スダホーク に関する記事

検索フィルタ

アルゼンチン共和国GⅡ

人生此常⊿坂路を後方一気

てのクラシック制覇を成し遂げていた。古馬となってからも重賞戦線にて地味に活躍を続けていた中で現在日経賞が行われているのとほぼ同じ辺りだった春の中山開催でのアルゼンチン共和国杯を連覇した。☆ 逃げ馬としてミホシンザンやニッポーテイオー等が活躍した80年代の後半、スダホークらと脇役として活躍したのがレジェンドテイオー。あの当時の主要なレースにほぼほぼ出走してはほぼほぼ逃げていたのをあの時代を共にしたファンなら記憶

10/27 21:21

レーティング 87年安田記念~87年宝塚記念

STR 精度世界一の競走馬レーティング

p ニシノライデン 56 ハナ 110p シンブラウン 56 4 110p スダホーク 57 1/2 ミドルに近い流れですが、スズパレードだけ余力があってピュッとスパート出来ました。 ニッポーテイオーはやや距離が長いと思います。マイルがベストかと言われるとそれも疑問なんですが。 スズパレードとかニシノライデンとか、シンボリルドルフ世代、時代の馬の活躍はここでほぼ終わり。物差

09/05 21:11

レーティング 87年日経賞~87年天皇賞・春

STR 精度世界一の競走馬レーティング

うに似非で復活と言われているレースは色々ありますが、本当に復活しているレースはなかなかないものです。 87年 天皇賞・春 GⅠ117p ミホシンザン 58 3:20.4 116p アサヒエンペラー 58 1.1/4 114p スダホーク 58 1.1/2 113p マルブツファースト 58 1/2 117p クシロキング 58 ハナ 117p ニシノライデン 58 失格 ミホシンザンは状態が落ちてきたことや掛かったことでパフォーマンスが低下。ここはニシノライデンを85年の有馬記念と同値にして、シンボリルドルフの時代からの連続性を持たせています。これでスダホークもやや成長して上昇した程度になりますし、ミホシンザンが不調で3歳秋とほぼ同じなら不具合は発生しません。ただ、もうちょっと低くてもいいかも知れないとも思います。

09/04 20:12

レーティング 86年宝塚記念~86年天皇賞・秋

STR 精度世界一の競走馬レーティング

【レーティング 86年宝塚記念~86年天皇賞・秋】86年 宝塚記念 GⅠ114p パーシャンボーイ 56 2:14.4 113p メジロトーマス 57 1.1/2 111p シングルロマン 56 1/2 111p スズカコバン 56 ハナ 111p スダホーク 56 ハナ レベルは低いと思うのですが、他のレースとはっきり物差しに使える馬がほぼ

pに若干の展開補正があって9p差。 ウインザーノットとギャロップダイナは前年のこのレースとほぼ同値。サクラサニーオーはスダホークに近い力があったとすればこれでやや伸び悩み。ミホシンザンは不調。これらによってシンボリルドルフ時代との比較を行っています。 サクラユタカオーは530キロ近くある巨漢。しかもボテッとした体形でなく体高もあります。この体に力が付いて動けるようになるのに時間が掛かりました。そ

08/31 20:35

レーティング 86年天皇賞・春~86年安田記念

STR 精度世界一の競走馬レーティング

【レーティング 86年天皇賞・春~86年安田記念】86年 天皇賞・春 GⅠ113p クシロキング 58 3:25.4 112p メジロトーマス 58 3/4 111p フリートホープ 58 3/4 109p ハクリョウベル 58 1.1/2 107p シャイニングルビー 58 1.1/2 スダホークが凡走して基準にし易い馬がいません。この後の宝塚との比較だと、両レースでメジロトーマスが2着ですが、そのくらい。 86年 安田記念 GⅠ 115p ギャロップダイナ 57 1:35.5 114p ホリノカチドキ 57 1.3/4 110p ロングハヤブサ 57 2.1/2 103p ドウカンヤシマ 57 3 104p トーアファルコン 57 アタマ 46.9-48.6でハイペース。2、3着馬に2p、5着馬に1

08/29 20:12

レーティング 86年京都記念~86年サンケイ大阪杯

STR 精度世界一の競走馬レーティング

【レーティング 86年京都記念~86年サンケイ大阪杯】86年 京都記念 GⅡ112p スダホーク 585 2:30.3(pr113p)107p メジロヘンリー 57 3/4 105p メジロトーマス 57 1 108p フリートホープ 57 アタマ(pr107p)104p シングルロマン 57 1.1/4 かなりスローで、1、2着間は着差が2pと展開差が2pに斤量差が2pでパフォーマンス評は計6p差。 86年 サンケイ大阪杯 GⅡ112p サクラユタカオー 56 2:01.6 113p スダホーク 57 アタマ 103p シャイニングルビー 57 7 101p スピードヒーロー 56 1 100p フリートホープ 57 1 スダホークは年明けからAJCC、京都記念、ここと3戦連続で好走。次の天皇賞・春

08/28 00:36
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから

馬好きの原点

Dreams from HIDAKA

でしたので個人的には、同じ芦毛のタマモクロスとかちょっと先輩世代のスダホークを応援していました。なぜかスダホークは夢の中に出てくるくらい好きだったのですね(でも実際には生で見たこともないのですが…) その当時は競走馬も引退してしまうと、その後どうなっているかというのはなかなか分かりませんでした。 ということですっかり忘れていた名馬達ですが、大井競馬に行った後に、子供たちや孫たちはどうしているのかな?と気になり調べてみると、スダホークさんの数少ない産駒ですが、息子のプリティマッハくんが関東の乗馬クラブにいることを発見(ネット時代にホントに感謝ですね) そして早速見学に伺いました。もうだいぶ前のお話ですが。。。 見学だけでは申し訳ないかな~と思い、体験乗馬もしました。とりあえずお土産にニンジン一箱持ってライディングクラブウインズさんへ行くと、プリティマッハくんが馬房にいたのですがその当時は真っ白

08/26 08:00

レーティング 85年有馬記念

STR 精度世界一の競走馬レーティング

【レーティング 85年有馬記念】85年 有馬記念 GⅠ 128p シンボリルドルフ 57 2:33.1 116p ミホシンザン 55 4 117p ニシノライデン 57 3/4 112p スダホーク 55 2 112p ギャロップダイナ 56 1/2 110p ハーバークラウン 57 1.3/4 1、2着間は4馬身半。シンボリルドルフは追い出しを遅らせて短い区間で突き放しているのでそこからの着差価値は高め。1、2着間は着差で9p近く、斤量が2.5p、それとやや余力ありで12p差。 2~5着の馬は翌年以降も出てきて、後の時代の馬との比較材料になります。 シンボリルドルフは故障明けの天皇賞・秋が底で、ここは叩き3戦目で状態がかなり上がってきました。それと中山になると強いですね。恐らく東京は左回りだから良くなかったのでしょう。京都

08/25 20:54