Nantallah に関する記事

検索フィルタ

コロナ渦のPOG・2020 - 2021シーズン、24th身内POG指名馬レビュー!!(第8回)

POG血統探検blog

Nantallahを通じたGold Digger≒Bramaleaの相似クロス持ちでパワー要素が強めに出たマイラー配合です。本馬はここまで4戦未勝利。パワー要素が強いもののクルーガーの成績を見ても、2,3歳時は素質だけで戦い一線級には歯が立たず、能力開花は3歳秋以降という感じはあります。さらに10月すぎに肺炎を患い順調さを欠いたのも痛かったですね。。。ダブルパンチで3月末に骨折したようで、期間内出走

05/04 23:35

馬券予想(2021/04/03)

さるうま!!!

タックスヘイブンもまた、アットザシーサイドやアルバタックス(どちらも父キングカメハメハ)のようにKingmamboと相性がいい牝系で、理由もまた同じように両者がニアリーな関係だから。※ThongとLt. Stevensは全きょうだい、Nashua≒Nantallahについては、この記事のスウィートアンドフローレス2019の部分を参照してくださいやはりKingmamboのパワーが出てくるのも一緒

04/03 00:04

第51回高松宮記念回顧~非サンデーのカナロア、頑強さを増しついに短距離王の座に

血は水よりも濃し 望田潤の競馬blog

.Prospector4×4となり、Mr.ProspectorとRobertoとNureyevのNashua≒Nantallah的トライアングルをメインに、全体にHollywood Wildcatの血脈構成を増幅し活かした配合といえますかねスピニングワイルドキャットは輸入されてからこれまで8回のうち6回ロードカナロアが配されており、ケイアイファーム期待の繁殖ですから当然といえば当然なのですが、スピニングワイルドキャットが輸

03/29 14:51

3/20,21の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

血は水よりも濃し 望田潤の競馬blog

【3/20,21の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報】■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2019)』で望田潤が推奨したヴィクティファルス(牡3歳)が日曜中山11RのスプリングS(G2・芝1800m)を勝ちました。★ジーワンサラブレッドクラブ父ハーツクライ母ヴィルジニア(Galileo)https://db.netkeiba.com/horse/ped/2018104948/牡 募集価格:3600万円母ヴィルジニアはシルバーステートやヘンリーバローズの半姉にあたり、自身もJRA3勝で、重賞でも差のないケイバになった実力馬。俊敏なピッチ走法はSadler's WellsとMr.ProspectorとRobertoとNiniskiを通じるNantallah≒Nashuaの継続クロスに因るものでしょう。本馬は遅生まれで牡馬にしては小柄ですが、動きはしなやかかつ俊敏で、全体としては母似ですがそこに父

03/22 11:29

【2020-2021世代・重賞馬】ヴィルティファルス

ジョイナスのカラオケBOX

【【2020-2021世代・重賞馬】ヴィルティファルス】ヴィルティファルス 馬名:ヴィルティファルス 父:ハーツクライ 母:ヴィルジニア 母父:Galileo 調教師:池添学 馬主:G1レーシング 生産者:ノーザンファーム 戦歴:2-1-0-0 主な勝ち鞍:スプリングステークス ヴィクティファルス | 競走馬データ - netkeiba.com 道悪のスプリングステークスを池添騎手らしい外差しで制し、クラシックに駒を進めた。   母ヴィルジニアはシルバーステートやヘンリーバローズの半姉で、ザメトロポリタン(豪州)を制したSevilleの全妹。Galileo×Silver Hawk×Niniskiなので、Nashua≒Nantallahを代々重ね合わせたパワー配合。だから道悪が合うのも納得だ。 今年の牡馬クラシックはダノンザキッド、エフフォーリアを筆頭にどちらかといえば府中向きの有力馬が多

03/21 21:15

3月20、21日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

栗山求の血統BLOG

【3月20、21日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報】■『一口馬主好配合馬ピックアップ2019』で望田潤が推奨したヴィクティファルス(牡3歳)が日曜中山11RのスプリングS(G2・芝1800m)を勝ちました。コメントは以下のとおり。 ★ジーワンサラブレッドクラブ 父ハーツクライ 母ヴィルジニア(Galileo) https://db.netkeiba.com/horse/ped/2018104948/ 牡 募集価格:3600万円 母ヴィルジニアはシルバーステートやヘンリーバローズの半姉にあたり、自身もJRA3勝で、重賞でも差のないケイバになった実力馬。俊敏なピッチ走法はSadler's WellsとMr.ProspectorとRobertoとNiniskiを通じるNantallah≒Nashuaの継続クロスに因るものでしょう。本馬は遅生まれで牡馬にしては小柄ですが、動きはしなやかかつ俊敏

03/21 20:42

【2020-2021世代・重賞馬】ラーゴム

ジョイナスのカラオケBOX

たという事実が重くのしかかる。本番では完璧に立ち回るだけでは厳しいかもしれない。   オルフェーヴルとNashua≒Nantallah オルフェーヴルはMr. Prospector系の肌との相性がいいが、配合論的な根拠は母系に入るNantallah(グランマスティーヴンスの父父)がMr. Prospectorの母父Nashuaとニアリーであることに求められるだろう。 RobertoとミスプロとSpecial一族における、Nashua≒Nantallah的パワー増幅について再度 - 血は水よりも濃し 望田潤の競馬blog Nashua≒Nantallahがどういうクロスなのかは望田潤先生のブログを読んでほしい。 オルフェーヴル産駒の上級馬はNantallahに触れた配合が多い。マルシュロレーヌ以外の獲得総賞金1億円以上のオルフェーヴル産駒は母系にミスプロやロベルト、サドラーズウェルズ又はヌレイエフ

03/06 00:02
当ページを共有する