フジテレビ賞スプリングステークス(2024/03/17) のレース情報

基本情報
中山芝・右1800M
芝・右1800M
晴  
GⅡ   サ3才(国) 牡・牝 (指) / 馬齢
第73 回 フジテレビ賞スプリングステークス    
10 頭
15:45発走
本賞金) 5,400 - 2,200 - 1,400 - 675 - 675 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧予想
コース・ラップ
スローペース
黒線は上から最高・平均・最低ラップ
直線 310 M
image
直線 310 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.49.4
前半5F:
1.03.1
後半3F:
33.7
ペース:スロー
-108 (-138+30)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 ルメール 57.0 1.49.4 33.3 -3--3--3--3 1 2.9 キズナ / フィンレイズラッキーチャーム 美) 国枝栄  492 -4 4 4
02 31/2 横山和生 57.0 1.50.0 34.3 -1--1--1--1 9 25.3 ディープブリランテ / センティナリー 美) 上原佑紀 470 0 7 7
03 横山武史 57.0 1.50.1 33.9 -4--4--4--4 4 7.3 イスラボニータ / ゴージャスランチ 美) 鹿戸雄一 462 +2 2 2
04 ハナ 松岡正海 57.0 1.50.1 33.8 -5--4--4--4 6 9.3 グレーターロンドン / ギャルソンヌ 栗) 福永祐一 480 0 5 5
04 同着 石川裕紀 57.0 1.50.1 34.2 -2--2--2--2 7 10.2 ゴールドシップ / コスモバタフライ 美) 小野次郎 480 -2 9 8
06 1/2 戸崎圭太 57.0 1.50.2 33.4 -8--8--8--8 8 13.8 キズナ / ライフフォーセール 美) 木村哲也 470 +6 10 8
07 クビ 岩田康誠 57.0 1.50.3 33.7 -6--6--6--6 5 7.8 レイデオロ / チャーチクワイア 美) 手塚貴久 452 0 6 6
08 ハナ 北村友一 57.0 1.50.3 33.7 -6--6--6--6 10 53.4 モーリス / ディアデラマドレ 栗) 松永幹夫 480 +10 8 7
09 クビ 幸英明 57.0 1.50.3 33.5 -9--8--8--8 2 5.8 ドレフォン / ウォーターピオニー 栗) 河内洋  462 +4 3 3
10 坂井瑠星 57.0 1.50.6 33.4 -9-10-10-10 3 6.7 エピファネイア / ジュントップヒトミ 栗) 友道康夫 482 -8 1 1
単勝 4番 (1人) 2.9 枠連 4-7 (10人) 23.4 複勝 4番(1人)
7番(9人)
2番(6人)
1.5
5.3
2.6
ワイド 4-7(26人)
2-4(3人)
2-7(25人)
16.3
5.0
16.2
3連複 2-4-7 (40人) 91.0 馬連 4-7 (23人) 49.2
3連単 4-7-2 (238人) 533.8 馬単 4-7 (41人) 73.4
名前                1着 2着 3着 種別 全予想 回収率 収支 グラフ
3複3単 全予想 741% 43600
3複 全予想 874% 38700
3複3単 全予想 457% 31400
× 3複3単×2 全予想 330% 24400
3複3単 全予想 113% 500
レース後のコメント
1着 シックスペンス(C.ルメール騎手) 「向正面で風が強く、ペースが落ちましたが、馬の後ろでちょうどいいポジションが取れました。早めに大外に出しました。反応が良かったです。距離を延ばしても彼にとっては問題ないと思います。とても乗りやすい馬ですし、2000m以上もいけると思います。今日で3戦3勝ですし能力がありそうです。今日は楽に伸びてくれましたし、上のクラスにいけると思います」

(国枝栄調教師) 「スタートが良く、良い位置を取れましたし、折り合いもついて、理想的な競馬だったと思います。3コーナーから4コーナーにかけて馬場が悪いことを考えると、外目の3番手につけた時点で馬場を選んで走れますしね。ペースが遅い中で前目の位置にいましたし、折り合いも良かったですから理想的でしたね。 コントロールのしやすい馬で、ここにきて体に伸びが出てきています。体は硬めですがフットワークが良い馬ですから、距離は伸びても平気ではないかと思います。今後、レースの疲れなどが出るかもしれませんが、現時点ではあまり課題というものは見当たらないですね。 (「ここまで間隔を開けて使ってきて皐月賞へは中3週となりますが」

という質問には)その点はオーナーと相談して決めることになると思います」

2着 アレグロブリランテ(横山和生騎手) 「調教から乗せて貰って、イメージ通りの競馬ができました。バシっと出して行って、良い感じのリズムとペースで競馬ができたと思います。(スタッフから)集中力が続かないと聞いていましたが、逆に緩急がついて良いと思っていました。今日の馬場も味方になったと思います。あとは、順調にいって欲しいです」

3着 ルカランフィースト(横山武史騎手) 「極端な枠でしたが......。この馬場をこなしてくれるかが不安でした。1・2コーナーでは上手く走れていたので、外へ出す事なく、内をロスなく走ってきました。理想はもっと綺麗な馬場だと思います。これからの馬なので、うまく成長していってくれればと思います」

4着同着 チャンネルトンネル(松岡正海騎手) 「少し入れ込んでいました。位置は取れましたが......。体はもう少し絞れても良いと思います」

7着 ペッレグリーニ(岩田康誠騎手) 「どれだけ通用するかのチャレンジでしたが......。走りがしっかりして、大人になってきました」

10着 ジュンゴールド(坂井瑠星騎手) 「テンションは前回よりもマシだったと思います。ただ、ポジションを取りにいける雰囲気ではありませんでした。脚は使っていますが、上がりが速すぎて良い結果を出せませんでした」

関連記事
関連つぶやき
ギャラリー
Youtubeデータの取得でエラーが発生しました
予想動画
過去のレース一覧
お知らせ・つぶやき
操作メモ
当ページを共有する