ハギノトップレディ に関する記事

検索フィルタ

中央競馬2歳リーディングサイアー(11月10日現在)

ブログ

02秒2(良)母マイネアロマは2歳新馬戦1勝。本馬は2番子。3代母ダイイチルビー、4代母ハギノトップレディのいわゆる華麗なる一族のイットー一族。7月福島でデビューしこれまで4戦して4⇒14⇒3⇒6着、5戦目の今回は3番人気で出走し4~5番手から2着に1馬身3/4差で勝利。近2走のマイルでも好走していたがゴールドシップ産駒で距離延長が奏功したか。 2018年該当レース出走馬 ・スウィートメリナ(牝 菊

11/11 10:53

【マカロンパフェ】管理調教師河内洋との縁(えにし)

一口馬主~相馬の水滸伝

【【マカロンパフェ】管理調教師河内洋との縁(えにし)】 10月27日(日) 【社台】 <牝馬>マカロンパフェ 、父ロードカナロア、栗東 ・河内洋 厩舎 東京 4 レース(芝1400 m)岩田康成騎乗 競走馬の5代血統表や牝系図を眺めていると、思わぬ発見がある。 このマカロンパフェもそうだ。 祖母がダイイチフローネ(1991年生まれ、父リアルシャダイ、社台ファーム生産)で辻本春雄さんの馬だ。 辻本氏所有の活躍馬といえば、ダイイチルビー(1987年生まれ、父トウショウボーイ、母ハギノトップレディ) の名前が挙げられる。 オークスでは武豊騎乗で2番人気ながら伏兵エイシンサニーに差し切られて5着。秋のロースステークスでも5着で秋華賞出走がかなわず、古馬になって安田記念とスプリンターズステークスとG1を2つ勝って開花した。鞍上は河内洋

10/26 16:25

スプリンターズS◆沢田準の競馬を楽しく

競馬通信社ブログ

うレースで、勝馬にはハイセイコー、フジノパーシア、トウショウボーイ、ハギノトップレディ、オグリキャップといった名馬の名が並んでいた。 G1級以外では最も格の高いレースでグレードはG2に格付けされた。それが1996年から距離が1200に短縮されG1となったのである。 いきなり1200になったのにはこれも驚かされたが短距離のG1をもう一つ作ろうということだったと思われる。また中京にそろそろG1をというこ

09/26 19:06

中央競馬2歳リーディングサイアー(9月16日現在)

ブログ

(良)母ステラアクトレスは中央未勝利、地方2勝。本馬は6番子で2018年北海道サマーセール270万円取引馬。ハギノカムイオー、ハギノトップレディなどいわゆる「華麗なる一族」の3代母イットーの一族。初戦・2戦目と函館芝200mで出走し4・3着、3戦目の今回は単勝1.8倍の1番人気で出走し2番手から直線抜け出すと2着に10馬身差の圧勝。本開催の序盤に組まれた未勝利戦で見られる初ダートが大半で芝でも好走

09/17 13:34

神戸新聞杯GⅡ

人生此常⊿坂路を後方一気

円という高額で落札されたハギノカムイオーは、競走馬としての夢を体現すべくその身をレースに捧げた名馬だったといって過言ではなかっただろう。高額取引に至った要因に「華麗なる一族」と謳われたそのど真ん中に君臨したハギノトップレディがデビューしていきなり函館芝1000mのレコードタイムを叩き出した事もあった。桜花賞を圧勝すると当然弟のハギノカムイオーへの期待も高まったが、状態が整わずにデビューは予定より大

09/17 00:07

温厚な瞳に、一点の曇りなし スーパークリーク

元厩務員の追憶

のセールでやっと買い手がついた。「これほどの馬を競走馬にできないのはもったいない」かつて同じ欠陥をもつハギノトップレディを走らせた伊藤修司調教師が奔走し、木暮誠氏に買い取られた。「いまは小川(クリーク)でも、やがて大河に」と名づけられたスーパークリーク。競走馬生涯、左前脚の外向からくる脚部不安との闘いだった。幼少からおとなしく泰然自若としていた、というスーパークリーク。決して、痛み、苦しみを表に見

08/26 12:00
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから

『華麗なる一族』の歴史の幕開け イットー

元厩務員の追憶

たイットーだったが、牝馬としての圧倒的強さは誰もが認めるところだった。1977年生まれ、ハギノトップレディ、桜花賞・エリザベス女王杯2冠。1978年生まれ、ニッポーハヤテ、33戦7勝、安田記念3着。1979年生まれ、ハギノカムイオー、14戦8勝、宝塚記念勝ち。繁殖牝馬として、次々と優秀馬を輩出。華麗な逃げ脚質で、脆さも見せるハギノトップレディ、ハギノカムイオーは『華麗なる一族』の象徴とされた。1987年、ハギノトップレディからは安田記念、スプリンターズSの2冠を獲ったダイイチルビーが出ている。横浜生まれのキューピットから始まった『華麗なる一族』。一族を大きく花開かせたイットー。その足跡は故障とアクシデントによる苦悩の連続でもあった。ただひたすらに、耐え、ただひたすらに、走った。華麗というには程遠い、あくなき前進姿勢があるだけだった。        

08/23 10:00