タイキフォーチュン に関する記事

検索フィルタ

中央競馬2歳リーディングサイアー(10月15日現在)

ブログ

の中央勝ち馬、半兄に5勝のストレンジクォーク、現5勝のアップクォーク(騸)。おじ・おばにタイキフォーチュン、タイキダイヤ、タイキリオンの重賞勝ち馬3きょうだい、近親に17年G1高松宮記念など重賞2勝・現7勝のセイウンコウセイ。2番人気で出走したレースは3枠5番から好スタートでやや位置を取るように促して3番手、直線に向くと最内に進路を取り抜け出して楽勝と思われたところ3キロ減起用の2着馬にクビ差まで迫

10/16 19:15

馬券予想(2019/10/14)

さるうま!!!

戴冠に期待します。母父シンボリクリスエスのSeattle Slew的なストライドで走るのでワンターンのマイル戦はベストの舞台、前走プロキオンSを1分21秒台で勝っているので時計の速い決着になっても問題なし。モジアナフレイバーは大井の新馬戦以来のマイル戦ですが、母母パテントリークリア(タイキフォーチュンやタイキダイヤの母でGone Westの親戚)で、そこにフレンチデピュティ×Capoteとマイル向

10/14 14:56

フェルミスフィア 馬主【キャロットファーム】

競馬 GI予想勝負!

】 (牝2)父 エピファネイア母 フェルミオン母父 アグネスタキオン調教師 :木村哲也(美浦)生産者 :ノーザンファーム 通算成績:1戦1勝 半兄ストレンジクォーク(父メイショウサムソン)は、2018年の中山金杯 3着馬。伯父に1996年のNHKマイルカップ 優勝馬のタイキフォーチュン、2002年のニュージーランドトロフィー 優勝馬のタイキリオン、伯母に1999年のクリスタルカップ 優勝馬

10/14 13:27

因果・・・( ´-ω-)

闇夜のユグドラシル

【因果・・・( ´-ω-)】今は昔、パテントリークリアといふものありけり。タイキフォーチュン、タイキダイヤ、タイキリオン等を輩出した優秀な母でした。当時の私には高くて手が出ませんでしたがwさて、本日から出張のため函館に向かっています。家を出るギリギリまで待ち、タイキ期待のルリアンヴェールの新馬戦東京4Rを見てからの出発です!2歳勢で一番高評価だった馬であり、低迷続くタイキの1等星として、まず1勝をもぎ取って来てほしい!姉のピアレジーナの分も含めて羽ばたいて欲しい!そんな気持ちで見守っていました。スタートはまずまず、やや押して先団に取りつき前から2頭目でレースを進めます。楽な手応えで4角をまわり・・・残り400で追い出すも内は掬われ、後続は押し寄せ結果6着の入線。手応えほど伸びなかった?と言う感じでしょうか?戦前の評価、調教、わざわざ遠征という点からも少し残念な結果でした。そして、何の因果

10/14 13:19

シリウスSは、「開業した年にGIを勝っとる先生」の管理馬に注目や

鎌田光也(元騎手・元調教助手)のブログ

さんの昭彦さんと同じように牧場の仕事をしようと思っとったそうで、高校を出た後は、日本大学の獣医学部に進学しとりました。日本大学の獣医学部と言うたら、靖志先生の他にも、ダービーを勝ったアイネスフウジンや、天皇賞・秋を勝ったオフサイドトラップとかを育てた加藤修甫さんや、NHKマイルCなどを勝ったタイキフォーチュンや、2002年と2003年の根岸Sを勝って、交流重賞でも大活躍したサウスヴィグラスとかを育てた高

09/26 16:31

2019キャロットクラブ出資馬検討 その4

Unbridled's Song

し、母父タキオンとの相性も決して良くはないですし、当初はリスト外だったのですが、動画を見て評価を一変。4月末産まれで尺は小さいですが、安定感の高い歩様と可動域の大きい後躯の蹴り、トモの容量も大きく、これは面白い存在と思い、リストに入れました。 タイキフォーチュン、タイキダイヤ、セイウンコウセイ等々、数々の名短距離馬を出している牝系、牝馬の産駒の勝ち鞍は全てダートですが、同馬は芝のマイルでの活躍を期待

09/06 23:03

小倉2歳Sで、過去の募集馬を活躍させたいのでしょう

小西聖一(元調教助手・元厩務員)のブログ

)の富士S(東京・芝1600m)です。知っている方も多いと思いますが、この馬を管理している埼玉県出身の田中先生は、タイキフォーチュンやサウスヴィグラスなどを育てた高橋祥泰君の厩舎から、2006年に乗り役としてデビューしていて、現役の乗り役なら、北村友一君や、的場勇人君や、黛弘人君などが同期ですね。乗り役だった時の田中先生は、2年目の2007年に44勝を上げていましたし、シルクメビウスに乗った2009年

09/01 09:59

中央競馬2歳リーディングサイアー(8月25日現在)

ブログ

ナスケンアイリスは未勝利。本馬は6番子で2017年セレクトセール3456万円取引馬。おじに17年G1高松宮記念など重賞2勝セイウンコウセイ。近親にタイキフォーチュン、ダイキダイヤ、タイキリオンの重賞勝ち馬3きょうだい、タイキリオンの産駒に15年G1NHKマイルカップのクラリティスカイ。単勝1.9倍の1番人気で出走したレースはスタートも中々良かったように見えたが他が速かったか控えたという感じでもないが後方2番手

08/26 11:44

今日のメインレースについて、「馬主のHさん」から届いたお宝情報

パーフェクトホースマンズ・山田要一のブログ

(牝2歳・父ハーツクライ)は、次走の予定が、9月29日(日)のサフラン賞(中山・芝1600m)です。この馬を管理している埼玉県出身の田中君は、タイキフォーチュンやサウスヴィグラスなどを育てた高橋祥泰君の厩舎から、2006年に乗り役としてデビューしていて、同期には、北村友一君や、田村太雅君や、的場勇人君や、黛弘人君などがいますね。田中君は、2年目の2007年に44勝を上げていましたし、シルクメビウス

08/25 10:40

今日のメインレースについて、「馬主のHさん」から届いたお宝情報

パーフェクトホースマンズ・山田要一のブログ

(牝2歳・父ハーツクライ)は、次走の予定が、9月29日(日)のサフラン賞(中山・芝1600m)です。この馬を管理している埼玉県出身の田中君は、タイキフォーチュンやサウスヴィグラスなどを育てた高橋祥泰君の厩舎から、2006年に乗り役としてデビューしていて、同期には、北村友一君や、田村太雅君や、的場勇人君や、黛弘人君などがいますね。田中君は、2年目の2007年に44勝を上げていましたし、シルクメビウス

08/25 10:38