シンコウスプレンダ に関する記事

検索フィルタ

京成杯オータムハンデ 結果

Gブロ

)社台レースホース。 通算成績は14戦5勝。 重賞初勝利。 京成杯オータムハンデはコンビを組んだ横山典弘騎手が98年シンコウスプレンダ、01年ゼンノエルシド、11年フィフスペトル、12年レオアクティブに次いで5勝目、 管理する安田隆行調教師は初勝利。

09/10 00:30

2019年京成杯オータムハンデキャップ(G3)は関西馬トロワゼトワル(牝4歳)がJRAレコードで逃げ切り勝ち!1984年以降関西馬9勝、関東馬27勝

関西馬贔屓による中央競馬記録 ~関西馬対関東馬~

.9.12 15 5 10   サンライズアトラス 牡5 1:32.8 西 西 東 43回 1998.9.13 10 3 7   シンコウスプレンダ 牡4 1:32.7 東 東 西 42回 1997.9.7 10 3 7   クロカミ 牝4 1:33.8 東 東 東 41回 1996.9.8 12 4 8   クラウンシチー 牡6 1:35.0 東 西 東 40回 1995.9.10 12 4

09/09 12:00

中央競馬2歳リーディングサイアー(9月8日現在)

ブログ

、00年G3エルムSで芝・ダート重賞制覇のシンコウスプレンダ。1番人気で出走したレースは好スタートでハナ、序盤競られて僅かにハナも譲ったがコーナーワークで再び先頭に立ち3頭並びで追走した2番手が早々に脱落するなか先頭で直線に向き最後は2着を3馬身離して勝利。2着と3着は10馬身開いたが3着で2分00秒7とレースレベルが低い中で連対2頭のみ水準級の力があったとなるか。ゲートやテンの行きぶりが良く先手を取

09/09 11:38

4回阪神2日 4回中山2日 終了時データ(9月8日現在)

ブログ

【4回阪神2日 4回中山2日 終了時データ(9月8日現在)】◆ランキングデータhttps://ameblo.jp/blogneet/entry-12523080952.html ◆騎手部門●重賞勝利騎手・セントウルS ルメール騎手(19年8勝 通算82勝)タワーオブロンドンで勝ったルメール騎手はG3関屋記念ミッキーグローリー以来の重賞制覇セントウルSは初制覇阪神競馬場の重賞制覇はG1桜花賞グランアレグリア以来外国人騎手のセントウルS制覇は17年ファインニードルのM.デムーロ騎手以来2人目(2勝目) ・京成杯オータムハンデ 横山典騎手(19年2勝 通算171勝)トロワゼトワルで勝った横山典弘騎手はG2青葉賞リオンリオン以来の重賞制覇京成杯オータムハンデキャップは98年シンコウスプレンダ、01年ゼンノエルシド、11年フィフスペトル、12年レオアクティブ以来の5勝目中山競馬場の重賞制覇は17年G

09/09 11:22

JRA主導で物議を醸しだした馬 タイキシャトル

元厩務員の追憶

マイルチャンピオンシップだった。勝てば4歳から2年連続。8連続重賞勝利の日本記録(テイエムオペラオーが2000年記録)となる。さらには短距離馬として初の年度代表馬の選出も視野に入る。同じフランスG1を勝ったシーキングザパール、桜花賞馬、前年2着のキョウエイマーチ、シンコウスプレンダ、ロイヤルスズカ、ビッグサンデー。13頭立てだが、中身の濃いメンバーだった。快速逃げ馬キョウエイマーチ。前半3ハロンを32秒9のハイペース

08/15 15:00