キタノリキオー に関する記事

検索フィルタ

函館記念では、「獣医になりたいと思っていた先生が使う馬」から目が離せません

小西聖一(元調教助手・元厩務員)のブログ

【函館記念では、「獣医になりたいと思っていた先生が使う馬」から目が離せません】全国の競馬ファンの皆さん、こんにちは。小西聖一と申します。今日、7月17日(金)は、「美浦トレセン」で厩舎を構えている伊藤伸一先生にとって,61歳の誕生日です。知っている方も多いと思いますが、伊藤伸一先生は、乗り役と調教師をやっていた伊藤竹男さんの長男で、竹男さんは、乗り役時代に、キタノオーに乗った1956年の菊花賞や、ダイゴホマレに乗った1958年のダービーや、ガーネットに乗った1959年の有馬記念などを勝っていました。1970年に調教師の試験に受かった竹男さんは、1972年に中山競馬場の白井分場に自分の厩舎を開業していて、リキアイオーを使った1979年の弥生賞や、キタノリキオーを使った1981年の中山記念など、1998年の引退までにJRA通算で238勝を上げていたんですよ。そんなお父さんに続こうと、1982年の4月に競

07/17 15:39
当ページを共有する