阪神スプリングジャンプ(2024/03/09) のレース情報

基本情報
阪神芝3900M
芝3900M
J・GⅡ   障4上(混) / 別定
第26 回 阪神スプリングジャンプ  
10 頭
13:50発走
本賞金) 4,100 - 1,600 - 1,000 - 620 - 410 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧予想
コース・ラップ
-ペース
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
4.23.9
前半5F:
-
後半3F:
38.6
ペース:-
-
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 石神深一 62.0 4.23.9 - -4--3--2--1 1 1.2 ゴールドシップ / マイネヌーヴェル 美) 青木孝文 516 0 4 4
02 草野太郎 60.0 4.25.1 - -8--8--5--5 5 16.7 キタサンブラック / クラリネット 美) 岩戸孝樹 476 +2 10 8
03 西谷誠 60.0 4.26.1 - -6--6--5--6 2 6.7 ディープインパクト / シャンロッサ 栗) 中内田充 448 +10 8 7
04 13/4 五十嵐雄 62.0 4.26.4 - -1--1--2--3 3 10.3 ハービンジャー / ニシノヒナギク 美) 高木登  506 +2 6 6
05 21/2 中村将之 60.0 4.26.8 - -6--6--7--7 10 146.1 リアルインパクト / エンプレスティアラ 美) 萩原清  490 0 5 5
06 ハナ 高田潤 60.0 4.26.8 - -8--8--9--7 9 86.8 ゴールドシップ / シーギリアレディー 栗) 森田直行 470 -8 9 8
07 1/2 小牧加矢 60.0 4.26.9 - -2--2--1--2 8 51.2 キズナ / ヴェルヴェットクイーン 栗) 佐々木晶 534 +4 7 7
08 11/4 小野寺祐 61.0 4.27.1 - -5--5--8--9 4 15.7 トランセンド / ピシーズクイーン 栗) 庄野靖志 492 0 1 1
09 大差 黒岩悠 61.0 4.29.4 - 10-10-10-10 7 46.7 ルーラーシップ / エイシンサンサン 栗) 坂口智康 480 +4 2 2
森一馬 60.0 - - -3--3--4--3 6 - メイショウサムソン / クロンヌドール 栗) 鈴木孝志 486 -14 3 3
単勝 4番 (1人) 1.2 枠連 4-8 (3人) 6.4 複勝 4番(1人)
10番(4人)
8番(2人)
1.0
1.7
1.4
ワイド 4-10(3人)
4-8(2人)
8-10(7人)
2.4
1.9
5.3
3連複 4-8-10 (3人) 8.8 馬連 4-10 (3人) 6.3
3連単 4-10-8 (7人) 25.0 馬単 4-10 (3人) 6.7
名前                1着 2着 3着 種別 全予想 回収率 収支 グラフ
全予想 123% 810
レース後のコメント
1着 マイネルグロン(石神深一騎手) 「中山大障害より折り合いで我慢できていました。仕上がりは気になるようなところはなく、不安なく競馬ができました。アクシデントだけ気をつけて、普通に回ってくれば勝てるだろうと思っていました。ケガをさせないように細心の注意を図っています。自分自身、障害レースでは、馬に負担をかけないよう、ゴール後はすぐに馬を止めるようにしているのですが、この馬はゴールをわかっているのか、すぐに止まっていました。連勝してスターと呼ばれる馬になっていってほしいと思います」

(青木孝文調教師) 「しっかり体調を整えてレースに送り出すのが厩舎の仕事で、レースはジョッキーに任せていました。体調の良さがレースに出たと思います。一戦一戦無事にというだけです。この先も気を抜かずにいきたいです。今日はあくまでステップでしたし、中山グランドジャンプでもいい競馬をしたいと思います」

2着 エコロデュエル(草野太郎騎手) 「阪神コースでは前回失敗していていましたが、賢い馬で、馬がネガティブなイメージを持っていたようで、返し馬やゲート裏では落ち着きがない感じでした。それでも障害を飛びながら押し上げることができましたし、阪神コースへのネガティブなイメージは払拭できたのではないかと思います。勝った馬は強かったですが、逆転できるように頑張ります」

3着 ロックユー(西谷誠騎手) 「前哨戦としては内容は良かったと思います。ハナに行くかどうかはゲートを出てから決めようと思っていて、他に速い馬もいたので、下げて競馬をしました。流れが遅くても我慢できましたし、ゴーサインにもスッと反応してくれました。状態としては七分ぐらいで、どんなものかと思いましたが、我慢できたことが次に生きてくればと思います」

4着 ニシノデイジー(五十嵐雄祐騎手) 「今日は落ち着いていました。ゲートも落ち着いて出ることができましたし、ペースがそれほど速くなかったなかで、前半から折り合いがつきました。襷コースのあたりから主導権を取る形になって、レースの後半の後半ではついていけなくなりましたが、内容は悪くなかったと思います。斤量も背負っていましたし、今日のリラックスした様子には好感を持ちました。いい面が出てきたと思います」

5着 トライフォーリアル(中村将之騎手) 「初めて騎乗しましたが、勝負どころで少しモタつくようなところがあり、休み明けという感じでした。重賞でも2着や3着に来ているように力はありますし、ひと叩きした次はいいところがあると思います」

関連記事
関連つぶやき
ギャラリー
Youtubeデータの取得でエラーが発生しました
予想動画
過去のレース一覧
お知らせ・つぶやき
操作メモ
当ページを共有する