シンコウエルメス に関する記事

検索フィルタ

カジノドライヴ産駒重賞制覇

きねうちドライビング!-Full Throttle-

して東京ではシンコウラブリイの孫ムイトオブリガードがAR共和国杯を勝ちました。 シンコウラブリイ、シンコウエルメス、レディブロンドなど、藤澤厩舎の牝馬が孫の代で重賞を勝っているということは偶然ではないですからね。 シンコウラブリイは4歳でマイルCSを制してすぐに引退。シンコウエルメスも競走馬にならずに引退。レディブロンドも競馬場に現れてから疾風のごとく勝ちまくって即引退。 牝馬は繁殖牝馬

11/03 22:26

〔菊花賞 2019〕血統予想・枠順確定、完全検証!!

【血統】火下遊の競馬予想ブログ【データ分析】

がでなければ、 菊花賞には直結しなさそうです。 それでは菊花賞につながりそうな、 上がり馬2頭を紹介しましょう。 ・ヒーリングマインド タニノギムレット産駒ですが外国産馬。 お祖母さんのシンコウエルメスは 父サドラーズウェルズ。 産駒には牝馬ながらステイヤーズSを 2着したエルノヴァなど、スタミナ馬を 輩出する牝馬。 スタミナタイプなので北海道の2600m 戦があっていたようで、春

してから ここまで3連勝で菊花賞戦線に顔を出してきました。 オルフェーヴル産駒で牝系はこの馬も お祖母さんにシンコウエルメスがおり、 夏から力をつけてきて、スピードが足りない スタミナタイプというところまで そっくりな馬。 穴馬2頭がシンコウエルメス系ということで、 もし2頭ともに出走がかなうのなら、 孫対決ということになりそうです。 それぞれ神戸新聞杯とセントライト記念に 出走して権利取りを狙

10/17 23:50

【オセアグレイト・血統見解】

馬川★哲也は知っている

・フューテュリティS1着・スーパーレイティヴS1着・デューハーストS2着など。芝7Fで活躍。 通算7戦4勝)がいる。上記した馬達が兄妹・甥となる祖母シンコウエルメス。戦歴などは🐴シンコウエルメス(父サドラーズウェルズ:イマジンの全妹となる。藤沢厩舎に所属。デビュー戦で5着。レース後に重傷を負おう。余後不良となってもおかしくはない状態のなか手術にふみきり一命をとりとめる。)となる。また、祖母シンコウエルメスの代表

10/12 06:29

オールカマーとスプリンターズS レース回顧

プロ馬券師ふじもんの競馬ブログ

が上手にならないといけないわけですが、そういった指導を陣営が今後していくことが、来年の飛躍に繋がると考えています、タワーオブロンドンは出走予定のなかったこのレースも、勢いと1200mの走りに慣れてきたことで、悲願のGⅠ制覇 祖母シンコウエルメスは、藤沢厩舎の管理馬でしたし、あの時は1戦しか走れなかったですが、孫が大活躍出来たのはよかったですよね。 個人的に残念だったのが、ナックビーナスがいなかったこ

10/04 18:34

予想結果~ スプリンターズステークス(2019)ほか

しゃべる馬の競馬予想!(マツリダ予想)

やしてくれました。 これからも楽しく競馬をしていきたいと思います。 よろしくお願いいたします』 マツリダゴッホ 「うむ。ナイス勉強熱心マツリダ。ロジャーバローズの単勝93倍すばらしす。O嬢」 ■■⇒『おはようございます。 予定通りケンできました。 スプリンターズS タワーオブロンドンへ。藤澤師のシンコウエルメスからつづく思い、感動しました。 そしてグランアレグリアの分も走ったG1制覇

10/03 16:37

「夢幻」と書いて「夢、幻の如くなり」(スプリンターズS、レース分析)

