ラジオNIKKEI賞(2024/06/30) のレース情報

基本情報
福島芝・右1800M
芝・右1800M
雨  
GⅢ   サ3才(国)(特) / ハンデ
第73 回 ラジオNIKKEI賞    
12 頭
15:45発走
本賞金) 4,100 - 1,600 - 1,000 - 620 - 410 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧予想
コース・ラップ
平均ペース
黒線は上から最高・平均・最低ラップ
直線 292 M
image
直線 292 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.45.3
前半5F:
58.4
後半3F:
35.0
ペース:平均
25 (-5+30)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 田辺裕信 56.0 1.45.3 34.2 12-11-11-11 6 11.2 Farhh / Rose Trail 栗) 吉村圭司 444 +10 5 5
02 アタマ 三浦皇成 56.0 1.45.3 34.5 -6--6--8--3 4 6.4 マクフィ / オールドフレイム 美) 宗像義忠 478 +6 1 1
03 11/4 津村明秀 54.0 1.45.5 34.9 -4--4--6--5 5 7.7 ノヴェリスト / ヤマニンアドーレ 美) 辻哲英  454 +8 4 4
04 クビ 吉田豊 51.0 1.45.6 35.3 -1--1--1--1 12 25.4 グレーターロンドン / メイショウサリー 美) 高柳瑞樹 466 0 2 2
05 13/4 菅原明良 54.0 1.45.9 35.4 -8--8--4--7 3 5.9 スワーヴリチャード / スカイフ 美) 手塚貴久 486 -6 12 8
06 3/4 北村友一 54.0 1.46.0 34.9 10-10-11-11 11 22.4 モーリス / ディアデラマドレ 栗) 松永幹夫 470 -4 9 7
07 11/2 松岡正海 55.0 1.46.2 35.5 -8--8--8--8 2 5.6 キタサンブラック / コスモアクセス 美) 畠山吉宏 480 +2 6 5
08 3/4 荻野極 54.0 1.46.3 35.8 -4--5--4--3 10 20.2 エピファネイア / ジュントップヒトミ 栗) 友道康夫 482 0 11 8
09 クビ M.デム 56.0 1.46.4 35.8 11-11--6--8 1 5.1 ジャスタウェイ / ワンダーオブリップス 栗) 友道康夫 514 0 8 6
10 13/4 西塚洸二 57.0 1.46.7 36.3 -3--3--2--2 9 19.2 レイデオロ / ゴールデンドックエー 栗) 藤原英昭 494 +8 10 7
11 アタマ 横山和生 56.0 1.46.7 36.0 -6--6--8--8 7 13.0 ディープブリランテ / センティナリー 美) 上原佑紀 466 0 7 6
12 戸崎圭太 58.0 1.47.2 36.8 -2--2--2--5 8 13.3 デクラレーションオブウォー / スリーアロー 美) 鹿戸雄一 484 3 3
単勝 5番 (6人) 11.2 枠連 1-5 (4人) 11.9 複勝 5番(7人)
1番(5人)
4番(4人)
3.4
2.5
2.4
ワイド 1-5(7人)
4-5(18人)
1-4(14人)
9.1
12.0
9.9
3連複 1-4-5 (23人) 70.0 馬連 1-5 (13人) 29.6
3連単 5-1-4 (167人) 457.4 馬単 5-1 (32人) 68.0
名前                1着 2着 3着 種別 全予想 回収率 収支 グラフ
3複3単 全予想 441% 26620
× 3複 全予想 424% 21380
3複3単 全予想 342% 18880
レース後のコメント
1着 オフトレイル(田辺裕信騎手) 「あそこまで後方から行くとは考えていなかったのですが、凄い脚を使ってくれました。流れに乗って行ければというのはありましたが、ゲートの中でソワソワする場面がありスタート自体は上手に出られませんでした。ペースが流れて、それに巻き込まれなくてよかったと道中は思っていました。今日のようなレースができれば、好位で運ばなくてもいい脚が使えると証明できましたし、レースの幅も広がったと思います。(地元福島での重賞勝利の味は?の問いに)美味しかったです。ごちそうさまでした(笑い)」

2着 シリウスコルト(三浦皇成騎手) 「この枠を生かせてやりたいケイバは出来ました。 調教からコントロールがきいていました。この斤量で勝ちに行ってこの結果でしたから馬をほめてあげたいと思います」

3着 ヤマニンアドホック(津村明秀騎手) 「1、2コーナーで引っかかる感じでした。しかし、それでこれだけ走るのですから体力があります。もう少し大人になれば変わってくると思います」

4着 メイショウヨゾラ(吉田豊騎手) 「良い枠順で、リズム良く行けました。欲を言えばもう少しハミをかまずに行けたら良かったです。ハンデもあり、よくがんばってくれたと思います」

5着 ショーマンフリート(菅原明良騎手) 「2コーナーで内から出られて一列下げないといけなくなり、位置が下がりました。あのままの位置だったら最高だったのですが...。外を回って最後苦しくなりましたが、それでも5着とふんばってくれました」

9着 サトノシュトラーセ(M.デムーロ騎手) 「小回りは良くないようです。エンジンが上がりませんでした。コーナーで馬のペースが上がらず、ギアが4のままで、5まで上がりませんでした」

10着 ミナデオロ(西塚洸二騎手) 「道中思った以上にりきんでしまいました。前にカベを作れたら良かったのですが、内に入れず外々の3番手でレースをすることになりました。(そういうことがなければ)もう少し良いパフォーマンスを見せられたと思います」

11着 アレグロブリランテ(横山和生騎手) 「流れも時計も速かったです。もう少し渋って時計がかかれば良かったと思いますが、この経験を生かしてあらためてですね」

関連記事
関連つぶやき
ギャラリー
Youtubeデータの取得でエラーが発生しました
予想動画
過去のレース一覧
お知らせ・つぶやき
操作メモ
当ページを共有する