ラウンドテーブル に関する記事

検索フィルタ

【新潟11R 新潟記念】◎レイエンダ

モンジューのひ孫の☆ ~血統ウェーヴ~

【【新潟11R 新潟記念】◎レイエンダ】ブログ開設(正確にには移設だが)してから馬券が絶不調に陥ってしまったが、今日は久々に勝つことができた。もともと全レース予想して馬券を買っていたのだが、こんなブログでも書くには労力が要るので競馬当日は少し楽をして予想レースを絞ったことが良かったのだろう。 さて、このブログの◎はまだ1勝もしていないから困ったものだが、今回の◎は人気でも決して置きに行ったものでは無い。 【◎レイエンダ】 クラシック路線を期待された「レイデオロの全弟」が新潟記念を走っている時点で適性外の過剰人気だと疑ってかかったが、「血統ウェーヴ」的にはこの馬は無視する訳にはいかない。 [13年前の勝ち馬トップガンジョーとの共通点] 【トップガンジョー】 ・2002年産 ・母父母父ラウンドテーブル媒介プリンスキロ(2/3) ・4歳時、前走エプソムカップ1着からの休み明け 【レイエンダ

08/31 20:20

第85話 ニジンスキー最高傑作

KEIBA STATION

【第85話 ニジンスキー最高傑作】今回登場する名種牡馬は、二十世紀最後のイギリス三冠馬「ニジンスキー」有能な後継者のお話。 1980年。アメリカケンタッキー州クレイボーンファーム。 1頭の牡馬が誕生し、セリに出品されイギリスの「ロバート・サングスター氏」に購入された彼の名は 「カーリアン」 英国ウェールズに存在する村の名前が由来。この村は、伝説の王の故郷という話も。 実は1927年に同名の馬が存在しており、今回のカーリアンは「CaerleonⅡ」と表記されていることも多いです。 お父さんのニジンスキーも「NijinskyⅡ」と表記されることもあり親子でセカンドを名乗るのも珍しい。 ※ここでは以後「カーリアン」に略称。 父は、51話「ニジンスキー」 母父は、32話「ラウンドテーブル」 母母父は、34話「ヘイルトゥリーズン」 スピード、スタミナ、瞬発力などバランス良く配合されている。 あ

06/20 08:06