ラヴァーズレーン に関する記事

検索フィルタ

【ディープボンド・血統見解】

馬一族★虎口を脱する

2歳優駿4着など。D1000~1600mで活躍。 通算8戦2勝)などがいる。上記した馬達が兄妹となる祖母モガミヒメ。戦歴などは🐴モガミヒメ(父カコイーシーズ:東京3歳優駿牝馬S2着など。また、D1000m.1600mで1勝ずつをあげた。 通算8戦2勝)となる。また、祖母モガミヒメの代表産駒に🐴ラヴァーズレーン(父メジロライアン:中央競馬D1700~1800mで全5勝をあげた。 通算33戦5勝

10/24 18:33

一口馬主、収支情報更新

馬四郎の、一口馬主収支日記

【一口馬主、収支情報更新】収支情報を更新しました。★2020年8月末までのレース内容を反映させた収支情報 ↓投資馬の一覧表(2020/10/4更新)さて、ラヴァーズレーン2019に今回も一口投資しました。ラヴァーズレーンの仔への投資はこれで4頭目。ここらで一発、大物が出て欲しい。

10/04 13:44

【浦安特別】(中山)アヴォンリーが好位から抜け出す

競馬実況web - News

【【浦安特別】(中山)アヴォンリーが好位から抜け出す】 中山9Rの浦安特別(3歳以上2勝クラス・ダート1200m)は2番人気アヴォンリー(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒9(良)。半馬身差の2着に3番人気ガンケン、さらにクビ差の3着に4番人気ニシノホライゾンが入った。 アヴォンリーは美浦・竹内正洋厩舎の4歳牝馬で、父ヘニーヒューズ、母ラヴァーズレーン(母の父メジロライアン)。通算成績は13戦3勝。 レース後のコメント 1着 アヴォンリー(C.ルメール騎手) 「ずっと良い感じでした。良いスタートで良いポジションにつけられて、冷静に走ってくれました。直線では伸びてくれて、決勝線まで頑張ってくれました」 2着 ガンケン(宮本博調教師) 「新たな一面を見せてくれました。勝った馬は能力が違いました。またチャンスが来ると思います」 3着

09/21 15:26
当ページを共有する