バブルガムフェロー に関する記事

検索フィルタ

神戸新聞杯を勝って、1位との差を詰めたいのでしょう

パーフェクトホースマンズ・山田要一のブログ

をやっていました。1992年の4月からは、藤沢和雄厩舎の調教助手をやって、タイキシャトルやバブルガムフェローやゼンノロブロイなどを担当していたんですよ。2005年、調教師の試験に受かって、2006年の3月に自分の厩舎を開業した慎明君は、2007年にアサヒライジングを使ったクイーンSで初めて重賞を勝って、その年に、「33勝・獲得賞金5億4476万円」という成績を残していました。それからも、2008年

09/19 17:02

神戸新聞杯を勝って、1位との差を詰めたいのでしょう

パーフェクトホースマンズ・山田要一のブログ

をやっていました。1992年の4月からは、藤沢和雄厩舎の調教助手をやって、タイキシャトルやバブルガムフェローやゼンノロブロイなどを担当していたんですよ。2005年、調教師の試験に受かって、2006年の3月に自分の厩舎を開業した慎明君は、2007年にアサヒライジングを使ったクイーンSで初めて重賞を勝って、その年に、「33勝・獲得賞金5億4476万円」という成績を残していました。それからも、2008年

09/19 17:01

中央競馬2歳リーディングサイアー(9月16日現在)

ブログ

馬で中央出走産駒はこれまで本馬のみで今回産駒中央初勝利。競走馬時代は15年ケンタッキーダービー、プリークネスS、ベルモントSの米3歳三冠、BCクラシックなどG1レース8勝、重賞通算9勝の11戦9勝。パイオニアオブザナイル経由ミスプロ系(ファピアノ系)種牡馬。 2018年該当レース出走馬1着マルブツメロディー ・コバルトウィング(牡 萩原)クロフネ×レースウィング(バブルガムフェロー)4回中山4日

09/17 13:34

【2歳未勝利】(中山1、2、3R)~コバルトウィング、アイオライト、ジェラペッシュが勝利

競馬実況web - News

【【2歳未勝利】(中山1、2、3R)~コバルトウィング、アイオライト、ジェラペッシュが勝利】 中山1Rの2歳未勝利(ダート1800m)は1番人気コバルトウィング(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分55秒9(良)。5馬身差の2着に2番人気ピオノノ、さらに5馬身差の3着に5番人気ドラゴンウォリアーが入った。 コバルトウィングは美浦・萩原清厩舎の2歳牡馬で、父クロフネ、母レースウィング(母の父バブルガムフェロー)。通算成績は2戦1勝。 ~レース後のコメント~ 1着 コバルトウィング(三浦皇成騎手) 「初戦はうまく乗れなかったですし、次を見据えてのレースでしたからね。今日は砂を被せてからの我慢もうまくできていて、外へ出してからの体の使い方も良かったです。まだこれからの馬だと思います」 2着 ピオノノ(田辺裕信騎手) 「勝ち馬には追いつけませんでしたね

09/15 13:58

トロワゼトワル 馬主【社台レースホース】

競馬 GI予想勝負!

名】 なし【勝負服色】 黄、黒縦縞、袖青一本輪 【主な所有馬】バブルガムフェロー優勝 (1996年 天皇賞(秋)など)ダンスインザダーク(1996年 菊花賞)ステイゴールド(2001年 香港ヴァーズ)ゴールドアリュール(2003年 フェブラリーステークスなど)ネオユニヴァース(2003年 ダービーなど)ダンスインザムード(2004年 桜花賞など)ハーツクライ(2006年 ドバイシーマクラシック

09/08 16:22

京成杯AHとセントウルSを勝って、上との差を詰めたいのでしょう

パーフェクトホースマンズ・小栗範恭のブログ

グループの総帥」こと、社台ファームの代表・吉田照哉氏の長男です。1980年に設立された同クラブに於いて、過去の代表的な存在としては、1986年のダービーなどを制したダイナガリバー、1988年のマイルCSなどを制したサッカーボーイ、1996年の天皇賞・秋などを制したバブルガムフェロー、2003年のダービーなどを制したネオユニヴァース、2004年の桜花賞などを制したダンスインザムード、2005年の有馬記念

09/03 14:49

京成杯AHとセントウルSを勝って、上との差を詰めたいのでしょう

パーフェクトホースマンズ・小栗範恭のブログ

グループの総帥」こと、社台ファームの代表・吉田照哉氏の長男です。1980年に設立された同クラブに於いて、過去の代表的な存在としては、1986年のダービーなどを制したダイナガリバー、1988年のマイルCSなどを制したサッカーボーイ、1996年の天皇賞・秋などを制したバブルガムフェロー、2003年のダービーなどを制したネオユニヴァース、2004年の桜花賞などを制したダンスインザムード、2005年の有馬記念

09/03 14:46

異彩を放つ競争馬たち エポワス

元厩務員の追憶

【異彩を放つ競争馬たち エポワス】 (ここでは、現役競走馬やそれに近い馬の話題を取り上げたいと思います)名門・藤沢厩舎。ラジオNIKKEI賞に2戦2勝の若駒を送り込む。「派手さはないけど、強い内容で勝ってるからな。ひょっとしたら、なかなかの素材かもしれない」エポワスだ。父ファルブラヴ、母マニックサンデー。母の父サンデーサイレンス。父ファルブラヴはジャパンカップ優勝馬。母マニックサンデーは4歳牝馬特別(G2)勝ち。母の半弟にザッツザプレンディ。母の叔父にはバブルガムフェロー。期待されて十分の血を持つ。デビューは今年4月、阪神未勝利戦、3番手から逃げたリーサムハーツ2番人気をクビ差し切った。6月、500万下条件レース、同じように3番手から、コスモソーンパークの追撃をクビ差振り切って連勝。ダンスファンタジア、プランデストワール、サトノオー、ピカソ・・・、居並ぶ良血同僚のなかで、影の薄い存在であ

09/01 21:00

ディープインパクトやキングカメハメハを超えた馬 ドゥラメンテ

元厩務員の追憶

【ディープインパクトやキングカメハメハを超えた馬 ドゥラメンテ】 父はNHKマイルカップからダービー、『変則2冠』を制したキングカメハメハ。   8戦7勝、3着1回。3歳で天皇賞秋へ挑戦する2週間前に右前浅屈腱炎を発症。   NHKマイルカップは2着コスモサンビームに5馬身差の圧勝。   ダービーは2分23秒3、従来のレコードを2秒も上回るスピードで完勝。     まさに世代の『キングオブキング』だった。       母はアドマイヤグルーヴ。   その母は『女帝』といわれたエアグルーヴ。オークス馬であったエアグルーヴは古馬になって牡馬相手に活躍。バブルガムフェローを破って天皇賞秋制覇。ジャパンカップ2着2回、ピルサドスキーにクビ差負けた1997年、エルコンドルパサーに敗れた1998年はスペシャルウィークとの2着争いを死守した。   祖祖母ダイナカールはオークス馬。     父

08/31 22:30

アフター5スター賞2019の予想!!【大井競馬1200m SⅢ】

ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

嶺本(大井)89戦12勝 [12-14-6-57]完全にピークを過ぎている。厳しい。9番クルセイズスピリツ [大井] 牡4 栗毛父サウスヴィグラス母クルセイズ(バブルガムフェロー) 谷謙介山崎誠(川崎)57.0K荒井朋(大井)30戦9勝 [9-4-3-14]古馬になり、3歳時の勢いが見えない。若い頃からたくさんレースを使って成長が止まった感があり、ここも厳しそう。昨年の当レースで除外だった無念

08/28 00:00