ハーツクライ に関する記事

検索フィルタ

【オールカマー(G2)】(2019血統データ活用術予想篇)

~術はある~

、ステイゴールド、ハーツクライで、サンデーサイレンスの血を引く種牡馬が活躍している。</span></span><br /><br /><span style=font-size:larger>【<span style=color:#00c>出走予定馬</span>】</span><div align

09/18 07:00

【神戸新聞杯(G2)】(2019血統データ活用術予想篇)

~術はある~

;; return false;" style="cursor:pointer;" /></a></div><span style=font-size:larger><span style=color:#00c>過去10年で複数の勝利を挙げている種牡馬はディープインパクトやハーツクライ、ステイゴールドなど、各2勝。<

09/18 07:00

13日に美浦・武市厩舎へ帰厩しています。☆グランドサッシュ

焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

【13日に美浦・武市厩舎へ帰厩しています。☆グランドサッシュ】 グランドサッシュ(牡・武市)父ハーツクライ 母レイサッシュ ・在厩場所:13日に美浦トレセンへ帰厩・次走予定:10月6日の東京・六社S 武市師「13日の検疫が回ってきましたので、こちらへ戻させていただきました。まずはよく馬体の確認を行い、問題なければ予定している東京1週目の六社Sに向けて、明日から乗り運動をスタートしていきたいと思っています」(9/19近況) *~*~*~*~*~*~*~*~*~* 予定している東京・六社Sがジワジワ迫ってきていることから、グランドサッシュは13日の検疫を経て美浦トレセンへ。前走からそれほど時間が経っていないので次走までにどこまで回復が進んでいるかが1つポイントになってきますが、六社Sの条件(芝2400m・ハンデ戦)は8歳になった今1番力を発揮できる舞台なので、少しでも良い状態でレースへ臨ま

09/18 06:24

神戸新聞杯 出走予定馬と想定騎手

b

【神戸新聞杯 出走予定馬と想定騎手】ウマっち(競馬のグルっぽ)[Amebaグルっぽ] グルっぽのメンバー増えてきました!まだまだメンバー募集しています入ってくれる人いたら嬉しいです 単勝オッズ1.6倍の圧倒的1番人気を裏切って4着に敗れてしまったダービー以来のレースとなるロードカナロア産駒のサートゥルナーリアが復帰戦を迎える、このレースの結果次第で長距離G1の菊花賞か古馬の中距離戦か、進路が決まるだろう、重賞未勝利ながらOP特別2勝に加えて皐月賞では2着、前走のダービーでは3着に好走したハーツクライ産駒のヴェロックス、母親譲りの末脚が武器の、京都新聞杯勝ちの実績もあるキングカメハメハ産駒のレッドジェニアル、クラシック未出走ながらキャリア4戦で複勝圏外なし、全兄がワールドエースで近親に海外で活躍した馬が多数いる良血馬でディープインパクト産駒のワールドプレミアなどが出走予定神戸新聞杯

09/18 04:40

週中競馬記事(2019年9月18日)

ブログ

1頭とさすがに今週は苦しく他でどれだけれるか。 ●2位ハーツクライ(23億7141万6000円)(112勝)3勝クラス勝ち馬と2歳OP特別勝ち馬が出てロードカナロアとの差を広げて勝利回数も並ぶ。ロードカナロアを年頭に2位想定としたのでロードカナロア寄りの論調にして来ましたがハーツも初の年間2位が掛かっておりディープインパクトのライバルといえばハーツクライの方なんですよね、リーディング争いにはなっていませんけど。 オークランドレーシングクラブトロフィー(長い)を勝ったスワーヴアラミスなんですがダートのハーツで、全10場重賞制覇達成した時にもハーツ産駒はダート重賞を勝っていない。だからダメとしてしまうのは早計で「スワーヴアラミスがハーツクライ産駒初のダート重賞勝ち馬なのでこれまで勝っていないだけ」ということが言えるのです。言えないとは思いますが3勝クラスでデタラメに乗ってあれだけ千切れば弱く

