ビハインドザマスク に関する記事

検索フィルタ

2020年春G1サイン馬サインレースその2

妄想競馬どっとねっと

ればもしかして・・・?) ビハインドザマスク 2003年G1再現(SARSの年) 四位騎手獲得G1再現

06/28 18:01

ヴェイルドクリスの19 レビュー

なんでも競馬レビュー

【ヴェイルドクリスの19 レビュー】基礎情報 性別毛色父一口の金額厩舎誕生日牝鹿毛キタサンブラック 45万円荒川 義之4月21日 血統 父 新種牡馬 G1 7勝歴代獲得賞金1位の歴史的名馬。天皇賞・春ではレコード、天皇賞・秋では超不良馬場での勝利とユーティリティな対応を見せた。父ブラックタイドはディープインパクトの全兄。 母 2勝 ダート1400-1700m 母ビハインドザマスクは芝1200-1600mの重賞3勝 兄姉 ヴェイルドスケール牡(ダイワメジャー)1勝ダート1300mホウオウクリスティ牝(ハーツクライ)2勝ダート1400-1600m 父・母父組み合わせ キタサンブラックは気性が落ち着いた馬だったが、母父シンボリクリスエスの前向きさが加わるのはいいアクセントになりそう。 馬体 測尺 体高胸囲菅囲体重

06/21 22:38

「6月6日」予想。

まそめのす

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 東京5R「2歳新馬」 ◎トゥーフェイス 〇ブエナベントゥーラ ▲ショベルヘッド ☆トーセンアレックス △バルネージュ セイウンブリクス 馬券 馬連◎‐〇▲☆△(5点) 3連複1頭軸◎‐〇▲☆△(10点) 新種牡馬モーリス産駒で祖母ビハインドザマスクの◎トゥーフェイスに期待 相手は同じモーリス産駒で母ブエナビスタの〇ブエナベントゥーラとルメール騎手&藤沢厩舎コンビの▲ショベルヘッド 東京

06/05 22:21

【鳴尾記念】三重苦だったと予想される新潟大賞典。であれば巻き返す可能性十分なあの1頭を本命に![予想]

いまいき ~今を生きろ~

レーンで出走。新馬は勝つ血統だけにここは人気を背負っても勝ち切りそうだけど次走からが問題なのがこの血。新馬は人気を背負っても逆らわず相手探しをする方が吉だろう。そんな中で気になるのが、トゥーフェイス。 母のマスクオフは、ビハインドザマスクの仔でありスピードがかったタイプ。モーリスをつけられて産まれたトゥーフェイスは注目のサンデーサイレンス18.75%の血を持っている上にマイルまでならスピード勝負

06/05 18:11

東の開幕新馬戦も熱い モーリス、ドゥラメンテ激突 

毎日が一口馬主!

、極馬ウマ2020の早耳POGでも取り上げられていて、「薄手でしたが、トレーニングを進めてがっしりした。筋肉質だがしなやか動きをしている」との事。最終追い切りも終えて、陣営は満足そう。横山典弘騎手を据えて、虎視眈々と逆転を狙っている。母はマスクオフ。祖母にビハインドザマスクがいるファン待望の血統だ。 その他でも、各陣営から精鋭がスタンバイ。まず、藤沢和厩舎からは、カーリン産駒が出走する。 6/6東

06/05 07:55

今週日曜の特別競走(安田記念デー)

人生此常⊿坂路を後方一気

はミスタートウジン。1992〜1995年は芝2000mで施行された。過去の勝ち馬に2000年ビハインドザマスク、2005年タニノマティーニ、2007年アンブロワーズ、2008年マイネルレーニアの重賞勝ち馬が。☆ ストークステークス MY注目馬 ☆今年のストークステークス、特別登録は21頭。前走③着以内が割と目立っている。・ ヴィッテルスバッハ(牡4)前走思った程伸びを欠く走りだったのは馬場状態も幾らか影響

06/05 00:46
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから

G12020年募集 厩舎発表

東京G1サラブレッドライフ~一口馬主生活~

ウムブルフは4勝、半兄ヴォルケンクラッツは中央3勝・地方7勝45 ヴェイルドクリスの19キタサンブラック (シンボリクリスエス) メス 鹿 04/21 1,800万円 45万円 祖母ビハインドザマスクはスワンS(G2)など重賞3勝含む10勝。46 エヴィータアルゼンティーナの19オルフェーヴル (Candy Ride) 牡 栗 02/25 2,000万円 50万円 母はラブレアS(G1)勝ち含む北米6勝

06/04 20:50

週中競馬記事(2020年6月4日)

ブログ

か。いずれにせよクラシックでとは思えないのですが勝ち負けも含め初戦を見てからにしましょう。 ・トゥーフェイス(牡 新開)モーリス×マスクオフ(ディープインパクト)母マスクオフは未勝利1勝。本馬は4番子。祖母に01年G2スワンSなど重賞3勝ビハインドザマスク、近親に07年G1ヴィクトリアマイルなどのコイウタなど。 (メモ)厩舎もクラシック向きでなく重賞未勝利ですがモーリス産駒の良牝系ということで。社台F生産・社台

06/04 20:21

6月7・8日(東京・阪神)新馬戦注目馬解説

ぐりぐり君の個人馬主ブログ

。 トゥーフェイス (牡、父モーリス、母マスクオフ、美浦・新開幸一厩舎)祖母ビハインドザマスクは中央10勝(重賞3勝)挙げた活躍馬。昨年社台サラブレッドクラブで2400万円で募集された。1週前追い切りでは美浦のWコースで横山典騎手を背に追い切って、68.1-52.3-38.5-12.6を強めでマーク。古馬2勝馬と同入した。鞍上は横山典弘騎手を予定している。ショベルヘッド (牡、父Curlin、母Date to

05/31 18:53

頼もしい仲間が、ダービーで注目しているのは…

パーフェクトホースマンズ・山田要一のブログ

【頼もしい仲間が、ダービーで注目しているのは…】こんにちは。元JRA調教師で、今は、「パーフェクトホースマンズ」の「調教師情報部」に所属している山田要一です。今日は、デビューが早そうな2歳馬の中から、私が注目している一頭を紹介しておきましょう。それは、新開幸一厩舎のオトコ馬、トゥーフェイス(父モーリス、母マスクオフ)なんですよ。この馬は、祖母が2000年のセントウルSなど重賞を3勝したビハインドザマスクで、近親に、一昨年の名古屋大賞典と平安Sを勝ったサンライズソアなどがいる血統で、4月2日(木)に美浦トレセンに入厩して、4月15日(木)のゲート試験に合格しています。それからは念入りに乗り込まれていて、一昨日の調教では、南ウッドで強めに追われて5Fが68秒1という時計を出していて、アバオアクー(古馬2勝クラス)をコンマ4秒追い掛けて、最後はキッチリ同入に持ち込んでいたそうです。デビュー戦

05/29 15:47
当ページを共有する