バンブーシザラ に関する記事

追憶の名馬たち8 1972年

元厩務員の追憶

は見せられない。一度は女王として賞賛された誇り。いや、反逆の血が、フツ、フツと燃えたぎる。11月19日、ビクトリアカップ1.アヤヒリュウ2.ダイヤファスト3.アチーブスター4.カンツォーネ5.タイラップ6.シンモエダケ7.マイテンリュウ8.ネバージョオー9.タカイホーマ10.シュウエイホープ11.フィーユ12.バンブーシザラ勝つために西下したビクトリアカップ。やめるわけには行かない。その強さに他の関

08/22 14:00

追憶の名馬たち4 1972年

元厩務員の追憶

【追憶の名馬たち4 1972年】 桜の女王。あと一歩。母ハクニシキは1960年オークス3着馬ではあるが、母系は3代前から消えている。『サラ系』、サラブレッドであるだろう馬。いわれのない屈辱を受け続ける母系から出たシンモエダケ。小倉デビュー・・・クラシックを獲れる器ではない。言われ続け、走った。条件馬のように走り続けて12戦、8勝。牝馬に負けたことは一度もない。そして、自他ともに認める最有力候補として臨む桜花賞。幼年期に忘れられた存在であったヒカルイマイ、トウメイ。眩いほどに輝いた『反逆の血』。ともに父シプリアニだった。そして、シンモエダケも同じ、父シプリアニ。シンモエダケが勝たなくて、誰が勝つ。5月21日、桜花賞。1.マルブツフラワー2.クラウンローザ3.アチーブスター4.センコウクイン5.シードリーム6.タイソング 出走取消7.バンブーシザラ8.カンツォーネ9.ビーテイーフラワー10

08/21 12:00