Terlingua に関する記事

検索フィルタ

セレクトセール2020注目馬④

Breakthrough POG 2020-2021

【セレクトセール2020注目馬④】続けていきます。209 ティッカーコードの2019 牡 父ミッキーアイル母は父ワールドエースでオータムレッドを輩出しておりディープ系との相性の良さが伺えます。根拠としては、母が持つTerlinguaクロスがディープの持つHalo≒Sir Ivorを増幅するからであり、父父らしい機動力のアップが期待できます。ミッキーアイルに変わることにより母の持つRoberto部分も強調され、より小回り向きになりますが、早期から活躍できるPOG向きのスピードが期待されます。来年の下位候補としてチェックしておきたい馬です。221 アーヴェイの2019 牝 父ジャスタウェイ母がDanzig+Sadler's Wellsで父の緩い部分を解消しつつMill Reefをはじめとするナスぺリオンが複数入り、父の良さを強調した配合。馬体のバランスも良いですし、期待できると思います。父

07/12 01:35

6/20,21の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

血は水よりも濃し 望田潤の競馬blog

がUnbridled's Songで母母がToussaudなのでエンパイアと父系母系が同じで前記したクロスも同じですねPioneerof the Nileの代ではFair Trial系×Ribot系のアウトサイダーLord at Warを母父に配して緊張→緩和、そしてAmerican Pharoahの代ではここに新たなスピードを注入しようということで、母LittleprincessemmaはTerlingua

06/22 08:53

6月21日:日曜新馬戦の血統注目馬

血統備忘録

Godが脈絡するHaloクロスによって全体のバランスを決め、それを母内で多重にしたNasrullah≒Royal Chargerが支えるところまでは一緒です。ただ、アドマイヤビレンは母父にStorm Catが入ったことで更にSir Ivor≒Terlinguaが派生し、よく言えばより凝った血統構成となっていますね。 マカヒキにはスプリントで活躍した全姉のウリウリがいる手前何とも比較しにくいです

06/21 10:56

6月20日:土曜新馬戦の血統注目馬

血統備忘録

のSir Ivor≒Terlinguaで形を作り距離が合いそうなシーレカズマ。先ほど紹介したソングラインの母ルミナスパレードと3/4同血を母に持ちこの条件が合いそうなパラノイドあたりでしょうか。

06/20 10:08

6月14日:日曜新馬戦の血統注目馬

血統備忘録

Blade of TimeCosmic Bomb 本馬は2代母ラスキンウォークを強調し、Halo≒Drone≒Sir Ivor、Sir Ivor≒Terlingua、Storm Bird≒Nijinskyを前面に展開する配合となっており、中々凝っています。多重ニアリーHaloですが、この馬の場合は他にダートやスピードの持続力に長けた血の主張が強く、間をとって芝のスプリントからマイル前後で持久力を活かすタイプに仕

した配合となっています。マイルの新馬戦では遅れを取るイメージもありますが、今の渋った馬場が味方する可能性はありそうです。 適性:中距離 父がキズナに代わりより重厚な末脚 他に名前だけ挙げるとすれば、サンデーサイレンスの3×4のバランスでSir Ivor≒Terlingua、Nijinsky≒Storm Birdが続き、如何にもマイル戦が合いそうな雰囲気のモンセラーテ。Mr

06/13 23:43

イスパニダの19(シルク2020年度1歳馬募集)

馬こそ人生

しくなりますよね。 Storm Catにフレンチデピュティ、Mr. Prospectorクロスがどこまで緩くなる確率を下げるかでしょう。 Storm Catの母Terlinguaが持つEight Thirtyはフレンチデピュティの母Mitterandにもあり、Eight Thirtyはパワー面に優れているのでStorm Catとフレンチデピュティのパワーがしっかり伝わるようなら緩く

06/13 23:00
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから

サンデーレーシング・・ラスト!

パン屋のサラッとbreadクラブのブログ

【サンデーレーシング・・ラスト!】☆マネーキャントバイミーラヴ19{父ロードカナロア}牡Nureyev5×4はロードカナロア産駒の常套手段!この母の注目するところは母母Sabreon ではないだろうか!父Caerleon→母「ナスキロラトロ」的母→父Miswaki→母Hopespringseternal「ナスキロラトロ」 母母父Riverman「ナスキロラトロ」と「ナスキロラトロ」という極上の血を積み重ねているところである。その牝系のCaerleonと「≒Storm Cat≒ラストタイクーン」4・3×3Miswakiとラストタイクーンとも脈絡していて、Terlingua≒Hopespringseternal4×5とStorm Catとも母と繋がる。Mill Reef≒Riverman6×5と牝系ラインの血が色濃く継続されていて、ロードカナロア産駒のポイントである!★Nureyevクロス

06/13 12:37

6月7日:日曜新馬戦の血統注目馬

血統備忘録

て2代母ヒストリックスターをバランス良く強調し、上述の母内のBoldnesian≒MoonscapeがTerlinguaと脈絡し足元を支える形態です。マイル前後での適性の高さを感じさせ良馬場での機動力があるのではないでしょうか。良くも悪くも優等生的配合です。 適性:マイル前後 グレイトミッショングレイトミッションはCourtly Deeという世界的な牝系出身。この馬は母アートスタジオの血統が凄く

06/07 11:17

鬼畜POG 2020-2021 指名馬一覧

さるうま!!!

」という組合せ、これがナイスレイズの持つNashua(Mr. Prospectorの母父)とTerlingua(Nasrullah+PrincequilloとニアリーTom Fool)と脈絡します。で、ジャルベラロッサの母父Miswakiも「Mr. Prospector+(Nasrullah+Princequillo)+Tom Fool」という組合せなので、ここも配合のポイントになってくる

06/03 17:47

5/30,31の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

血は水よりも濃し 望田潤の競馬blog

×Storm Catが母母の部分にEight Thirty≒War Relic的な血を入れることで、Sir Ivor≒Terlingua的斬れ味を増幅しつつそれをEight Thirty的なパワーで支える、という図式で大成功したのと同じですよねだからね、前にも書きましたが、カリフォルニアクローム×ディープインパクトで芝クラシック狙える馬が出て何ら不思議はないと私は思っていますよコントレイルはSir Ivor≒Incantation≒Cequillo5×5・6・7でありSir Ivor≒Terlingua5×5であるわけですが、これだけだとディープ×Storm Catやディープ×Gone Westの条件馬によくいる柔らかいけど緩くて非力、みたいなタイプに出る可能性も高いそれをUnbridled≒Jeanoをはじめとする「War AdmiralとLa Troienne」「Eight Thirty≒War Relic」の強力

06/02 13:42
当ページを共有する