09/18 02:47

[天皇賞秋2019]出走予定馬と想定騎手、予想オッズ!ユーキャンスマイルは秋の新星となる!?見えた左回り適正。

【血統】火下遊の競馬予想ブログ【データ分析】

マンハッタンカフェでしたが1600m〜2000m前後で活躍しました。 この馬は父ハーツクライで、青葉賞を勝っていますが、歳をとって適距離もお兄さんと同じくらいになってるんじゃないか疑惑があります。 とはいえ、、天皇賞秋に出てきたとして、、今年の天皇賞は超超豪華メンバーとなりそうで、、、なかなかレースがハマったとしても力でもう一歩足りなさそうです。戦績を見ても、格を必要とするレースでは力不足の印象が否めません。まぁ

09/18 01:43

【有力馬考察】神戸新聞杯 サートゥルナーリア他4頭<2019>

邪推師GANMAのフレキシブル馬券法~重賞で勝てる無料競馬予想ブログ~

うですね。 【不安材料】 実は重賞未勝利です。 ハーツクライ産駒は勝ち切れないところが弱点としてありましたが、ジャスタウェイ産駒のこの馬もその傾向があるかもしれません。 単勝勝負をすべき馬ではないかもしれないという思いが私にはあります。 以上が神戸新聞杯の有力馬考察でした! 今回は有力馬のみの考察でしたが、金曜の朝にはこのレースの推奨穴馬のご紹介を行います。ぜひ、そちらもご確認ください! 【毎

09/18 01:13

[天皇賞秋2019]サイン馬券予想!令和元年!平成と令和を繋げるサイン!消費税もサイン!?

【血統】火下遊の競馬予想ブログ【データ分析】

ハーツクライ、スイープトウショウなどかなり強力なメンバーでした。 このメンバーで勝ったにも関わらずヘヴンリーロマンスのその後の成績は2戦しましたが、天皇賞のような輝きは見せず・・・引退。 何が言いたいかわかりますでしょうか。こういうサインは気をつけておかないとオイシイ馬券が取れないのです(笑) 今後もサイン考察を追加していきますのでお楽しみに^^ ※2019.09.17 追記 今回はサイン予想

09/18 01:01

2020-21世代 POGチェック その1 早熟牝系

秘密結社ふえがむの日刊「ふえがむタイムス」

【2020-21世代 POGチェック その1 早熟牝系】一昨年は、チェック対象から外れるくらい古い早熟牝系からの復活重賞勝ちが2頭ニシノフラワー(自身が阪神3歳牝馬S勝ち)のひ孫とかバランスオブゲーム(新潟3歳S勝ち)の妹の仔とかというわけで、この2頭の関係、ニシノフラワー系とホールオブフェーム系をリストに入れて、逆に最近牝系が衰退気味のスプリンターキャット系をチェックリストから外すことにした。今年もチェック対象のアジアンミーティア系からビアンフェが函館2歳Sを制覇!!こんな感じでチェックを続けていきたい。アルーリングアクト系クリーミーボイスの18 牡父ハーツクライ母クリーミーボイス(母父キングカメハメハ)アルーリングボイスの18 牡父オルフェーヴル母アルーリングボイス(母父フレンチデピュティ)アルーリングライフの18 牡父オルフェーヴル母アルーリングライフ(母父フレンチデピュティ

09/18 00:00

神戸新聞杯2019の過去10年データ分析|鉄板パターンは○○が速い馬

【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

キングカメハメハ 4位 ハーツクライ と、リーディングサイアー上位の馬が好成績を残しています。 ゆったりした流れからの直線勝負という事で ”能力がそのまま反映されるレース” という事が分かりますね。 ちなみに神戸新聞杯の前走レース名別の成績を見てみると 回収率の面から見てみると、それほど良いローテーションとは言えませんが 全成績(単勝50倍以下)を見てみると 【8.5.3.22】 圧倒的多数の馬が馬券

09/17 22:35