セクレタリアト に関する記事

検索フィルタ

9/22 アルーアキャロル、6歳にして初連戦!久々勝利なるか?

長谷川枕山堂(ハンコ屋+古本屋)日記

く、3頭が競る展開になれば、おのずとハイペースになると予想。差し馬の中から、アルベルティーヌを○に、このクラス2着のあるミスパイロを▲にします。Mr.Propector4×5、Damascus4×6を呼び水に、Secretariat5×5を主導にしたスピード馬。★は、先々週ブリジャールを2着にもってきた戸崎騎手騎乗のオールデン。△は、明日は雨が予想され、最終では重か不良になり、逃げた3頭が粘る展開

09/21 18:46

愛馬紹介(ピンクアリエス18)

谷中小学校の一口馬主blog

統表 父カレンブラックヒルはダイワメジャーの代表産駒。Mr.Prospector系でパワータイプのUnbridledをご先祖に持ち、Storm Catもいらっしゃいます。母ピンクアリエスはキンカメ肌。こちらもStorm Cat持ち。まあ血統表を見れば、Storm Cat4×3はいやでも目に飛び込んでくるはずです。 カレンブラックヒルはSir Gaylord→Droneや、Secretariat

と、やはり効果的なクロスとか、血統表の妙味で、走る馬の発現率を高めていくのが正解だろうとも思うんです。 肌馬ピンクアリエスの血統の中で、僕がキーと思うのはWild RiskとDr.Fager。そしてBlushing Groom。SecretariatやMill Reefといったナスキロの血だけではなくて、祖父ダイワメジャーと好相性の血を継続交配しているのがお気に入りでした。お気に入りってだけで、走るかど

09/21 00:00

オールカマー&神戸新聞杯 詳細見解‼️

開成学園サラブレッド研究同好会 研究発表学会

(芝1200m)勝ち馬で産駒にも6ハロンGⅠを2勝しているテンソヴリンがいるなど自身・産駒共に短距離傾向が強い種牡馬だが、テンソヴリンは母父デインヒル系ということもあり短距離馬になったことに影響していると考えれば、欧州・アメリカの両方で結果を残しているヨハネスブルグ-スキャットダディは融通が利くサイアーライン。この馬の母父ハイシャパラル、母母父トップサイダー、母母母父セクレタリアトを考えれば距離は長

09/20 22:31

2019年 9月21日(土) 4回中山6日目 出走馬 馬名意味由来

論愚阿来無の欠伸日誌(ろんぐあらいぶのあくびにっし)

SecretariatB69注コウギョウブライトD◇△⑯・CC-129Kogyo Bright冠名+明るいスウェプトオーヴァーボードバブルガムフェローノーザンテーストB610 ヴィーヴルサヴィB△▲29・CA-103Vivre Sa Vie我が道を行く(仏)タートルボウルアグネスワールドリアルシヤダイ711 ロブラリアB△●37・AA☆☆96Lobulariaスイートアリッサムの学名より。花言葉は「大きく飛ぼ

09/20 11:33

『覚えておきたい世界の牝系100』掲載牝系一覧

競馬“血統”人生/平出貴昭

サムシングロイヤル 2-sセクレタリアト、ロードカナロア、ニシノフラワーVioletta ヴァイオレッタ 3-cサーパーシー、ティーノソ、プリンスビショップBeaver Street ビーヴァーストリート 3-dヌーヴォレコルト、ストラヴィンスキー、フリートストリートダンサーPange パンジ 3-hシアトリカル、タイキブリザード、ナカヤマフェスタMissy Baba ミッシーババ 3-lエーピーインディ

09/18 13:35

2019年募集(入会検討:ユニオンオーナーズクラブ編)

LONGスタリオン

、ミスタープロスペクターやセクレタリアト等米国の一流馬でパワフルな血のクロスを有する血統構成だ。血統通り、胸前やトモに厚みがあり非常にがっしりした印象。歩様も力強い。父系の特徴と体形からダートの短距離が戦いの舞台になるだろう。スピードに物を言わせ走る姿を早く競馬場で見たい。久しぶりに出かけて行った米国の繁殖セールで、数ある候補の中から選んだのが本馬の母キャントミスです。艶とハリのある健康そうな馬体と大きな瞳に惹かれま

09/15 21:00

募集馬

第よん学区

らしくセクレタリアトの5×6を主導にストームキャットを強調しています。高速のダート馬だとは思いますが、2000万で400口なら1口が5万ですから手頃で買いやすくなっていますね。ツアーで見るのが楽しみな1頭になりました。

09/14 23:30

9/15 ブラックバゴ、7歳にして初ダートに挑む!

長谷川枕山堂(ハンコ屋+古本屋)日記

れほどペースは速くならなそうですので、4コーナー先頭から押し切る競馬があっていると思います。明日は午後から雨も予定されているので、少しでも渋って、脚抜きのいいダートになれば、芝で走って来たブラックバゴにも流れも向くかもしれませんね。対抗○は、上がり馬ですが、Mr.Prospector4*5×5の系列ぐるみが主導のスウィングビートにします。他にもSecretariat5×6のスピードを持つアメリカンなダート配合。単穴▲は、1年ぶりの復活になりますが、Secretariat5×5の系列が主導のフェニックスマーク。母の母シルクフェニックスは、シルクの牝馬でダート重賞で活躍した馬で、X染色体の遺伝経路上のSecretariatがクロスになっている。特注★は、ダート重賞を勝っているハイランドピークを推します。ナイスダンサー4×4を主導に、Mr.Prospector4×5*5、Nashuaのスピードなど加え

09/14 23:05

【セプテンバーセール】№221クロワラモーの2018(牝 父マクフィ)

(有)村田牧場通信

は有効のようで、Make Believeの血統では母父Suave Dancerが、Bonnevalの場合でも母父Zabeelの血が「Northern Dancer+Nearco/Prince Roseのニックス」から成る血に該当します。 クロワラモーの2018においては、母クロワラモー内にあるStorm Cat(Northern Dancer+Secretariat)が同じく同様の血統傾向を持っ

09/14 21:38

キーンランドセプテンバーセールの個人的注目馬(その3)

一口とPOGと馬券と僕

の異系感・武骨感ある配合は気に入っていて、 そこにクロスのきつめ(ミスプロ4×4、セクレタリアト4×5)なSpring Jumpを持ってきた配合は緊張と緩和のリズムにもかなっているかと。 ちょっとブラックタイプが薄いかなぁという気がしないでもないですが。 Hip709 Shackleford×Wonder Upon a Star(by Street Cry) グ ラ ス 最 強 言いたかっただけ

09/13 23:01