ヘイロー に関する記事

検索フィルタ

インゼルTC募集馬配合分析 オワセイフの20 ビウィッチドの20

シオノゴハンブログ

、柔軟性とスピードを兼ね備えた競走馬でした。こうした米国ダートで通用するスピードと柔軟性はプラスに働くでしょう。 Halo≒Sir Ivorのニアリークロスも4×6×5で入り、柔らかなスピードを産駒に付け加えてくれそうです。 歩様を見たとき、歩く姿が私には柔らかく見え、とても期待できそうに映りました。クロスを見ると悩ましいものがありますが、スピードを加えている要素も確かにあり、名種牡

10/24 17:04

菊花賞2021 予想 ステラヴェローチェ、オーソクレースとも芝1800m以下での実績の高さがマイナス?

菊花賞2021/天皇賞(秋)2021/あみー競馬予想

離向き、血統は1800m前後向き(?) 父:ヴィクトワールピサ×母父:キングヘイロー×母母父:オペラハウス。 5代内クロス:Halo 4x5x4、Mr. Prospector 4x5、Northern Dancer 5x5。 クロスはスピード型優位、血統全体は欧州(+日米)型

x5、Halo 5x4、Mr. Prospector 4x5、Busted 5x5。 クロスはスピード型やや優位、血統全体は欧日(+米)混合型 ------------------------------------------------------------------------------------------ 補助情報:(近親馬、母系の活躍馬、その他) おじ:ゴスホークケン=朝日杯FS 中山芝

10/24 14:30

しっぽの予想 菊花賞

涙を馬のたてがみに

【しっぽの予想 菊花賞】今年は阪神の3000Mなのだがあまり極端な変わり方はしないのではないだろうか 軸は素直にステラヴェローチェ 父バゴに母系ディープにリファール、ロベルトで1着のイメージは全くないのだが まあサッカーでいうところのごっつぁんゴールみたいな感じで2,3着なら堅いという イメージ 相手はやはり7匹目のどぜうということで該当はワールドリバイバル、ディヴァインライト オーソクレースがSS18,75%のインブリード ここは母系にディープ、サドラーズウェルズ、ネヴァーベンドを持つオーソクレース 母系サドラーズウェルズでヘイロー4×4のアサマノイタズラも侮れない レッドジェネシスは母系の軽さがちょっと気になる ひょっとしてが父系にリボー系ヒズマジェスティ4×5を持ちヘイルトゥリーズン4×5も 併せ持つエアサージュ あとは牝馬だがディヴァインライトと流れ向けば、のモンテディオ 3連複

10/24 10:37

菊花賞2021 予想/買い目

楓花悠々ブログ

【菊花賞2021 予想/買い目】今日はクラシック3冠の最後菊花賞です。 資料まとめは早々に終わったのですが、横綱/大関の不在で 且つ関脇/小結が多いメンバーになり、予想は迷いました。 迷ったのは軸きめです。 まずステラヴェローチェ 戦績は十分だがバゴ産駒、3000mが持つかどうか 長距離は騎手3割と騎手の比重が大きくなるのだが、 まだ若い吉田隼人が心配 次にレッドジェネシス 配合はディープとノーザンダンサー系で適正抜群 騎手も川田優雅と信頼が大きい ただ、小回りの阪神で差しが効くかどうか、 もまれないかが心配、調教も今一つらしい。 後はオーソクレース 配合がロベルト系とヘイロー系で長距離は問題なし。 調教もスタミナ、パワー十分で問題なし 鞍上も名手ルーメールだ ただまだ4戦の消化で大舞台を踏んでないので幼さが心配。 そこで、ここは第一感を信じて軸はオーソクレース 対

10/24 10:00

九星予想10/24(菊花賞)

九星競馬日記

16 ノーザン21サンデー21 ディープ12 F2:20◎⑦スプリットザシー86.3 血統:サンデー21 BGP:38 ディープ48 BSP:53 F2:40 F8:32 FNP:81 ○⑤シタン86.2 血統:ヘイロ―16 BSP:30 F1:32 FNP:40 ▲⑨マリヨンヌ85.5 血統:サンデー26 BGP:29 Tサンデー20 BSP:27 F2:100 F8:16 FNP:124

