アグネスレデイー に関する記事

中央競馬2歳リーディングサイアー(11月15日現在)

ブログ

アグネスレディーは79年オークス勝ち馬、その産駒アグネスフローラは90年G1桜花賞勝ち馬で、G1オークス2着、孫にG1勝ち馬の00年G1日本ダービーなど重賞2勝アグネスフライト、01年G1皐月賞など重賞3勝の種牡馬アグネスタキオン。過去2戦13⇒14着から8番人気で出走したレースは最内枠からゲートをポンと飛び出る好スタートでハナ、そのまま流れてコーナーワークでリードを広げて直線に入って最後は詰められたが1馬身半

11/16 11:57

◎シャドウディーヴァ!第45回エリザベス女王杯(GI)の予想

PCプチ技能向上委員会?

気)ダンスパートナー 3着(3番人気)、3着(4番人気)チョウカイキャロル 12着(10番人気)ベガ 13着(5番人気)コスモドリーム 14着(5番人気)ケイキロク 13着(9番人気)アグネスレディー 15着(9番人気)トウコウエルザ 3着(8番人気)ヤマピット 7着(6番人気)●優駿牝馬(GI/芝2400m)優勝馬で宝塚記念(GI/芝2200m)を勝った馬は一頭も存在しない。[宝塚記念(GI/芝

11/15 15:29

第45回 エリザベス女王杯 GI

gd-fgのブログ

かしい。その約半年前、1,979年の第4回エリザベス女王杯は過去に唯一「阪神競馬場」で行われた。勝ったのは、岡部幸雄騎乗のミスカブラヤで彼女は2冠馬カブラヤオーの妹、2着はその年のオークス〈優駿牝馬〉の勝馬アグネスレディーで彼女は無敗の桜花賞馬アグネスフローラの母である。この堅いレースを僕の父と僕は的中させたように思うが、41年前のエリザベス女王杯であり真偽は確かめようがない。前週の菊花賞で「ハシハーミット・ハシクランツ」という「内藤繁春厩舎の親子丼」が実現して、1番人気の皐月賞馬のビンゴガルーと2番人気の日本ダービー2着馬リンドプルバンはそれぞれ3着と4着に敗れた。アグネスレディーとハシハーミットの主戦は、名手河内洋騎手で後にメジロラモーヌ、サッカーボーイ、オグリキャップ、アグネスタキオン等に騎乗することになる。しかし、桜花賞はともかく普段は京都競馬場よりもパッとしない阪神競馬場のイメージは、代

11/13 22:11

第45回 エリザベス女王杯(GⅠ) 予想1

競馬は興行

【第45回 エリザベス女王杯(GⅠ) 予想1】阪神で行われるエリザベス女王杯。年寄りの僕でもリアルタイムでの経験がありません。一応1回だけ行われた過去の阪神エリザベス女王杯の結果を。1979年第4回エリザベス女王杯1着 714 ミスカブラヤ 2番人気2着 407 アグネスレディー 1番人気3着 510 ハーバーアトリ 3番人気騎手や血統の要素は対応がない(なにせ41年前)ので無視。戦歴でいうなら2着アグネスレディーがオークス馬だったりしますが、そもそも当時のエリ女は4歳(現3歳)限定なのでそこに重点置くのがどうかという疑問はあります。とは言えマイナス材料でもないのでラヴズオンリーユーに一応注意。後は当然出目に注意というところ。注目しているのはある場所に配置された場合のサラキア、ノームコア、戦歴的にはリアアメリア。にほんブログ村人気ブログランキング

11/12 12:39

過去1回だけあった阪神競馬場で行われたエリザベス女王杯

黙寿録

カブラヤオーの全妹ミスカブラヤ。兄と異なり後方からの差し脚が武器で1番人気のオークス馬アグネスレディを1馬身半差しきった。 ミスカブラヤのデビューは桜花賞の2週間前・3月24日と遅く、兄・カブラヤオーと同じくダート1200mに出走。 ここをアタマ差で勝利すると舞台を芝に移し、続く400万下条件戦で2着となる。その後400万下条件のカーネーションカップに主戦騎手となる岡部幸雄を鞍上に迎え出走、2着となる。その後は、4歳牝馬ステークスに勝利し2勝目を挙げると休養に入る。秋に入り復帰したミスカブラヤは、UHB杯・サファイヤステークスを2着した後、京都牝馬特別に出走。5番人気に推され6着と初めて連対を外す。次走は、牝馬3冠目を目指しエリザベス女王杯に出走。安定した成績や血統などから2番人気に支持され、オークス馬アグネスレディーを後方から差しきって優勝した。エリザベス女王杯以後勝ち星に恵まれず、日刊スポーツ賞

11/09 16:41
当ページを共有する