Ksar に関する記事

検索フィルタ

ブラジルの種牡馬(ハイペリオン系③ オーエンテューダー系2⃣)

おにーこわをんのブログ

(BRZ1961)、Estupendo(BRZ1965)、El Caporal(BRZ1967)、El Guarani(BRZ1967)、El Ksar(BRZ1968)、El Rico(BRZ1968)、El Escorial(BRZ1969)、El Lazador(BRZ1969)、El Charrua(BRZ1970)、El Taura(BRZ1970)、Abanor(BRZ1971)、El

06/26 00:11

【競走馬のインブリードについて】ネットで質問してみた

相馬の梁山泊~トンボの眼鏡のブログ~

【【競走馬のインブリードについて】ネットで質問してみた】質問内容は以下の通りです。 競走馬のインブリードについて 欧米では強いクロスの馬がよく見られ、活躍する馬も多々あります。最近ではエネイブル(サドラーズウェルズの3×2)、古くはFlying Fox(Vedetteの3×2)や Ksar(Vedetteの3×2)、コロネーション(トウルビヨン[Tourbillon]の2×2)。デインヒル(ナタルマ[Natalma]の3 × 3)、ラムタラ(ノーザンダンサー[Northern Dancer]の2 × 4)など。日本ではこのような濃いインブリードでG1を勝った馬はシンコウキング(Northern Dancerの2×3)やフサイチコンコルド(ノーザンダンサーの3×3)がいますが、いずれもマル外や持込馬で、日本で種付けされた馬ではありません。質問です。 強いクロスを持つ馬がなぜ欧米(特

05/06 19:10

【タイムトラベリングの2019】2020年募集馬注目クロス④G1編<第2回>

一口馬主が産駒の特徴を探る~相馬の水滸伝

.50%)を持つエネイブルの例は有名だが、古くはFlying Fox(1899年のイギリス三冠馬)や Ksar(凱旋門賞を2回優勝)などが知られる。 なぜ欧州に大レースを勝つ3×2(37.50%)の馬が日本に比べて少なくないのか。 その答えは後日、NOTEの「1口馬主講座」の特集「インブリード考(仮題)」でじっくりと書いてみたい。 https://note

05/06 01:50

【タイムトラベリングの2019】2020年募集馬注目クロス④G1編<第2回>

一口馬主が産駒の特徴を探る~相馬の水滸伝

.50%)を持つエネイブルの例は有名だが、古くはFlying Fox(1899年のイギリス三冠馬)や Ksar(凱旋門賞を2回優勝)などが知られる。 なぜ欧州に大レースを勝つ3×2(37.50%)の馬が日本に比べて少なくないのか。 その答えは後日、NOTEの「1口馬主講座」の特集「インブリード考(仮題)」でじっくりと書いてみたい。 https://note

05/06 01:50
当ページを共有する