ゴールドヘイロー に関する記事

【地方競馬予想】園田ゴールドカップ(2019年10月24日 園田10R)

ほぼ毎日競馬

せん。 ゴールドつながりで。 ただ、そんなに簡単ではありません。 じゃあ、本命サイドのナチュラリーあたりがいいかもしれません。 父・ゴールドヘイローですからね。 でも、やっぱり枠が気になります。 1230mで外枠の前に行く馬はけっこう厳しいのではないでしょうか。 こんな風に、サイン馬券を絡めつつ、展開も予想して、データも使う。 ミックス型が僕の予想の仕方。 そんなミックス型の僕が出す園田ゴールドカップの推奨馬

10/23 21:49

中央競馬2歳リーディングサイアー(10月21日現在)

ブログ

万)(1勝)72位(70位)アルデバランⅡ(1085万)(1勝)73位(71位)トランセンド(1060万)(1勝)74位(72位)グラスワンダー(1055万2000)(1勝)75位(76位)アサクサキングス(1050万)(1勝)76位(73位)ゴールドヘイロー(1030万)(1勝)77位(74位)プリサイスエンド(1025万)78位(118位)リーチザクラウン(995万)(1勝)79位(75位

10/22 14:20

中央競馬2歳リーディングサイアー(10月15日現在)

ブログ

勝)72位(68位)グラスワンダー(1055万2000)(1勝)73位(69位)ゴールドヘイロー(1030万)(1勝)74位(90位)プリサイスエンド(1025万)75位(70位)ドリームジャーニー(980万)(1勝)76位(72位)アサクサキングス(975万)(1勝)77位(73位)ダンカーク(950万)(1勝)78位(74位)オーシャンブルー(945万)※新種牡馬79位(75位)マリブムーン

10/16 19:15

【ナイママ・血統見解】

馬川★哲也は知っている

33戦6勝)となる。また、母ニシノマドカの代表産駒に🐴カイトレッド(父ゴールドヘイロー:中央競馬新馬戦芝1400mで勝ち上がる。他サフラン賞5着。 通算2戦1勝)🐴ギオンミスゴールド(父ゴールドヘイロー:地方競馬D1200mを主戦場に全3勝をあげる。 通算27戦3勝)などがいる。【血論】まずは一族の特性をざっくりと書き出します。👺☝💡1200~2500mあたりが一族の適正距離か?👺☝💡大

10/16 05:17

注目種牡馬2020 その18 ソウルシルバー

秘密結社ふえがむの日刊「ふえがむタイムス」

【注目種牡馬2020 その18 ソウルシルバー】ソウルシルバーの父フサイチリシャールはPOG指名馬。とかどうでもいいや、今年の1頭の配合を見て笑えポケモンファン!!ハートゴールドの18 牡父ソウルシルバー母ハートゴールド(母父ゴールドヘイロー

10/14 00:00

【ヒシゲッコウ・血統見解】

馬川★哲也は知っている

5勝)🐴マサノウイズキッド(父ゴールドヘイロー:地方競馬所属時、D1000mで2勝、1500mで1勝をあげた。中央競馬移籍後は芝1600~1800mで活躍。 通算17戦5勝)🐴タカオサクセス(父ラストタイクーン:サフラン賞1着・芙蓉S2着・阪神3歳牝馬S8着など。現役であった期間は2歳時のみ。芝1000~1600mで【2211】と安定感のある走りを見せた。 通算8戦2勝)🐴マサノボラーレビア(父ゴールドヘイロー:中央競馬D1150~1200mで【2.1.4.11】。掲示板にのること12回の堅実派。 通算18戦2勝)などがいる。上記した馬達が兄妹となる祖母アズサユミ。戦歴などは🐴アズサユミ(父サンデーサイレンス:D1200mで勝ち上がる。以降芝1400~2000mで安定した走りをみせた。 通算34戦1勝)となる。また、祖母アズサユミの代表産駒に🐴クランエンブレム(父ウォーエンブレム

10/11 08:17

中央競馬2歳リーディングサイアー(10月6日現在)

ブログ

位)トーセンファントム(1160万)(1勝)65位(64位)キングヘイロー(1145万)(1勝)66位(63位)アルデバランⅡ(1085万)(1勝)67位(65位)トランセンド(1060万)(1勝)68位(66位)グラスワンダー(1055万2000)(1勝)69位(70位)ゴールドヘイロー(1030万)(1勝)70位(67位)アンクルモー(980万)(1勝)※海外供用、カロ系70位(67位

10/07 12:48

大舞台を目指せ

人は遊びながら……

【大舞台を目指せ】10月2日の東京盃(Jpn2)を勝ち馬、コパノキッキングは、引き続き藤田菜七子騎手とのコンビで、11月4日、浦和、ダート1400mで行われるJBCスプリント(Jpn1)に向かう模様です。コパノキッキングは、栗東、村山明厩舎の4歳セン馬。父、スプリングアトラスト、母、セラドン、母父、ゴールドヘイロー。通算成績12戦7勝。前走の東京盃では藤田菜七子騎手を背に、逃げ切り勝ちを決めました。それにより藤田菜七子騎手は重賞初制覇。そして勢いのあるうちに、人も馬もJpn1初制覇を目指します。このコンビの走り、まだまだ注目です。

10/05 00:02

レース回顧 2019 東京盃 大井競馬場

ボスかわむら日記

At Last、母Celadon(その父ゴールドヘイロー)という血統で栗東・村山明厩舎所属の4歳セン馬。通算成績は13戦8勝(うち地方3戦1勝)。 <レース後の関係者のコメント>1着 コパノキッキング(藤田菜七子騎手)「凄くホッとした気持ちで、そしてとても嬉しいです。ナイターは2走前に経験していますし、その時よりもイレ込みが少なくて返し馬から凄くいい雰囲気でした。どう乗るかは最後まで迷いま

10/03 09:16

ななこ~

ミスプロの海外競馬

木孝志厩舎)は10着に終わった。 勝ったコパノキッキングは、父Spring At Last、母Celadon、その父ゴールドヘイローという血統。カペラS、根岸Sに続く重賞3勝目を挙げた。また、鞍上の藤田菜七子騎手はこれが重賞初勝利となった。 *****

10/02 21:07