Larkspur に関する記事

検索フィルタ

【ノルマンディーOC募集確定馬】No,1 フィアレスの2018(牡1)の強烈な配合は相当にカッコエェように映る。

【馬券購入】もう、お腹いっぱいです。【競走馬出資】

と Blue Larkspur」の組み合わせのクロスとなり、そして Numbered Account は母父が Swaps なので Courtly Dee との間では Tulle≒Iron Reward のニアリークロス(共に2代母が Betty Derr でそこを起点に Beau Pere と War Admiral を迎え)までもが派生するという。名繁殖 Courtly Dee の血をここまで執拗に増幅

10/01 12:37

令和最初のPOG・2019 - 2020シーズン、23th身内POG指名馬レビュー!!(第4回)

POG血統探検blog

がBlue Larkspur、War Admiral、La Troienne、Sir Gallahadなどで脈絡し米パワーを強力に増幅しています。母父BertoliniのDanzig+Alydarも強力なパワー増幅血統と考えると、とにかく持続パワーの塊というイメージですね。ジェンティルドンナは、上り最速を計時したのが未勝利と後方からレースを進めた桜花賞、オークスの3回のみ。また、本馬と7/8同血のいとこ

09/23 19:07

令和最初のPOG・2019 - 2020シーズン、23th身内POG指名馬レビュー!!(第3回)

POG血統探検blog

にもなります。一方で、本馬はダノンファンタジーが持たないDamascus持ち。Damascus持ちのディープ牡馬にはキズナ、サトノラーゼン、カミノタサハラ兄弟などがいます。Damascusは母系に入って米パワーを伝える血ですが、その根源はBy Jimminy≒Blade of Timeの3×2という強烈な相似クロス!両馬は父がPharamond=Sickle、母父がBlue Larkspurです。そして、ディープインパクトの4代前のCosmic Bombは父がPharamond、母父がBlue LarkspurですからDamascusとの間ではCosmic Bomb≒By Jimminy≒Blade of Timeが発生するワケです。ただ、Damascusは母系に入ってパワー増幅のサポートをしてくれますが、それ自体が配合の主役となる血ではないんですよね。血統も見ても近い代でディープとの間で脈絡する血は他

09/01 17:55

雑記 19/08/24

砂時計のくびれた場所

【雑記 19/08/24】「そもそもMr. Prospector×Buckpasserってなんなんだろう」 という「そもそも論」が飛び出てしまう日があります。 これがWild Riskなんかの話であれば簡単で、Haloでもそこそこ大丈夫。しかしMr. Prospector×Buckpasserというありきたりで強い組み合わせについては何にも分かりません。 だってね、考えてもみてくださいよ。   Seeking the Gold「僕は4分の3Blue LarkspurでRomanも抱えてるんですわ」 Woodman「俺はSwaps!」 Miswaki「おいらの母ちゃんはNasrullah×Princequillo×La Troienne×Tom Fool!」 マイニング「私は父母間Raise a Nativeクロスです」   「4分の3同血」の分際でこれだけ主張します。名血統×名血統のニックスは許容範

08/24 02:17

雑記 19/08/21

砂時計のくびれた場所

つパターンが好走しています。Wild Riskまで広げるとほぼほぼハズレ無く。となると「非Blue Larkspur」の絡みがあるはずなのですが・・・ここからの飛躍に欠けるんが、難しいところです。   [fin]  

08/22 01:11

【サマーセール】№1119ダンシングハートの2018(牡 父ヘニーヒューズ)

(有)村田牧場通信

しています。 モーニンのように母方にMr.Prospectorの血を持つヘニーヒューズ産駒の場合、Mr.Prospectorの2代母Miss Dogwoodとヘニーヒューズが持つNothirdchanceによる相似クロスができます。 いずれの血も、Bull Dog(Sir Gallahad)×Blue Larkspurの組み合わせを持つ血脈です。 ダンシングハートの2018の2代母であるアイレスバリーヒルはBuckpasser3×3を持っていますが、Buckpasserの2代母BusinesslikeはBlue Larkspur×Teddy(Bull Dog、Sir Gallahadの父)の組み合わせなので、ダンシングハートの2018血統にはNothirdchance≒Miss Dogwood≒Businesslikeによる相似クロスがあるとも考えられます。 ワイドファラオ

08/13 11:02

令和最初のPOG・2019 - 2020シーズン、23th身内POG指名馬レビュー!!(第2回)

POG血統探検blog

で、シルバーステートたち同様シンプルな父母相似配合になっています。一方で、シルバーステートら父ディープの半兄2頭と異なる点も。それは、父母ともに配合のポイントが共通しており、そのポイントを本馬の代で継続・発展させている点にあります。ハーツクライ自身は、血統のキモとしてBlue Larkspur・Sir Gallahad・Teddyの脈絡によるNothirdchance≒Revoked≒Businesslikeの4×5・6相似クロスを有しています。一方、本馬の母シルヴァースカヤも以前「2017 - 2018シーズン、21th身内POG指名馬レビュー!!(第13回)」で触れているように、同様の仕掛けを有します。具体的にはBlue Larkspur・Sir Gallahad=Bull Dogの脈絡によるNothirdchance≒Rarelea≒Bull Pageの4・4×5相似クロスです。つまり、本馬の代では父

08/10 19:07