週末の風鈴火斬

8割くらい、勝てる馬ではないだろうか。正直、今後の好敵手は伝説の龍王と比べて負けない印象をファンに与えられるかって部分になってくるだろう。 凄く強かった“伝説への飛翔”TORに敢えてまだ付け加える事があるとすれば、意外にも藤沢和雄厩舎所縁の血統という事か。父にはまるで馴染みがなくても、祖母シンコウエルメスは、藤沢和雄の熱心な働きかけと日本の獣医によって死んでしまう生命だったエルメスを繋ぎ止

10/02 06:44
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから

涙のドラマなど

ガラスの競馬場

【涙のドラマなど】 スプリンターズSは、好スタートからモズスーパーフレアが先手を取り、前半600mが32秒8、後半が34秒3というペースで引っ張った。スプリントG1としては速すぎるわけではなく、適切なペースで逃げることができた。淀みない流れとなった結果、力があって、ある程度の位置にいれば届くレースとなった。 勝ったタワーオブロンドンはスタートを決め、慌てることなくダノンスマッシュをマークする位置につけた。少しずつスピードを上げて、スムーズに直線を向くことができたのが勝因。馬の走るリズムがスプリント戦とピッタリ。パワーとスピードを高い次元で兼ね備えた名スプリンターとなりそうな予感。もう(ディーマジェスティのときに)語られ尽くしているだろうが、シンコウエルメスの物語は素晴らしい。安楽死寸前の馬を関係者の献身的なケアと強い想いで何とか救ったからこそ、タワーオブロンドンもここにいる。彼の可愛

09/30 19:45

第53回スプリンターズS回顧~今年も本格化ダーレー!非サンデーが上位独占

血は水よりも濃し 望田潤の競馬blog

サンデーは、イベリス、タワーオブロンドン、ダノンスマッシュ、マルターズアポジー、ミスターメロディ、モズスーパーフレア、ラブカンプーの7頭。タワーオブロンドン母母シンコウエルメスは名馬ジェネラスの妹で、エルノヴァの母でディーマジェスティの母母でもある。父Raven's PassはQエリザベス二世S(英G1・芝8F)とBCクラシックに勝った。古馬になっていかにもGone West系のスプリンターという体型肉

Elusive QualityがSecrettame≒Sir Ivor2×3、母母シンコウエルメスがNearco4×5・5とNantallah≒Russ-Marie5×3、そして自身はGone West≒Miswaki3×4(Secrettame≒Sir Ivor≒Hopespringseternal4・5×5)とHero's Honor≒Sadler's Wells(Northern DancerとHail

09/30 10:43

週刊種牡馬ニュース 9/23 - 9/29

父系馬鹿

【週刊種牡馬ニュース 9/23 - 9/29】スプリンターズSは上位人気での決着となりましたが、その中でも夏からスプリント路線で力をつけたタワーオブロンドンが突き抜け、GI馬にまで上り詰めました。藤沢和雄師にとっては*タイキシャトル以来となるスプリンターズS制覇となりましたが、タワーオブロンドンの祖母*シンコウエルメスももともと藤沢厩舎にいた馬で、良血馬ながら1戦未勝利という結果に終わっていました。しかも予後不良クラスの怪我をしたところを師の懇願により命を救われ、その孫でGIを制したのですから喜びもひとしおでしょう。種牡馬としての期待はもちろん、*シンコウエルメスはほかにもディーマジェスティなどを出しており、牝系の祖としても期待が持てそうです。 続きを読む

09/29 20:26

【46】 スプリンターズS 予想 【2019】

keyの血統予想blog

,前々走で前傾ラップを経験母系はディーマジェスティと同じシンコウエルメスで爆発的な末脚は中山でも炸裂しそうセントウルSのとき同様タワロン1着固定の3連単も買います!!穴馬指名は,Sir Ivorの血を持つ2頭15.イベリスと12.ダイメイプリンセスです。イベリスは外枠が厳しいと思いますが追い切りで馬の後ろで折り合わせて追い抜く練習をひたすらしてきたのでなんとか馬群に潜り込めれば前走とは違う末脚が見

09/28 21:25