10/24 09:09

インゼルTC募集馬配合分析 スカイダイヤモンズの20

シオノゴハンブログ

わります。スタミナ的な要素が加わります。中長距離×母短距離という配合で、母のスピードを父のスタミナで走るイメージでしょうか。スカイダイヤモンズはBold RulerとPrincequilloに加えて、Red God、Sir Ivorの血も引いており、スピード的な要素を複数持っています。特にRed GodとSir Ivorはハーツクライの持つHaloの血とニアリーとなり、日本適正を高いスピードを引

10/23 23:19

菊花賞全頭診断‼️

開成学園サラブレッド研究同好会

【菊花賞全頭診断‼️】《菊花賞》今年の菊花賞は阪神内回り3000mで行われる。京都外回り3000mはスタート直後に上り坂があるのでペースが落ち着きやすいが、阪神3000mはスタート直後には大きな高低差はないので、例年よりは速いペースになりそう。1ワールドリバイバルウインドインハーヘアの牝系のエピファネイア産駒。この枠であれば、おそらく前に行く競馬をするだろう。今まで馬券圏内に入った4戦中3戦はほぼ高低差のないコース、1戦は未勝利戦での中京であり、今回の阪神コースでは厳しそう。好走したラジオNIKKEI賞も斤量面での有利があったので、GⅠでは厳しい馬。△2アサマノイタズラヴィクトワールピサ×キングヘイロー×オペラハウスという血統で、Haloの4×4×5、Mr. Prospectorの4×5、Northern Dancerの5×5というクロス持ち。ヴィクトワールピサ産駒はマイル向きの馬が多く

10/23 20:54

第82回菊花賞 考察 

競走馬血統考察「迂回血ライン」~深遠なる血の連鎖~

のみで。2.アサマノイタズラ(ヘイロー4・5×4)・RRP:145=127+8+10 そもそも父ヴィクトワールピサ自身がヘイロー(3×4)を持つので、母父キングヘイローとなる配合では上記のようなヘイローのトリプルラインが生じる。 その意味ではサトノダイヤモンドと近い配合要素とも言えなくもないが・・・。 昨年あたりから、「母父キングヘイロー」が存在感を増しているのは、ディープボンドやピクシーナイトなどの活躍が顕著だからだが、そもそもダンシングブレーヴ直仔種牡馬の中での評価で言うと、ホワイトマズルのBLP=11で、キングヘイローのBLP=9と、個人的な血統評価では当然ホワイトマズルのほうが上だった。 実際の種牡馬実績にも「迂回血ラインの優位性」が顕著に反映した事例なのだが、そのキングヘイローが「母父」の立場でなら実績を上げられるのは、当然ヘイロー直系のサンデーS系種牡馬たちとの配合でヘイロークロス

10/23 19:17

2021大阪スポーツ杯予想~2列目穴フォメ

馬くいかねぇぜ!

【2021大阪スポーツ杯予想~2列目穴フォメ】土曜はあとは阪神メインを予想しておきます。新潟直線は注目していた6マブセレナードが圧勝しましたが、枠にひるんで他の外の人気馬からフォーメーションを組んでしまい残念な結果に。馬券になった馬それぞれ買えない馬ではなかったので、常識的なチョイスが悔やまれます。【阪神11R 大阪スポーツ杯】ダ1200◎8ヴァニラアイス○10レシプロケイト▲11シャイニーブランコ☆4デンコウリジエール△7、12、15、16人気のレシプロケイトが軸で良いかと思います。けっこう前が混む展開になると思うので、道を探しながらでも差し届くでしょう。着には届くとみて三連複の軸は○で。二列目に穴馬を並べます。前走大敗も、適性は抜群のヴァニラアイス。母父ヘイロー系のタイキシャトルもポイント。同じくヘイロー系のメイショウボーラー産駒デンコウリジエール。あとはヴァイスリージェントを持っ

10/23 13:00

ステラヴェローチェに信頼のS評価!2021菊花賞-全頭診断

NGEブログ

開。負かした相手も8歳、6歳の2勝クラスで2着馬とは迫られての鼻差勝利。 戦歴優秀とはいえ戦ってきた相手は2枚も落ちる。3最上位の馬と初対戦で戦歴から上位争いは厳しい。 【評価】全頭診断に戻る 5枠9番ヴェローチェオロ(牡3)(適正B 能力B 総合B) 父ゴールドシップ(サンデー系) 母父タイキシャトル(欧ヘイロー系) 芝の上がりの掛かる競馬、非根幹距離の距離延長に強

10/23 12:27
当ページを共有する