勝クラス バルムンク(POG・望田)■日曜函館12R1勝クラス カルネアサーダ(POG・望田)■日曜小倉12R八ヶ岳特別 キングズソード(一口&POG・望田)フェーングロッテンがラジオNIKKEIを勝ったことで、ディープボンド(父キズナ)、イクイノックス(父キタサンブラック)、ウォーターナビレラ(父シルバーステート)につづいて「ディープインパクト(ブラックタイド)系種牡馬×キングヘイロー牝馬

【7/2,3の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報】NETKEIBAさんのセレクトセールの特集にて、上場予定のハーツクライサンク6頭と種牡馬サートゥルナーリアについて書いていますので、ご一読いただければ幸いです;cid=51423■土曜函館10レース洞爺湖特別、クライミングリリー(ディープ・望田&栗山)■土曜函館12レース1勝クラス、バルムンク(POG・望田)■日曜函館12レース1勝クラス、カルネアサーダ(POG・望田)■日曜小倉12レース八ヶ岳特別、キングズソード(一口&POG・望田)フェーングロッテンがラジオNIKKEIを勝ったことで、ディープボンド(父キズナ)、イクイノックス(父キタサンブラック)、ウォーターナビレラ(父シルバーステート)につづいて「ディープインパクト(ブラックタイド)系種牡馬×キングヘイロー牝馬

07/05 10:56

【シルク】募集馬発表~2021年産~関東リスト

元装蹄師の馬選び(一口馬主日誌)

(ヘニーヒューズ×)牡 1/25生 4000万(8万) 宮田厩舎33 アズールムーン(ブラックタイド×)牡2/7生 3000万(6万) 田中博厩舎34 サンドミエシュ(リオンディーズ×)メス 2/2生 1500万(3万) 青木厩舎35 ヴァイスハイト(ブリックスアンドモルタル×)牡5/6生 3000万(6万) 池上厩舎36 バラダガール(ニューイヤーズデイ×)牡 1/31生 3000万(6万) 尾関厩舎37

(ヘニーヒューズ×)牡、1/25生、4000万(8万)、宮田厩舎33、アズールムーン(ブラックタイド×)牡2/7生、3000万(6万)、田中博厩舎34、サンドミエシュ(リオンディーズ×)メス、2/2生、1500万(3万)、青木厩舎35、ヴァイスハイト(ブリックスアンドモルタル×)牡5/6生、3000万(6万)、池上厩舎36、バラダガール(ニューイヤーズデイ×)牡、1/31生、3000万(6万)、尾関厩舎37

07/05 10:00

週中競馬記事(2022年7月5日)~リーディングサイアー展望・回顧~

ブログ

アドマイヤコジーンは本年重賞初制覇、通算7勝。重賞制覇は19年G2中山記念ウインブライト以来産駒のCBC賞制覇は初めて。母父アドマイヤコジーンの中央重賞勝ち馬はコウソクストレート、ウインブライト(5勝)、テイエムスパーダの3頭。 G3ラジオNIKKEI賞は父ブラックタイドのフェーングロッテンが勝利。母父キングヘイローは11位。母父キングヘイローはG2阪神大賞典ディープボンド以来の本年重賞2勝、通算13勝。ラジオ

アドマイヤコジーンは本年重賞初制覇、通算7勝。重賞制覇は19年ジーツー中山記念ウインブライト以来サンクのCBC賞制覇は初めて。母父アドマイヤコジーンの中央重賞勝ち馬はコウソクストレート、ウインブライト(5勝)、テイエムスパーダの3頭。、ジースリーラジオNIKKEI賞は父ブラックタイドのフェーングロッテンが勝利。母父キングヘイローは11位。母父キングヘイローはジーツー阪神大賞典ディープボンド以来の本年重賞2勝、通算13勝。ラジオ

