スーパーショット に関する記事

検索フィルタ

気になる事 秋華賞

age-eikichiさんのブログ No pain No gain

【気になる事 秋華賞】今回除外されたのは、レイパパレ(3戦3勝)とクラヴェルのキャロットF2頭。どちらも出走していれば人気になっていたはず。唯一のキャロットFとなったのがサンクテュエール。ルメール&藤沢和のディープインパクト産駒。京都で重賞勝ちもあるのに現在8番人気とは買いたくなりますね。86エリザベス女王杯①着6枠『13番』(単枠指定)メジロラモーヌ(河内・1人気・『桜花賞①→オークス①』・前走ローズS①)②着3枠6番スーパーショット(7人気・クイーンC①・前走ローズS③)③着『1枠2番』ロイヤルシルキー(『シルク』・10人気・クイーンS①=中山芝2000MGⅢ)今回も⑬番に2冠牝馬。1枠②シルク(R)。やはりデアリングタクトには逆らえないのか?同じ事をするなら相手は1枠2頭?(クイーンC勝ち馬+シルクR)。他には中内田2頭、手塚2頭も考えられる。あとは7枠ゾロ目(ローズS3着馬・杉山

10/17 22:45

第25回 秋華賞(GⅠ) 枠順雑感他

競馬は興行

【第25回 秋華賞(GⅠ) 枠順雑感他】本当に雑感だけ。デアリングタクトが配置された13ゲートは初代3冠牝馬メジロラモーヌが勝った馬番。以降3歳(旧4歳)限定戦時代のエリ女で13番は1度も3着以内無し。秋華賞になってからは3回。1987年第11回エリザベス女王杯1着 613 メジロラモーヌ2着 306 スーパーショット3着 102 ロイヤルシルキー2007年第12回秋華賞1着 713 ダイワスカーレット2着 817 レインダンス3着 816 ウオッカ2013年第18回秋華賞1着 816 メイショウマンボ2着 101 スマートレイアー3着 713 リラコサージュ2018年第23回秋華賞1着 611 アーモンドアイ2着 713 ミッキーチャーム3着 102 カンタービレ土曜東京2R813 アカイトリノムスメ 母アパパネ秋華賞は、隣の14番にラモーヌで3冠とった河内(現調教師)とスティルインラブの幸

10/17 04:05

第25回 秋華賞

gd-fgのブログ

【第25回 秋華賞】1,950年代、1,960年代のことはいざ知らず1,970年にビクトリアカップが創設されてからのことは机上では調べたことはある。戦後最強と目された1,975年のテスコガビーが達成できなかった牝馬三冠を、1,986年のメジロラモーヌが達成したとき、京都競馬場にはラモーヌキラー・スーパーショットの鋭い差し脚に対して悲鳴が上がった。今は亡き大橋巨泉さんは「重賞6連勝しかもトライアルを含めての完全制覇の記録は恐らくは空前絶後になる」と仰っていたが、女王杯を落としたマックスビューティ、外国産馬差別でクラシック不出走のヒシアマゾンも記録上はラモーヌには並んでいない。しかし、凱旋門賞を牝馬が勝つことの多い欧州の競馬ならともかく。当時の日本は競走体系が整っておらず3歳で引退したメジロラモーヌや、古馬になってからはオープン1勝のマックスビューティに活躍の場を与えなかったJRAの姿勢はそ

10/17 00:31

第25回 秋華賞(GⅠ) 予想2

競馬は興行

【第25回 秋華賞(GⅠ) 予想2】初代3冠牝馬メジロラモーヌが牝馬限定戦で負けたのはクイーンカップ1回だけ。単勝1、2倍で9頭立て4着に吹っ飛んだんですが、その時の勝ち馬スーパーショットは、ラモーヌの3冠最終戦の2着をつとめました。出馬表的にも色々面白いんですが、今回は単純に戦歴面だけピックアップします。【過去の三冠牝馬】1986年 メジロラモーヌ第11回エリザベス女王杯1着 613 メジロラモーヌ2着 306 スーパーショット(クイーンC1着)3着 102 ロイヤルシルキー(クイーンC8着、スーパーショットの同枠)2003年 スティルインラブ第8回秋華賞1着 817 スティルインラブ2着 510 アドマイヤグルーヴ3着 714 ヤマカツリリー13着 509 チューニー(クイーンC1着)12着 713 スターリーヘヴン(クイーンC9着)2010年 アパパネ第15回秋華賞1着 715

10/14 02:05
当ページを共有する