きさらぎ賞(2024/02/04) のレース情報

基本情報
京都芝・右外1800M
芝・右外1800M
晴  
GⅢ   サ3才(国)(特) / 馬齢
第64 回 きさらぎ賞    
12 頭
15:35発走
本賞金) 4,100 - 1,600 - 1,000 - 620 - 410 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧予想
コース・ラップ
平均ペース
黒線は上から最高・平均・最低ラップ
直線 404 M
image
直線 404 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.46.8
前半5F:
1.00.2
後半3F:
34.4
ペース:平均
-30 (-60+30)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 ピーヒュ 57.0 1.46.8 33.7 ------11--9 1 2.3 エピファネイア / ジャポニカーラ 栗) 坂口智康 450 -8 12 8
02 ハナ 幸英明 57.0 1.46.8 33.8 -------9--9 10 28.4 ドレフォン / ウォーターピオニー 栗) 河内洋  458 0 3 3
03 ハナ M.デム 57.0 1.46.8 34.4 -------1--2 8 19.3 モーリス / ヴィブロス 栗) 友道康夫 438 -4 5 5
04 クビ 鮫島克駿 57.0 1.46.8 34.0 -------8--7 6 17.6 キズナ / ディルガ 栗) 田中克典 478 -8 2 2
05 11/4 松山弘平 57.0 1.47.0 34.4 -------4--3 3 6.1 キズナ / ユーヴェットシー 栗) 杉山晴紀 480 0 9 7
06 クビ 川田将雅 57.0 1.47.1 34.4 -------7--7 2 3.4 ハーツクライ / トータルヒート 栗) 藤原英昭 504 +10 8 6
07 11/4 武豊 57.0 1.47.3 34.8 -------3--3 7 18.8 リオンディーズ / オーサムウインド 栗) 須貝尚介 454 -4 10 7
08 クビ ルメート 57.0 1.47.3 34.8 -------4--3 4 15.7 ロードカナロア / デアレガーロ 美) 栗田徹  512 +4 7 6
09 3/4 酒井学 57.0 1.47.4 35.0 -------2--1 11 142.9 モーリス / シーズアウーマン 栗) 木原一良 472 +6 11 8
10 1/2 和田竜二 57.0 1.47.5 34.9 -------4--3 9 25.0 リアルスティール / ナムラアン 栗) 長谷川浩 504 -2 6 5
11 大差 川島信二 57.0 1.49.3 35.8 ------12-11 12 296.8 オルフェーヴル / ピエナブラウニー 栗) 荒川義之 452 +4 1 1
西村淳也 57.0 - - -------9-12 5 - スワーヴリチャード / ルーヴインペリアル 栗) 高野友和 470 +2 4 4
単勝 12番 (1人) 2.3 枠連 3-8 (15人) 35.8 複勝 12番(2人)
3番(8人)
5番(9人)
1.5
4.3
4.8
ワイド 3-12(16人)
5-12(11人)
3-5(44人)
11.6
10.0
38.5
3連複 3-5-12 (67人) 165.0 馬連 3-12 (16人) 37.2
3連単 12-3-5 (177人) 497.3 馬単 12-3 (15人) 44.3
名前                1着 2着 3着 種別 全予想 回収率 収支 グラフ
3複3単 全予想 961% 37040
× 3複 全予想 283% 4400
3単 全予想 249% 4160
レース後のコメント
1着 ビザンチンドリーム(R.ピーヒュレク騎手) 「(ゴールの瞬間は)私自身は負けたと思っていましたので、この結果に驚いています。この勝利はオーナーや調教師、関係者のみなさん、JRAのサポートのおかげです。嬉しいです。今日はゲートを上手に出ましたが、自分のバランスを掴むまでに時間がかかりました。それでもレース自体は良く、この馬は本当にいい馬だと思います。彼自身、素晴らしい終いの脚があると分かっていたので、それを信じて乗りました」

2着 ウォーターリヒト(幸英明騎手) 「悔しいです。横の馬との上げ下げで、交わせているかと思ったのですが、さらに外がいました。外を回すロスより内を通ることを選んだのですが、勝った馬とは馬場の差もあったかもしれません。それでも、改めて力のあるところを見せてくれました。大きなハナ差ですが、通ってきたところを考えると力負けでは無いと思っています」

3着 シヴァース(M.デムーロ騎手) 「初めて乗りましたが、行きっぷりがとにかく良かったです。2走目ですから少しゲートの中でうるさい面を見せていました。リズムを崩したくなかったので馬の気持ちに任せての位置取りでした。直線に入っても頑張ってくれていたので残念です。バテてはいません。ただ少しワンペースなところがあります」

4着 インザモーメント(鮫島克駿騎手) 「いい仕上がりでした。内枠でしたが、外の方がいいと思い、向正面でうまく切り替えることができました。直線は一瞬先頭に立つところがありました。もうひと踏ん張りでした。惜しかったですが、いい競馬でした」

5着 ジャスティンアース(松山弘平騎手) 「ゲートは何とか我慢して、五分に出てくれました。いい形で流れに乗れて、直線に向いても手応えがありましたが、馬場に脚を取られて伸び切れませんでした。まだ成長途上ですし、良くなってくる馬だと思います」

7着 ブエナオンダ(武豊騎手) 「ゲートもそっと出しましたが道中はずっと力んで走っていました。少し距離を詰めてもと思います」

8着 レガーロデルシエロ(A.ルメートル騎手) 「ゲートがあまり速くなく、その後は引っ掛かって行きたがっていました。直線では余力が無かったです。今日は若さを見せていました」

関連記事
関連つぶやき
ギャラリー
Youtubeデータの取得でエラーが発生しました
予想動画
過去のレース一覧
お知らせ・つぶやき
操作メモ
当ページを共有する