07/05 00:38

第71回ラジオNIKKEI賞 結果

Gブロ

【第71回ラジオNIKKEI賞 結果】7月3日の福島11Rで行われた第71回ラジオNIKKEI賞(3歳オープン、GIII、芝1800メートル、ハンデ、13頭立て、1着賞金=4000万円)は、 松若風馬騎手の3番人気フェーングロッテン(牡、栗東・宮本博厩舎)が好位のインをロスなく追走すると、直線に入っても最内を突きグングンと伸びて先頭でゴール。 半兄にスプリンターズSを制覇したピクシーナイト(父モーリス)がいる良血馬が、重賞初制覇を果たした。 タイムは1分46秒7(良)。 3/4馬身差の2着に逃げたショウナンマグマ(8番人気)、 さらにクビ差遅れた3着には直線で馬群を割って抜け出したサトノヘリオス(2番人気)が入った。 なお、1番人気のボーンディスウェイは勝負どころから反応鈍く6着に敗れた。 ラジオNIKKEI賞を勝ったフェーングロッテンは、 父ブラックタイド、母ピクシーホロウ、母の父

【第71回ラジオNIKKEI賞、結果】7月3日の福島11レースで行われた第71回ラジオNIKKEI賞(3歳オープン、GIII、芝1800メートル、ハンデ、13頭立て、1着賞金=4000万円)は、、松若風馬騎手の3番人気フェーングロッテン(牡、栗東・宮本博厩舎)が好位のインをロスなく追走すると、直線に入っても最内を突きグングンと伸びて先頭でゴール。、半兄にスプリンターズSを制覇したピクシーナイト(父モーリス)がいる良血馬が、重賞初制覇を果たした。、タイムは1分46秒7(良)。、、3/4馬身差の2着に逃げたショウナンマグマ(8番人気)、、さらにクビ差遅れた3着には直線で馬群を割って抜け出したサトノヘリオス(2番人気)が入った。、なお、1番人気のボーンディスウェイは勝負どころから反応鈍く6着に敗れた。、、ラジオNIKKEI賞を勝ったフェーングロッテンは、、父ブラックタイド、母ピクシーホロウ、母の父

07/05 00:30

夏は牝馬なのか?

パドックに魅せられて

【夏は牝馬なのか?】これは昔からそう言われている。そして3歳牝馬のテイエムスパーダが勝った。48キロだったが、私は競馬を43年やってきて、1200m1分5秒7なんてタイム見たことない。タイキシャトル系の父に母はの父はアドマイヤコジーン。確かに父系の血も母系の血も速そうだが…。週刊競馬ブックのデータにテイエムスパーダは入ってこなかった。それはこの馬が中1週だったから。データは中4~13週だった。福島の方は1~3着は牡馬。夏は牝馬は当てはまらなかった。フェーングロッテンはブラックタイド×キングヘイロー。ノーザンファームの馬ですね。私の選んだグランディアは8着。全くいいところがありませんでした。このデータも失敗。何を見たらよかったんだろう。夏競馬は週刊競馬ブックの記者も夏休みモードなのか?もう一度ジョッキー買いに戻そうかなあ😃

【夏は牝馬なのか?】これは昔からそう言われている。そして3歳牝馬のテイエムスパーダが勝った。48キロだったが、私は競馬を43年やってきて、1200メートル1分5秒7なんてタイム見たことない。タイキシャトル系の父に母はの父はアドマイヤコジーン。確かに父系の血も母系の血も速そうだが…。週刊競馬ブックのデータにテイエムスパーダは入ってこなかった。それはこの馬が中1週だったから。データは中4~13週だった。福島の方は1~3着は牡馬。夏は牝馬は当てはまらなかった。フェーングロッテンはブラックタイド×キングヘイロー。ノーザンファームの馬ですね。私の選んだグランディアは8着。全くいいところがありませんでした。このデータも失敗。何を見たらよかったんだろう。夏競馬は週刊競馬ブックの記者も夏休みモードなのか?もう一度ジョッキー買いに戻そうかなあ、

07/05 00:10
操作メモ
当ページを共有する